人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あらゆる分野の最先端技術を展示した「Society 5.0科学博」東京スカイツリータウンで開催中

2021.07.18

あらゆる分野の最先端技術を200点以上展示した「Society 5.0科学博」が、7月28日(水)まで、東京スカイツリータウンにて開催中!(一部展示物は9月5日まで公開予定)

同展は内閣府と国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)との共同主催。約50の企業・大学・団体が参加し、宇宙、海洋、モビリティ、医療、製造、農業、防災、エネルギーなどの分野において、計200点以上の最先端科学技術や最新の研究成果を展示する。日本が目指す2030年の未来社会を体験できる。

同展示会は5つのステージ(Society 5.0のはじまり、科学技術のフロンティア、Society 5.0の未来像、Society 5.0シアター、Society 5.0への軌跡)で構成。最先端技術によって変化する未来のくらしや、日本のフロンティア分野である宇宙・海洋領域の最新イノベーション、「Society 5.0」の未来社会に向かうこれまでの軌跡を示した展示などを通じて、科学技術の面白さや大切さを発信する。

本展示会は、様々な社会課題に対して、実際の現場で活躍する最新技術や新素材を集結。展示物には、瓦礫の中を探索する災害対応ロボット、海底資源探査が可能な自律型無人探査機(AUV)、CO2を排出しない次世代エネルギーのアンモニア燃料電池、モビリティ革命である空飛ぶクルマ、薄くて柔軟でありながら強靭性のある新素材「しなやかなタフポリマー」で作られたコンセプトカーなどの実機を予定。

また、スマートフォンやパソコンから「Society 5.0科学博」の専用ホームぺージにアクセスすることで、本展の会場をバーチャルに再現した「サイバー展示」に参加することが可能。さらに宇宙、海洋、ヘルスケア、防災、情報通信などの業界における最先端の科学技術やイノベーションについて、各業界で活躍する専門家の方々の講演をオンラインで視聴することも可能となる。バーチャル展示やオンライン講演の配信は、9月5日(日)まで専用ホームページにて実施。

日本は、産学官の枠を超えた科学技術のイノベーションを振興するため、これまで数多くの政策を実行してきた。2021年度から2025年度を計画期間とする「第6期科学技術・イノベーション基本計画」では、イノベーションの創出を柱の一つとして位置付け、IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータなどの先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れることで、経済発展と課題解決を両立する人間中心の社会「Society 5.0」を提唱。課題先進国である日本が世界に先駆けて模範となる未来社会の形を示すことで、世界の様々な社会課題解決や、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」にも貢献できると考えている。

本展示会では、日本が目指す新たな社会「Society 5.0」の未来像を目に見える形で示すとともに、省庁や分野の枠を超えた科学技術イノベーションを推進する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP2)」や、産学官連携でハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進することを目的とした「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT3)」のこれまでの成果を、様々な企業・大学・団体の協力のもとに紹介する。

サイバー展示について

東京スカイツリータウンに集結した展示物は、サイバー空間に再現。展示会に来場できない方も、「Society 5.0科学博」の専用ホームぺージにアクセスすることで、まるで会場を歩きながら展示物を見ているようなバーチャル鑑賞が可能となる。

展示内容の詳細

ステージ1:Society 5.0のはじまり(会場:東京スカイツリータウン1階 ソラマチひろば)

「しんかい6500」の実物大模型や、地球や惑星を立体的に表示するデジタル地球儀「ダジック・アース」などに加え、衛星を用いた各分野の最新技術を展示。

ステージ2:科学技術のフロンティア(会場:東京スカイツリータウン1階 団体フロア)

科学技術のフロンティアである宇宙と海洋に注目した大型展示を実施。宇宙コーナーでは、国際宇宙ステーションや日本実験棟「きぼう」の模型、ロケットエンジン、はやぶさ 2の帰還カプセルを展示し、日本が世界に誇る宇宙開発関連技術が体験できる。海洋コーナーでは、深海で隊列を組み海底資源探査ができる自律型無人探査機(AUV)などを展示。

ステージ3:Society 5.0の未来像(会場:東京スカイツリータウン4階 スカイアリーナ)

社会課題解決や「Society 5.0」の実現に資する科学技術を結集し、未来社会づくりのためにどのような科学技術が開発され、どのように私たちの暮らしに役立つのかを、5つのゾーンで紹介。

ステージ4:Society 5.0シアター(会場:千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス)

会場内のシアターで、JAXAやJAMSTECが保有する科学技術関連映像を大迫力で放映。JAXAの大西卓哉宇宙飛行士を招いたオンラインライブ講演や、海洋、防災、情報通信などの分野において、第一線で活躍されている専門家の方のスペシャルプログラムを動画配信。

ステージ5:Society 5.0への軌跡(会場:東京スカイツリー天望回廊)

地上450mに位置する東京スカイツリー最上部の回廊空間において、科学技術と人々の連帯によりその時々の困難を克服し、Society 1.0から4.0までの社会を築いてきた私たちの歴史と、未来社会 Society 5.0に向けた道筋を紹介。

開催概要

Society 5.0科学博

• 開催場所:東京スカイツリータウン各所
• 会期:開催中~9月5日(日)
【メイン展示(東京スカイツリータウン1階・4階)】~7/28(水)
【企業展示(東京スカイツリータウン 1 階)】~7/19(月)
【サブ展示(東京スカイツリー天望回廊)】~9/5(日)
【Society 5.0シアター(千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス)】~7/28(水)※映像上映 13:00-19:00
【サイバー展示】 7/17(土)~9/5(日)
•入場料:無料(「東京スカイツリー天望回廊」への入場には別途チケット購入が必要)
•言語:日本語、英語、中国語、スペイン語、フランス語、アラビア語に対応

●関連情報
https://society5expo.jp


構成/あにろっく

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。