小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

ボルボの次世代電気自動車に搭載される先進的な機能とサービスとは?

2021.07.17

ボルボとグーグル、次世代の安全で快適なコネクテッド・ユーザー・エクスペリエンスに向けてパートナーシップを継続

ボルボ・カー・グループは、Googleアシスタント、Googleマップ、Googleプレイを搭載したアンドロイド・オートモーティブOSを採用したインフォテインメントシステムを搭載した車を導入した最初の自動車メーカー。現在もインフォテインメントとコネクティビティを次のレベルに引き上げるために、Googleとの戦略的コラボレーションを続けている。

ボルボ・カーズの次世代ユーザー・エクスペリエンスへのアプローチは、電気自動車のボルボに搭載されている車内とクラウドにまたがる、さまざまなOSを統合したVolvoCars.OSの一部であり、アンドロイド・オートモーティブOSと新しい車載ディスプレイから始まる。

ボルボ・カーズとGoogleは、エンジニアリングとデザインを融合させながら、安全性を最大化するためのシンプルなユーザー・エクスペリエンスを共に構築している。このユーザー・エクスペリエンス・デザインは、運転中の関連性レベルに応じて、ドライバーのための情報を明確に分けることで構築されている。

高解像度のドライバーインフォメーションスクリーンは、速度やバッテリー残量など、運転に関連する最も適切な情報をドライバーに提供。ヘッドアップディスプレイは、ドライバーが目をそらすことなく、重要な情報を常に目の前に表示することができる。

将来のボルボ車には、リッチコンテンツ、見やすい情報、応答性の高いインタラクションを提供する、中央に配置された大型のタッチスクリーンが搭載される。これは、ユーザーが必要とする全てのものに、タッチまたは音声コマンドで常に簡単にアクセスできることを原則としている。すぐに必要なものや情報がメニューの奥深くに埋もれ、何回もクリックしなければならないようなことはない。

その結果、一貫性があり、クリーンで、認識しやすく、ミニマルで文脈検索に沿ったアプローチをとるシンプルなユーザー・エクスペリエンスが生まれる。これにより、必要な情報だけを適切なタイミングで提供することができ、ボルボのドライバーは運転と道路上での安全確保に集中することができる。

最高技術責任者(CTO)のヘンリック・グリーン氏は、以下のように述べている。

「我々のチームは、次世代のボルボ車のユーザー・エクスペリエンスをさらに開発、向上させるために、Googleと多くの時間を費やしてきました。特に、安全性、穏やかさ、シンプルさの面では、デザインと技術開発をより深く融合させたおかげで、大きな進歩を遂げることができました。これにより、さらに優れたボルボ車を創造し、新しい業界標準を打ち立てることができると確信しています」

車内のスクリーンだけでなく、ボルボの次世代電気自動車には、モバイルデバイスとのシームレスな接続機能が搭載される。次世代のボルボ車は、携帯電話をキーとして使用し、ボルボ・カーズのアプリが、現代の生活と電気自動車の所有に付随するあらゆるものを結びつける。

このアプリには、充電器の検索や支払い、家庭用機器との接続などの機能が含まれている。また、事前暖房や冷房など、すでに評価されている遠隔操作機能も搭載されている。

先日発表されたボルボ・カーズの新しい商業戦略の一環として、ボルボ・カーズの電気自動車はvolvocars.comでオンライン販売されている。消費者は、ご自宅でくつろぎながら注文することも販売店と一緒にオンラインでご注文することもできる。ボルボの電気自動車には、点検、保証、ロードサイドアシスタンス、保険、家庭用充電のオプションなどの便利なケアオファーが付いている。

すべてのボルボ電気自動車には、定期的なソフトウェアアップデートと新機能がOTA(無線アップデート)で提供され、ボルボの車が時間とともにより良くなっていく。ボルボは、ソフトウェアの自社開発を進めることで、開発スピードを上げ、OTAによる定期的なアップデートをより迅速に実施していく。

関連情報:https://www.volvocars.com

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。