人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で変わった法律相談の内容、身近な横領の事例、弁護士の平均年収ほか、法律にまつわる最新トピックス

2021.07.23

法律問題や弁護士に関連するトピックスを@DIMEから厳選して紹介します。

弁護士のリアル

マスク転売、休業要請、新型コロナ流行から1年で変化した法律相談の内容

新型コロナウイルスが流行して、約1年。マスクが必須の生活、在宅勤務、勤め先の会社が倒産など、私たちはこれまで想像もしなかった日々を送ることとなった。 生活様式が大きく変化したことで、人々が抱える悩みも多様化してきている。

【参考】https://dime.jp/genre/1115800/

年収1000万円プレイヤーは意外と少ない!?弁護士の平均年収は739万円

「年収の高い職業ランキング」で上位にランクインする「弁護士」。MS-Japanが発表した『2019年版弁護士の年収データ』をみると、平均年収739万円という結果になっている。2019年と2015年の年代別データを比較すると、平均年収がアップしている年代は、29歳以下、40~44歳、45歳以上になる。2019年の中央値と比較しても29歳以下、45歳以上は年収がアップしており、40~44歳は-4万円と微減。一方、平均年収がダウンしている30~34歳、35~39歳の年代だ。 どちらも2015年と比較すると分布の金額が下回っている。

【参考】https://dime.jp/genre/879259/

ふせんを持ち帰るのもアウト!?意外と知らない身近な「横領」の事例

数億円、数十億円にものぼる横領事件は、いつの時代も世間を騒がせるニュースである。しかし実は、会社内において、少額のお金やちょっとした備品を持ち帰るだけでも、横領に当てはまるケースがある。魔が差した、ついうっかりという言葉だけではすまされない事例とはどういったものか。ベリーベスト法律事務所の弁護士・巽周平先生にお話を伺った。

【参考】https://dime.jp/genre/351257/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。