小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「あなたを採用するメリットは?」と聞かれたら…面接で困る質問と対応策

2021.07.15

面接で困る質問トップ7とその対策

採用担当者の願いは一つ。優秀な人材を確保することをおいてほかにない。この目的を達成するために、時として、受験者側が当惑し、中には「じゃあ、自分はどう答えるんだよ!?」と怒りがこみあげてくるレベルの難儀な質問を投げかけてくることもあったりする。

そこで今回、外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが提案する面接で困る質問トップ7とその対策について紹介していきたい。

1.「現在の職場を辞めたい理由は?」

面接官はあなたのモチベーションを理解したいと考えている。あなたがどのように仕事を楽しみ充実感を見出していくのか、また、あなたが応募した仕事や自社の文化にマッチしているのかを確認したいと考えている。求職者は現在の仕事や職場への不満を強調すべきではない。その代わりに、応募した仕事に期待していることやどのような仕事をしたいかなどをアピールしたほうが効果的だ。

2.「あなたを採用するメリットは?」

面接官は、ここまで単刀直入な聞き方はしないかもしれない。しかし、こうした趣旨の質問をする際に面接官が知りたがっているのは、あなたがなぜその仕事に自分が相応しいと考えているのかだ。

換言すれば、この質問は自分をアピールするチャンスと言えるだろう。その仕事で活かすことができるスキルや能力を、3点ほどにまとめておくことが重要。その中には、ハードスキルとソフトスキルの双方を盛り込んでおくと良いだろう。

3.「あなたは友人にどのような人だと言われますか?」

この質問では、あなたの人柄や、あなたが自社の環境に馴染めるか否かをみている。これについては友人やメンター、信頼できる同僚にアドバイスを求めよう。新しい視点を提供してもらえるかもしれない。

4.「なぜこの仕事をしたいのですか?」

この質問をされたら、応募した仕事にあなたがどの位関心を抱いているのかを詳しく伝えよう。以下の4点に基づいて準備しておくことが重要だ。

・応募先企業に関心があることを説明する
・応募した仕事に対する関心を詳しく述べる
・入社できたらどのように進歩していきたいかを伝える
・面接に進んだことに謝意を述べる

5.「失敗した経験を教えていただけますか?」

時に面接官は、答えに窮する質問をしてくる場合もある。このような時は、実際に経験した事例を挙げ、あなたが自分のパフォーマンスを冷静に分析し、失敗を教訓にできる能力を持っていることをアピールしよう。

6.「希望の給与額は?」

面接に臨む前に、応募した職種や、あなたの経験値に対する業界の標準的な給与額を調べておこう。事前に調査しておくことで、説得力のある回答や交渉を有利に進めることが可能になるだろう。給与に関する詳細は、ヘイズアジア給与ガイドを参照にしていただきたい。

7.「他にも面接を進めている企業はありますか?」

こうした質問の背景にはさまざまな理由がある。「面接攻略ガイド」によると、この質問をされた時には、応募した仕事に対する関心をアピールすることが最善の方法だが、他社から面接のオファーを受けている場合には、正直にこれを伝えよう。ただし、応募した企業の数や企業名に言及することは避けていただきたい。

ヘイズジャパンのマネージングディレクター、グラント・トレンズ氏は、次のように語っている。

「昨年新型コロナウィルスの蔓延で大打撃を被った企業は、現在は回復基調に戻りつつあり、新規採用も増加しています。上手く成長軌道に乗った業界もありますし、デジタル技術の急速な普及で求人市場には大きな変化が起こりつつあります。面接で他の求職者に差をつけることができれば、チャンスを手にする可能性は格段に高まるでしょう。」

出典元:ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
https://www.hays.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。