小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

集合住宅、戸建て、シェアハウスの新しい感染対策とは?コロナ禍が変えた住まいづくり

2021.07.17

コロナ禍の影響は〝住まいづくり〟にも変化をもたらしている。その変化のひとつが感染予防に配慮した設備の導入。今回、集合住宅、戸建て、シェアハウス3つの異なる住まいに設けられた新しい生活様式に即した設備を紹介しよう。

「さわらない・もちこまない」ノンタッチにこだわったマンション

ポラスグループの株式会社中央住宅では、新築分譲マンションの「ルピアコート津田沼」は、「触らない・もちこまない新発想で家族を守る」をテーマのひとつとし、様々な対策を講じている。その代表が、

①ノンタッチ エントランス:ハンズフリーの非接触キーシステムを採用。

②共用にノンタッチ手洗い:おとなサイズ、子供サイズの2 台を用意。手洗い後に除水も流れる。

③ノンタッチ エレベーター:ボタンを押さずに手をかざすだけで呼び出しや行先を選択できる。

このほかにも、宅配ロッカーもノンタッチ仕様にしたり、自宅の洗面所やキッチンもタッチレス水栓を標準装備したり、ごみ置き場にも自動ドアを設置するなど〝非接触〟の設備にこだわっている。

また、収納スペースをテレワークスペースとしてフレキシブルに使える「変身クローク」(実用新案取得済み)もうれしいポイント。壁面に折りたたみ式のカウンターを設置してあり、通常の業務はもちろん、閉ざされた空間なのでオンライン会議の際に生活音が漏れにくく、重宝しそうだ。など、新しい生活様式に即した住戸としている。

三菱地所ホームは全館空調「エアロテック」を導入

戸建ての住宅にも変化が。三菱地所ホームは全館空調「エアロテック」を備えた『風通しの良い家』を提案。「働き方改革」などで注目されている、場所や用途を限定しないフリーアドレスの考え方を取り入れ、ゾーニング・動線・視線の工夫により、限られた空間を「さわやかな風のように」フレキシブルに活用する“目に見えない心地よさ”を実現したという。

その取り組みを上の図で解説しよう。

①帰宅後すぐに手洗い・うがいができるよう、玄関に手洗器を設置。その横に全館空調『エアロテック』室内機を設置することで、上着に付着した菌や埃を払うなど、室内をクリーンに保つという。

②町家などに見られる採光、通風、物の運搬、人の通行まで様々な用途に使われた通路「通り庭」をヒントとした「TOHRI-NIWA」。遊び・運動など使う人によって多様な使い方ができるようにした。

③キッチンを起点として、ダイニング、リビングへ、床レベル差をつけて段々とつながる「ステップKDL」。家族が同じ空間でも、適度な距離を保ちながら過ごせるようにした。

家族でも生活スタイルは様々。だからこそ、より安心して共に暮らせることに配慮した設計と言えるだろう。

シェアハウスでも感染対策

様々な出入りするシェアハウスも新しい生活様式に対応し始めている。株式会社リビタは、生活スタイルの変化、テレワークや在宅時間の増加におけるニーズを受け〝在宅時間の充実〟をキーワードにしたシェア型賃貸住宅「シェアプレイス経堂」をオープンした。

シェアハウスならではのコミュニケーションを阻害しないよう、「シェアラウンジ」はソファ、ブース席など数種を用意。ニーズに合わせて居場所を選ぶことができるようになっているのが特徴だ。

このほか、気分転換やワーケーション気分でテレワークが行なえる中庭も用意するなど、こちらも時代に即した住まいのアイデアが盛り込まれている。もちろん、感染対策も万全だ。共用部に非接触検温器やアルコール消毒、アクリルパーテーション、CO2センサーを設置するほか、館内に抗ウイルス・抗菌剤を施工。また、エントランスはスマートフォンアプリと連動したスマートエントランスシステムを導入するなど、安心して暮らせるのがうれしい。

3社3様の取り組みだが、どれも家族や身近な人を守りたいーーという思いで考えられたもの。新型コロナウィルスにより生まれた〝住まいづくり〟のアイデアだが、アフターコロナでも定番となっていくだろう。

文/寺田剛治

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。