小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ちょっと飲んでみたい!シングルモルトウィスキー「山崎」の木樽で熟成させた特別なビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」

2021.07.16

サントリービール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」

サントリービールは、「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」の抽選販売を実施、応募受付を開始した。

「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」とは、“山崎原酒樽で熟成させた、醸造家のもう一つの夢のビール”をコンセプトとしている。

“プレモルの最高峰”「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」で培った醸造技術と、世界的に高い評価を受けるサントリーシングルモルトウイスキー「山崎」に使用した木樽で熟成させることで、絶妙な調和を生み出す。

山崎原酒樽熟成の特長であるやわらかく華やかな香り、甘くなめらかな味わいが感じられ、 “満ち溢れる余韻と重厚な香り”を実現した。昨年初めて抽選販売を実施し、多くの応募があった。

開発担当者のこだわり

開発担当者・岡島高穂氏

●個性ある木樽熟成ならでは―味と香りが調和する“重厚でありながら飲みやすいビール”

最近は、「家飲み」需要の増加などお酒を飲むシーンも多様化し、シーンに合わせていろいろなお酒を選択して愉しむ意識が高まっています。

そのため、家飲みの時間は1日の終わりの至福のひとときであり、「その特別な時間を華やかに彩りたい」という想いで今回のビールづくりと向き合ってきました。

木樽はひとつひとつ個性が違うため、その状態を確認しながら、熟成の温度など、樽の状態を厳密に管理する必要があり、つくるほどに難しさを実感します。

木樽の個性を見極めながら、いかにビールとしての完成度を上げていくか、そこが〈山崎原酒樽熟成〉に挑む醸造家としての腕の見せ所だと考えています。

ひとつひとつの木樽に向き合いながら、ブレンドした際の味わいもイメージし、常に味や香りなど、全体のバランスを意識しながらつくることで〈山崎原酒樽熟成>は“重厚でありながら飲みやすいビール”を実現しています。

●時間をかけて、じっくりビールと向き合い愉しんで

「ザ・プレミアム・モルツ」や「〈香る〉エール」は“日常の中で愉しむビール”、「マスターズドリーム」は“特別な時間を愉しむビール”だと思います。

そのうえで、「マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉」は、年に一度しかできないビールということもあり、しっかりとビールに向き合っていただきたいと考えております。しっかりした味わいや華やかな香り、満ちあふれる余韻を感じられるよう、昨年に続き、今回もお客様の期待を超えるものに仕上げていきますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

■抽選販売概要

●応募期間 :2021年7月6日(火)~8月10日(火)
●応募方法 :特設サイト(http://suntory.jp/28739/)にアクセスし、会員制メールマガジン「The PREMIUM MALT’S NEWS」もしくは 「MASTER’S DREAM Club」に会員登録のうえ、応募。
●応募資格 :日本国内在住の20歳以上の人。※サントリーグループの社員および関係者は応募できない。
●当選連絡・購入の手続き:当選者様には2021年8月下旬からメールにて連絡。その際に、購入の手続きも合わせて連絡。
※期間内に手続きされなかった場合は無効となる。
※当選者一人につき1本まで購入可能。
●商品名称 :「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2021」
●容量 :715ml瓶
●アルコール度数 :8.5%
●販売価格 :5,000円(税込・送料込)
●販売本数 :2,000本限定

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。