人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

細かいアラートで子どもの近視を予防するウェアラブルデバイス「Ai/Glasses」

2021.07.17

小中学生の視力低下は近年増加の一途を辿っている。

視力が低下すると、日常生活が不便になるだけでなく、「見えにくい」ことによって、子どもが学習意欲を失う可能性も。

そんな中、子ども向けのウェアラブルデバイス「Ai/Glasses (エーアイグラス)」が注目を集めている。

ヘルスデーターを解析するテクノロジー製品の企画開発する、クリア電子株式会社が手がける本製品は6軸モーションセンサーで目・首を計測し、マイクロCPUがAi処理を行い、Bluetoothを通じてスマホに転送され、専用アプリで目・首の姿勢や習慣のデータを確認。分析されたデータに基づき、目・首の正しい姿勢や習慣をアドバイスする。

① 姿勢の歪みやスマホ首からこどもを守る

自分では気づけない姿勢の歪みや、首の角度を測定できる高精度6軸センサーを搭載。姿勢が悪くなると振動ブザーで注意をうながし、正しい姿勢をキープできるようサポート。

② テレビと近過ぎた時に画面との距離を守る

高性能レンジセンサーにより、目と対象物の距離を測定。お子さまがテレビやパソコンの画面に近づき過ぎていないか、Ai/Glassesが振動で注意をうながす。

③ 部屋が暗い時に、適切な明るさがわかる

広範囲の光を感知するセンサーが、勉強や読書をしているときの光の強さを分析。最適な部屋の明るさを知らせる。

④ デジタル端末に、時間のルールも設定できる

子どもがテレビやパソコンなどのデジタル端末を見ている時間を測定。アプリで設定した時間を超えたときは、メガネの振動で注意をうながす。

⑤専用アプリから、日々のレポートを確認できる

専用のアプリと連携して、目の習慣をデータ化&分析。日々の目の状態がわかるようになることで、近視予防につながる習慣を身につけることができる。

⑥ ブルーライトカットを使用している

パソコンやタブレット端末を使うときに気になるブルーライト。Ai/Glassesの標準レンズには、暗くなり過ぎないほど良いカット率でブルーライトカットが施されている。

また最新のアップデートでは下記が実現可能に。

・振動アラーム間隔を10秒に設定

・指紋センサーを3回タップすることで、電源をオフ

・注意の回数をアプリで確認

・アプリ非接続時でもアラーム設定を保存したまま使用

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。