人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

レンタルバイクでカフェ巡り!tokyobikeのフラッグシップショップが清澄白河にオープン

2021.07.22

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

築58年の3階建ての建物をリノベーションした開放的な空間

東京を走るために作られた自転車「tokyobike(トーキョーバイク)」は1997年に創業し、2002年から自転車の製造販売をスタート。街を楽しむプロフェッショナルとして、速く走ることや移動目的ではなく、日常にささやかな変化を加えるためのツールとしての自転車を提供している。

谷中からスタートし、現在はヨーロッパ、アジアと海外でも展開するトーキョーバイクのフラッグシップショップ「TOKYOBIKE TOKYO」が、7月に清澄白河にオープン。倉庫として使用されていた築58年の3階建ての建物が、トラフ建築設計事務所による設計で新しい形に生まれ変わった。

1階と2階の売場をつなぐ階段は、イタリアのスペイン広場を彷彿とさせる大階段で、天井高を活かした開放感のある大空間に。売場として展開したり、コーヒー片手に休憩したり、イベント開催時には客席になるなど、多目的に使うことができるスペースになっている。

1階は販売用の自転車、レンタルバイク、メンテナンスのフロア。レンタルバイクプランは平地の清澄白河エリア周辺をすいすい走れるギア無しのシングルモデル2種(TOKYOBIKE MONOまたはTOKYOBIKE LEGER)を用意。営業開始時間よりレンタルを行い、閉店30分前までに返却する。1日1500円、3時間1000円。営業時間は、平日12:00~19:00、土日祝10:00~18:00、水・木定休。

8月31日までオープン記念キャンペーンを行っており、江東区、墨田区、江戸川区在住者には無料でレンタルバイクを提供する。

2階のキッズ向けの商品を扱うエリアは、商品を陳列する壁を配して、テンプレートをモチーフにそれぞれの商品の形にくりぬいたディスプレイに。犬型ロボット「aibo」を置き、子どもたちが遊べるスペースを確保している。

メルボルン発のプラントショップ、アジア産スペシャリティコーヒーのコーヒーショップも

〇ARiSE COFFEE PATTANA(アライズコーヒー パッタナー)/1F

焙煎キャリア20年、清澄白河コーヒーシーンのオリジネーターである林大樹さんが2013年に創業したアライズコーヒー。世界各国からセレクトした生豆を焙煎、販売している。タイ、フィリピン、ベトナム、ラオスなど東南アジア諸国にネットワークを持ち、日本では流通していないマイクロロットのアジア産スペシャリティコーヒーを多数ラインナップしている。

ドリップコーヒーは400円~、コーヒー豆は 850円~。福住の手作りパンの店「コトリパン」のパン各種も扱っている。イートイン、テイクアウトいずれも対応。営業時間は8:00~15:30、月曜定休。

〇The Plant Society Tokyo(プラント ソサエティ 東京)/2F

日本初上陸となるメルボルン発のインドアプランツショップ「The Plant Society Tokyo」。本国のメルボルンとシドニーでは、スタジオ兼ショップ、百貨店でも展開。“植物のある社会”という名前に掲げた設立理念の通り、植物を通じて繋がる人々との温かな関係とコミュニティづくりを目指し、人気ショップや大型商業施設、個人邸のスタイリング、植物のメンテナンス、ワークショップなど幅広く活動している。

2019 年には東京でポップアップショップ・ワークショップを開催。今回、海外1号店となる「プラント ソサエティ 東京」をオープンした。

初心者でも育てやすい品種の観葉植物、メルボルン、シドニー店で人気のオーストラリアのアーティストの鉢やホームウェア、園芸ツールなどのアイテムも。本国同様、東京店でも個人邸、ショップ、商業施設など、それぞれの環境にあった植物や鉢をセレクトし、スタイリングの提案や、メンテナンスまで行うスタイリングサービスも提供する。営業時間は「TOKYOBIKE TOKYO」に準ずる。

【AJの読み】レンタルバイクを使って清澄白河のカフェめぐりはいかが

取材していたら暑くなってきたので、1階の「アライズコーヒー パッタナー」でアイスコーヒーを注文。ダークなものとさっぱりとしたもの、どちらにしようか迷ったが、水のようにごくごく飲みたいとさっぱりめをオーダー。エチオピア産のコーヒーで淹れたこちらは、まるでアイスティーのような明るい色味。酸味や苦みを感じない本当にさらりと飲めるアイスコーヒーで暑い日にはおすすめだ。

「TOKYOBIKE TOKYO」は、売場の区分けが曖昧なので、自由に回遊しながら、自転車をチェックしたり、グリーンを眺めながらコーヒーを飲んだり、ゆったりと過ごせる開放的で心地よい空間。清澄白河はこだわりのあるコーヒーショップが数多く点在するエリアなので、「アライズコーヒー パッタナー」を起点に、レンタルバイクを利用してカフェめぐりも楽しいかも。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。