小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

絶好調のランボルギーニ、今年上半期の販売台数が過去最高を記録

2021.07.27

ランボルギーニ絶好調!2021年上半期販売台数が過去最高を達成

2021年前半は、1月から6月の世界販売台数が記録的水準に達し、ランボルギーニにとって歴史に残る半年となった。デリバリー台数は前年同期比37%増の4852台で、半期台数としては過去最高。今後の見通しも明るく、2022年4月までの10カ月分の生産枠が埋まるほどの受注を既に獲得している。

アウトモビリ・ランボルギーニの最高責任者でCEOを兼任するステファン・ヴィンケルマン氏は次のようにコメントした。

「この素晴らしい結果は二重の意味での当社ブランドの証明になります。1つは、困難で不透明な状況が続く中にあってもますます魅力を発揮している、堅実性と強固さ。もう1つは、2024年までに15億ユーロ以上を投じる予定の将来モデルの電動化に関する事業計画が前向きに受け入れられていることです。ランボルギーニは今後、技術革新とサステナビリティを両輪に据えながら、最高のパフォーマンスとランボルギーニDNAの忠実な実現を追求する、大いなる変革の時期に向かいます」

ランボルギーニの販売台数の伸びは全モデルで見られる傾向である。スーパーSUVのウルスが最高レベルのパフォーマンスと傑出した汎用性でトップの座を維持し(2796台、35%増)、ウラカン(1532台、46%増)とアヴェンタドール(524台、21%増)が続く。

7月7日には、アヴェンタドールLP 780-4Ultimaeを発表。2023年から始まる次世代のハイブリッド化を前に、ランボルギーニの伝説的なV12自然吸気エンジンのグランドフィナーレを飾るモデルである。また夏以降には、ウラカンSTOのデリバリー開始も予定されている。

ウラカンSTOは、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのワンメイクレースシリーズを競うウラカンSuper Trofeo EVOと、デイトナ24時間レース3連覇、セブリング12時間レースで2連覇のウラカンGT3 EVOのレースの伝統を受け継ぎながら、ロードカーに認定されたスーパースポーツカーである。さらに今夏には、新たなモデルの発表も予定されている。

市場別に見ると、今回も1位は米国(1502台)で、次に2位に躍り出た中国(563台)、以後ドイツ(391台)、英国(318台)、日本(258台)、中東(226台)、イタリア(197台)となっている。販売台数は、南北アメリカ、EMEA、アジア太平洋の3大地域でほぼ均等に分布。ランボルギーニは、世界51カ国に168のディーラーを擁する販売ネットワークを展開している。

関連情報:https://www.lamborghini.com/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。