人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アナログのやわらかい音に癒される!初心者でも楽しめるレコードプレーヤーおすすめ25選

2021.07.22

@DIME記事の中からレコードプレーヤーカタログ厳選して紹介。

レコードプレーヤーカタログ

アナログならではの魅力あり!初心者におすすめのレコードプレーヤー7選

現代はデジタルな時代だからこそ、アナログのかっこよさを実感しやすい。しばしば「もう古い」と思われていたものが、再び脚光を浴びることもある。 日本のレコード全盛期は、60~80年代。その後カセットテープやCD・MP3など、メディアの変遷を経て、数年前から再びレコードに注目が集まっている。昔からずっとレコード好きな方は絶えず、数は減ったもののレコード店がなくならないのには、レコードならではの魅力があるからだ。

【参考】https://dime.jp/genre/662941/

初心者でもたっぷり楽しめる最旬レコードプレーヤー6選

ハイレゾなどオーディオのデジタル化が進む一方で、アナログメディアへの回帰の動きが活発になってきています。近年ではアナログレコードの人気が急上昇しており、各メーカーからプレーヤーの新製品が続々と発売されています。今回は最新レコードプレーヤーを紹介します。

【参考】https://dime.jp/genre/631267/

アナログレコードデビューしたい人におすすめのリーズナブルなレコードプレイヤー8選

ここ2〜3年でアナログレコード人気が再燃しています。 若手アーティストの新譜が、あえてアナログ盤で発売されましたし、また、4月の第3土曜日には国内のレコードショップ各店舗でアメリカ発祥の「レコード・ストア・デー」を開催、開店前から長蛇の列ができるほど、年齢問わず盛り上がりをみせています。 定額制の音楽配信サービスが一般に普及したこで、せっかく家で聴くならデジタル音源のCDを買うよりアナログ盤が良いという人が増えてきたのかもしれません。

【参考】https://dime.jp/genre/712953/

アナログレコードを愉しみたい人におすすめの旧くて新しいプレーヤー4選

今、古くも新しいオーディオの趣味が”アナログレコード”だ。最先端の音楽メディアとしてのアナログレコードの役割は音楽CDにその座を譲っていた。しかし、2000年後半からアメリカ、イギリス、ドイツで徐々にアナログレコードの人気が再燃を始め右肩上がりで成長、日本でも2015年に前年比80%成長、2016年11月には前年同月比200%という急成長を遂げている。

【参考】https://dime.jp/genre/494106/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。