小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京2020オリンピック・パラリンピックに忍び寄るネット上の脅威

2021.07.29

紆余曲折を経て東京2020オリンピック・パラリンピックが開幕した。この歴史的祭典に際して、どのような脅威が考えられるのだろうか?

エンタープライズセキュリティインテリジェンスのグローバルリーダー、Recorded Future Inc.の日本法人、レコーデッド・フューチャー・ジャパンは、東京2020オリンピック・パラリンピックを取り巻く脅威情勢に関する最新レポートを発表した。

COVID-19パンデミック、ランサムウェア攻撃、国家規模の攻撃などの脅威情勢を報告

本レポートでは、主にCOVID-19パンデミックによる潜在的影響、ランサムウェア攻撃、そして政治的な動機による国家規模の脅威活動について報告している。過去のオリンピックを見てもわかるように、注目度が高く、国際的なイベントであることから、政治的な意図を持って危害を加えようとする、犯罪行為によって利益を得ようとする、あるいは国際舞台で開催国の名誉を棄損させようとすることを目的とした攻撃の標的になってきた。

東京2020オリンピック・パラリンピックの脅威情勢の分析は、Recorded Futureの充実したオープンソースのデータセット、ダークウェブ、テクニカルリソース、そして独自の調査を元に実現しています。以下にレポートの主な調査結果を紹介する。

背後で国家が支援し、高度な能力を備える攻撃者の中には、国際オリンピック委員会(IOC)や関連団体と継続的に対立している場合があり、オリンピック大会とオリンピック関連組織にとって最も大きな脅威となっている。

ロシアのAPT(標的型攻撃)グループは、オリンピックを標的とした過去のサイバーキャンペーンや、ロシアの参加資格をめぐる現在の不和を考えると、オリンピックを標的とし、混乱させることに最も意欲的であると考えられる。攻撃者がオリンピックを魅力的な標的と見なしているため、ランサムウェアがオリンピック関連組織にとって最大の脅威となる可能性がある。

国が支援しているプロパガンダ(宣伝活動)や偽情報の発信は、東京大会に対して初動的な影響力を及ぼすことを意図した活動であり、論争を巻き起こし、人気がない、安全でない、不公平なイベントであるかのごとく印象を操作しようとしている。

終わりの見えないCOVID-19パンデミックとそれに伴う規制により、物理的な攻撃の機会は少なくなっているように思われるが、オリンピックは政治的な抗議活動の場となることが多く、日本国内ではイベントに対する広範な反対運動が行われていることから、国内に根ざした脅威リスクが高まっている。

「オリンピックはこれまで政治的な動機や、オリンピックの関連組織がランサムウェアの被害に遭った場合、身代金を速やかに支払うための大義名分があるという理由から、攻撃者の主要な標的となってきました。また、物理的な脅威や広範囲にわたる破壊的な抗議活動の可能性は低くなっていますが、組織にとっては、進化する脅威情勢と、歴史的に見ても世界が見守るオリンピックは、悪意のある活動を行う絶好の機会になり得ることを認識することが最も重要です」(Christopher Ahlberg, Ph.D、CEO兼共同設立者、Recorded Future)。

出典元:レコーデッド・フューチャー・ジャパン株式会社
https://www.recordedfuture.com/jp

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。