人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ネクスト鬼滅になりそうなアニメ・マンガランキング、1位は「呪術廻戦」、2位は?

2021.07.17

アニメ第2期の放送を控え、まだまだ続く鬼滅の刃旋風。その人気の要因とはいったい何なのだろうか?また、同作に続く「ネクスト鬼滅」になる可能性を秘めたアニメとは?

動画配信の横断検索サービスである「ワンスクリーン」を運営する株式会社vivianeではこのほど、全国10代〜60代までの男女300名を対象に、「鬼滅の刃がヒットした理由は?」「鬼滅の次にヒットすると思うアニメ・漫画作品は?」についてのアンケート調査を実施した。

「鬼滅の刃」がヒットした理由は?

「鬼滅ヒットの理由」を自由回答形式で尋ねた結果、大きく分けで「鬼(敵キャラ)のストーリーにも共感できる」「簡潔に終わった・一気読みできる長さ」「話題の連鎖・タイミングの良さ」といった回答が寄せられた。

■その1:鬼(敵キャラ)のストーリーにも共感できる

回答理由:
「悪役にも過去の物語があり、それぞれのキラクターの良さがあるところ。」(20代)
「敵キャラにも悪人で終わらせずバックグラウンドをしっかり作ったことだと思います。」(20代)
「悪役である鬼にも、人間だったときの苦悩や弱さがあり、単なる悪で片付けられないところが深いと思います。」(40代)

■その2:恋愛ではなく兄弟愛・家族愛がテーマ

回答理由:
「兄弟愛、家族愛を感じられて感動した。累も最後には家族の愛を思い出すことが出来て良かった。」(20代)
「家族愛、兄弟愛に感動します。恋愛のような駆け引きのない純粋な愛が描かれている作品。」(30代)
「外出自粛期間中に普段アニメに触れない人が視聴し、家族愛が主軸の那田蜘蛛編が大人にも刺さり家族で楽しめたからだと思います。」(30代)

■その3:簡潔に終わった・一気読みできる長さ

回答理由:
「人気絶頂のタイミングで連載を終えたため潔かった」(30代)
「エピソードをあまり引き伸ばさず、わかりやすかった」(30代)
「名残り惜しいくらいすぐ終わってしまったので、“中だるみ”せず好印象のまま終わった」(20代)

■その4:話題の連鎖・タイミングの良さ

回答理由:
「コロナで在宅になり、皆テレビを見る時間が増えた時に、ちょうど盛り上がってきたコンテンツだったから。」(30代)
「ストーリーが面白いことはもちろんですが、コロナ禍だということ、人気の中の終了、映画化、全てのタイミングが重なったためだと思います。」(40代)
「芸能界でも注目されておりハマっているアニメで度々紹介されていたことに加え、コロナによる巣ごもり、何よりも人間愛を描きながら戦い殺し合わないといけない様々なエピソードに引き込まれた。」(30代)

「鬼滅の刃」の次にヒットすると思うアニメ・漫画作品は?

調査の結果、57.7%の人が「NEXT鬼滅」作品として「呪術廻戦」をあげた。2021年12月24日からは劇場版『呪術廻戦 0』の公開が予定されており、昨年記録的ヒットを飛ばした「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」のような話題作になるか注目が集まる。

また、第2位に選ばれたのはヤンキー×タイムリープものというこれまでにない設定が話題を呼んでいる「東京リベンジャーズ」だった。

<調査概要>
対象者:全国10代〜60代までの男女
回答数:300名
調査方法:Webアンケート
アンケート実施期間:2021年6月8日(火)〜2021年6月22日(火)

出典元:ciatr by 1Screen(株式会社viviane)
https://ciatr.jp/topics/318482

構成/こじへい

DIME最新号の大特集は「今、読むべき、観るべき、マンガとアニメ」、豪華付録「LEDリングライトPREMIUM」付き!

現在発売中ののDIME最新号では「今、読むべき、観るべきマンガとアニメ」を大特集。今回はその中から、毎年話題になる「マンガ大賞」がなぜ傑作を発掘できるのか、その理由を発起人の吉田尚記さんに聞いたインタビュー記事を先んじてお届けします!もれなく超豪華付録「LEDリングライトPREMIUM」が付いてきます。お早めにお買い求めください!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。