小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

熟練リモートワーカーに聞いた、仕事をしたら最高だった場所と失敗だった場所

2021.07.19

ワーケーションやデュアルライフ(二拠点生活)など、地方や観光地などの外や移動しながら仕事をする機会が増えているのではないだろうか。けれど、外で仕事をしながら、「集中しづらい」「はかどらない」ケースに見舞われることも少なくない。

そこで今回は、長年、自宅以外のリモートワークを続けている熟練者に、仕事をしたら最高だった場所と失敗した場所や、移動中やカフェでの仕事のコツをインタビュー。リモートワークのちょっとしたTIPSとして役立つ情報をお届けする。

社内外コミュニケーションメインの女性社員の体験談

まず一人目は、日本全国で、全社員リモートワークを行っている株式会社ソニックガーデンに在籍する社員から。カスタマーサクセスを担当する千賀遼子氏は、顧客対応はもちろん、社内でも積極的にコミュニケーションを取りながら働いている。当然、リモートでもコミュニケーションは頻繁に取るという。そんな千賀氏に、リモートワークの体験談を聞いた。

【取材協力】
千賀 遼子氏
株式会社ソニックガーデンの仮想オフィスツール「Remotty」のカスタマーサクセスを担当。全社員テレワークの会社に属しながらも話好きな性格を活かし、社内外関わらずコミュニケーションを積極的に取りながら働いている。
https://ja.remotty.net/

●リモートワークをしたら最高だった場所「公園のベンチ」「自宅近所のコワーキングスペース」

「どうしても朝早くから病院に行かなくてはならなかったときに、道中にあった公園のベンチに腰をかけて膝の上にパソコンを乗せて、青空オンラインミーティングをしたのが気持ちよかったです。ちょうど社内のミーティングだったので、『千賀さん、どこにいるんですか?』の質問の滑り出しから、和やかな雰囲気で業務がスタートできました。

自宅でミーティングをこなしていたら、病院には間に合わないれども、15分ほどのミーティングだったので、公園のベンチがちょうど良かったです。

また、もう一つは自宅の工事の騒音対策で利用した近所のコワーキングスペース。すごく居心地がよかったです。オシャレな家具と美味しいコーヒーが飲めてよかったですね。私はお客様とお話しする仕事なので、音には気をつけています。いつもノイズキャンセリングのソフトウェアを利用し、クリアな声でテレビ会議ができるようにしています」

●リモートワークをしたら大失敗だった場所「地下のカフェ」

「地下のカフェで仕事をしたときに電波が悪く、テザリングが使えなかったときは大変でした。それ以降は地下のカフェは選ばないようにしています」

●新幹線の中でPCでの作業をはかどらせるコツ

「私は新幹線で仕事はしたことはないですが、同僚の中には、新幹線の乗車中、オンラインミーティングに顔を出さずに参加して、リアクションしたいときはチャットでリアクションするメンバーがいました」

●カフェで仕事をするときのポイント

「カフェによっては、コンセントの用意のないところもあるので、あらかじめコンセントの有無を調べていくようにしています。またポータブルのバッテリーも持っていくようにしています」

新規事業開発&マーケティング担当者の体験談

続いては、同じくソニックガーデンで、新規事業の開発やマーケティングを担当する、幅広い業務に当たる野本司氏だ。自宅以外でのリモートワークのコツを伝授してもらった。

【取材協力】
野本 司氏
株式会社ソニックガーデンの新規事業開発及びマーケティングを担当。現在はリモートワークに関するwebメディア「リモートワークラボ」の編集長として、テレワークに関する情報発信を行なっている。
https://www.remotework-labo.jp/

●リモートワークをしたら最高だった場所「海外のコワーキングスペース」

「今は新型コロナウィルスの影響で利用できませんが、海外のコワーキングスペースを利用するのが好きです。利用者同士の交流イベントを積極的に行っているところも多く、ビジネスやプライベートに関わらず、たくさんの方とつながることができます。お仕事が終わった後に、他の利用者たちと観光に出かけたり、夕食を共にしたりして楽しめます」

●リモートワークをしたら大失敗だった場所「自然の中」

「よくSNSやwebの記事で見かける光景ですが、個人的には自然の中で働くのはあまり好きではありません。理由は蚊などの虫が気になって集中できなかった経験があるからです。同様の理由で、窓やドアが開いているカフェなども理由がない限り避けるようにしています」

●新幹線の中でPCでの作業をはかどらせるコツ

「インターネット環境がよくない場合もあるため、必要なデータは前もってダウンロードしておくようにしています。こうしておくことで、インターネットが利用できない場合でも作業を進められます。また、周りの音が気になる場合もあるので、耳栓やノイズキャンセリング機能がついたイヤホンを準備しています」

●カフェで仕事をするときのポイント

「基本的には新幹線で働く場合と同じです。お店の方に作業をする許可をもらうか、そうでない場合は短時間で利用するようにしています。また、外のWi-Fiは利用しないようにしています。セキュリティの面はもちろんのこと、スピード(生産性)のことも考え、テザリングを利用しています」

ワーケーション経験者の体験談

(画像はイメージ)

そして3人目は、国内外のメンバー約800名がフルリモートで働く株式会社キャスターで、採用広報を担当する林知佳氏の体験談だ。

【取材協力】
林 知佳氏
株式会社キャスター 採用デザインチーム 採用広報担当。
オンライン占い師など複数の顔を持つパラレルワーカー。人材業界で働く占い師としての活躍が注目され「マツコ会議」等、テレビやWEBメディアなどに取り上げられている。
https://twitter.com/chiika523

●リモートワークをしたら最高だった場所「熱海のワーケーション仕様になっている宿」

「熱海で利用したある宿は、ワーケーション仕様になっており、仕事ができる特別な部屋があります。コンセントなどはもちろん、コーヒーや他の飲み物が飲み放題になっているため仕事がはかどりました」

●リモートワークをしたら大失敗だった場所「ある島の民宿」

「国内の離島の民宿で仕事をしたことがあるのですが、セミの声がうるさすぎて、仕事に集中できませんでした。またミーティング中にセミの声が入ってしまうのもNGポイント。また海が近くにありすぎて、遊びに行きたい誘惑が…! 仕事はまったくはかどりませんでした。午前は仕事、午後は遊ぶと区分けすると上手くお仕事ができると学びました」

●新幹線の中でPCでの作業をはかどらせるコツ

「ワイヤレスイヤホンAirPodsのノイズキャンセリング機能を使い、自分空間を作ることです。またテザリングやWi-Fiが切れやすいので、オフラインでできる作業をすることがおすすめです」

●カフェで仕事をするときのポイント

「近所のカフェだとコンセントの位置や、人からの死角になる場所は分かりますが、ワーケーションなどで急に行ったカフェなどの場所だとコンセントの有無などを事前に調べたとしても、コンセントの位置や他の方から死角になるかまですぐには分かりません。

そんなときは店員さんに事情を説明してコンセントと死角になる場所を聞いて仕事をします。

この2つのポイントを押さえるだけで、周りを気にしなくて済む&充電の減りを気にしなくて済むことで、仕事の効率はアップします」

リモートワーク、ワーケーション、デュアルライフなど、さまざな働き方がある今、移動中や屋外、カフェなどでの業務は今後も増える可能性がある。先輩の意見を参考に、より効率的な方法を見つけて実践しよう。

取材・文/石原亜香利

DIME8月号の大特集は「理想のワーケーション」コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を提案します!

雑誌「DIME」8月号では「理想のワーケーション」と題し、コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を大特集。実践するビジネスパーソンに密着し、それぞれの魅力やメリット、デメリットを徹底紹介。また、特別付録に、スマホの動画を3倍に拡大表示して視聴できる「スマホシアタースタンド」がもれなく付いてきます。お早めにお買い求めください!
【コチラで購入できます】

Amazon    www.amazon.co.jp/dp/B095M54F7C

セブンネットショッピング https://7net.omni7.jp/detail/1227427864

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。