人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超過酷な山岳レース・スカイランニングの世界選手権で上田瑠偉選手が偉業達成

2021.07.19

山岳競技 “スカイランニング” で日本人が偉業達成

「スカイランニング」とは山岳を舞台に移動する速さを競う、アウトドアスポーツのカテゴリーの一つだ。

スカイランニングは、中距離で、標高差が1000m以上、また標高2000m以上の高山にコース設定され、水平移動よりも駆け上る(下る)ことを中心とした急峻でテクニカルな斜面を走るレースカテゴリー。

ISF(国際スカイランニング連盟)を中心に競技ルールが定められており、世界の50を超える国に加盟団体が存在。オリンピック正式種目採用に向けた活動も活発に行われていり。23歳以下の若年層を対象とするユース世界選手権も開催されるなど、選手育成に力を入れており、世界各国で注目が高まっている。

今回、コロンビアスポーツウェアジャパン契約アスリートでありトレイルランナーまたスカイランナーとしても活躍する上田瑠偉選手(27 歳)が、7月9日(金)日本時間午後5時からスペイン・バルデボイにて開催されたスカイランニング世界選手権(2020 Skyrunning World Championships)のバフ・エピック・トレイル・バーティカルキロメーター(Buff Epic Trail VK, 3.3km 1030mD+)のカテゴリにて 1 位となった。

また 7月11日(日)に行われたバフ・エピック・トレイル・スカイ(Buff Epic Trail 42K, 42km 2817mD+)のカテゴリでは 3 位に入賞し、この結果により Combined title(バーティカルとスカイの総合タイム)において総合 1 位となり、ゴールドメダルを獲得した。

上田瑠偉選手は 2019年10月スカイランナーワールドシリーズ最終戦にて1位となり、アジア人・日本人初となる年間総合優勝を果たした世界屈指の山岳ランナーで、コロナ禍の影響で海外レースに参戦できなかった2020年においては日本国内の大会で優勝を続け、満を持して参加したスカイランニング世界選手権で見事優勝を果たした。

バフ・エピック・トレイル・バーティカルキロメーター(Buff Epic Trail VK, 3.3km 1030mD+)

男子総合 1位

ゴールタイム : 35:06

バフ・エピック・トレイル・スカイ(Buff Epic Trail 42K, 42km 2817mD+)

男子総合3位

ゴールタイム : 04:10:51

上田瑠偉 (うえだ るい)

1993年10月3日生まれ(27歳)

長野県大町市出身

駅伝の名門校、佐久長聖高校出身。大学時代にトレイルランニングと出会い、初出場のレースで大会新記録・優勝を飾る。以来、様々なレースで記録を残す。海外レースでも成績を残すなど、いま最も注目を集めるトレイルランナー。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。