小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ボルボが自社開発OS「VolvoCars.OS」を次世代電動車に搭載へ

2021.07.16

ボルボが自社開発した「VolvoCars.OS」を次世代の電動車のオペレーティング・システムに採用

ボルボ・カーズは、従来の自動車が備えていた機能や特徴ではなく、ソフトウェアによる機能や特徴が車の魅力をより決定づけるようになると考え、ソフトウェア開発を社内で行うことにした。

次世代の電気自動車専用の技術ベースを用いた最初の電動SUVは、ボルボ・カーズ独自のOS(オペレーティング・システム)であるVolvoCars.OSで動作し、より迅速で柔軟な開発が可能になる。またオーナーが所有する車は乗り続ける限り、より頻繁にOTA(無線アップデート)が行われることで、日々より良いものになる。

VolvoCars.OSは、ボルボの電気自動車のための包括的なシステムとして機能し、車両とクラウドにまたがるボルボのさまざまなOSを統合し、1つのまとまったソフトウェアOS環境を構築する。さまざまなOSには、Android Automotive OS、QNX、AUTOSAR、Linuxが含まれる。

VolvoCars.OSは、先に発表されたExtended Vehicle API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を含む様々なAPIを通じて、オーナーの同意を得た上で、車両センサーデータなどの車内機能やユーザーインターフェース、フリートデータなどのクラウドベースの機能へのアクセスを開発者に提供。これにより、開発者はボルボ車向けの新しいサービスやアプリケーションを作ることができる。

最高技術責任者のヘンリック・グリーン氏は、次のように述べている。

「ソフトウェアを自社開発することで開発スピードを上げ、お客様のボルボを今よりも早く改善することができます。スマートフォンやパソコンと同じように、新しいソフトウェアや機能をOTAで迅速に提供することができ、時間の経過とともに、お客様のボルボをより良く、より楽しくすることができます」

ボルボ・カーズは、ソフトウェアの自社開発のメリットを最大限に生かすため、電気自動車内のコンピューティングをコアシステムに集中させ、多くの複雑さを排除している。個々の機能やシステムを制御する車内の複数の電子制御ユニットに頼るのではなく、社内で開発したソフトウェアを車内の強力なコア・コンピューティング・システムで実行することが増えていく。

2022年に発表されるボルボの新モデルに初めて搭載されるコア・コンピューティング・システムは、3つのメイン・コンピュータで構成されている。これらは、ビジョン処理と人工知能、一般的なコンピューティング、インフォテインメントをそれぞれ実行する際に、互いにサポートし合う。

ボルボ・カーズは、コア・コンピューティングへの移行により、ハードウェアをソフトウェアから徐々に分離していく。これは、ハードウェアの入れ替えをより頻繁に実行できることを意味し、ボルボの新型車により最新のハードウェアを搭載できるようになる。

同社は、自社開発とコア・コンピューティングへの移行を、主要なテクノロジー企業と協力して進めている。その中には、コアシステムの開発に協力しているNVIDIA(エヌビディア)や、インフォテインメントシステムの共同開発パートナーであるGoogle(グーグル)などが含まれている。

ヘンリック・グリーン氏は、次のように語った。

「私たちは、必要のあるところで、真の技術リーダーと提携するという意図的な戦略を持っています。Googleは、GoogleマップからGoogleアシスタントに至るまで、ユーザー・エクスペリエンスとサービスにおいて真のリーダーであり、一方、NVIDIAは、最速かつ最高のコンピューティングへのアクセスを提供してくれています。このように、戦略的パートナーシップを選択するアプローチは、すべてを自力でやろうとするよりも遥かに効果的です」

ボルボ・カーズがそれぞれのテクノロジー・リーダーとのコラボレーションを成功させ、顧客に最高のユーザー・エクスペリエンスを提供することは、オープンAPIを通じてサードパーティのイノベーションにVolvoCars.OSを開放するという決断の原動力にもなっている。

関連情報:https://www.volvocars.com

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。