小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

動力性能、先進装備、快適性、全てがバージョンアップしたVW「ティグアン TSIファーストエディション」

2021.07.13

今、世界的にブレークしているのがコンパクト、ミッドサイズのSUVである。ドイツの雄、フォルクスワーゲンにも、下からT-CROSS、T-ROCK、そして現在のフォルクスワーゲンSUVのトップレンジとなる、欧州でのベストセラーSUV、2017年にMQBプラットフォームを携えて日本で発売が開始されたティグアンがある。そのティグアンのマイナーチェンジモデルが2021年5月に上陸。今回、マイナーチェンジモデル導入記念車のTSIファーストエディションに試乗した。

新型ティグアンは、パッと見、エクステリアからはマイナーチェンジ前モデルとの違いが分かりにくいが、新型ゴルフにも採用されている、32個のLEDライトを個別にON/OFF制御する新LEDマトリックスヘッドランプ(IQ LIGHT)が与えられたフロント周り、新デザインのボンネットが新型らしさ。

そのエクステリアよりむしろ新鮮なのは、まずはパワーユニットだ。これまでのゴルフ7などにも採用されていた1・4L TSIエンジンに代わり、新世代の1・5L、気筒休止システム採用のTSIユニットを採用。スペックは150ps、25.5kg-m、WLTC総合モード燃費14・3km/Lとなる。また、DSGも6速から7速に進化した。ちなみにマイナーチェンジ前にあったクリーンディーゼル+4WDモデルは現在、ラインナップされていない。4WD=4MOTIONが必要なら、Rパフォーマンストルクベクタリングを搭載した、320psを発生する特別なティグアン、ティグアンR(684・9万円)が用意されている。

そして、マイナーチェンジモデルを決定づけるのが、新型ゴルフ同等のデジタルコクピット、運転支援システムやコネクテッド機能の充実ぶりだ。最高210km/hまでの速度域でドライバーをサポートする「トラベルアシスト」(全グレード)や、最新世代のインフォテイメントシステム、スマホと連動するモバイルオンラインサービスなどを使いこなせることになる。

また、車内の快適性では全グレードに3ゾーンオートエアコンを完備したことが新しい。前席では、フォルクスワーゲン最新のゴルフ8同様に、タッチスライダーによって設定温度などを操作できるほか、後席でも温度調整が可能で、前席左右、後席の3ゾーンで最適な空調環境が実現する。

ここで試乗したTSIファーストエディション(特別仕様車)は、TSIエレガンスグレードをベースに、専用エクステリアのジンジャーブラウンメタリックを初採用したほか、専用のレザーシート、デコラティブウッドパネル、エレガンスより1インチ大径の19インチタイヤ&ホイール、アダプティブシャシー(ダンピング)コントロールのDCCを特別装備。ボディカラーが気に入れば、実はかなりお得なモデル(エレガンスに対して)と言っていい。

さて、新型ティグアンを走らせれば、従来の1・4L時代との動力性能の違いは、例えば、ドライブモードのエコモードにセットすると分かりやすい。デォフォルトのノーマルモードでは、従来以上の分厚いトルクの立ち上がりの良さによるスムーズかつ十分以上の加速力、車内の静かさが印象的で、もちろん、新エンジンの有難みを感じることができるのだが、もし、マイナーチェンジ前のユーザーが乗り換えたとしたら、ノーマルモードでは極端な差は感じにくい、とも言えるのだ。が、エコモードにセットすると、マイナーチェンジ前の140ps時代のモデルではかなり穏やかな走りになってしまったところ、新型では歯がゆさのないパフォーマンスとエコを見事に両立。これは、エンジンだけでなく、DSGが6速から7速に進化したことも功を奏しているはずだ。

DSGのスムーズさそのものも高まっている。出足の飛び出し感、変速ショックの大きさは、もはや過去のものと言っていい。そしてクルージング状態で入る2気筒モードや、エコモードで可能になるコースティングモードに入り、そこから復帰した際も、乗員に気づかせない制御、マナーの良さが光るのだ。結果的に、実用燃費が向上することは言うまでもない。

ティグアンTSIファーストエディションは、足元の迫力を増す19インチタイヤを履いているが、DCCの効果もあって、乗り心地はフォルクスワーゲンの基準と言えるやや硬めのテイストとはいえ、速度域を問わず、フラットで快適なタッチに終始。足回りはしなやかに動くものの、カーブ、山道でのロールは最小限。軽快かつ安心感の高いハンドリングを楽しませてくれる。高速走行ではACCとレーンキープアシストによる「トラベルアシスト」の実力の高さも文句なしと感じた。巡航時の快適性、渋滞時のけっこう攻めた車間距離制御(割り込みされにくい!?)、手間暇いらずの再発進機能、そしてもちろんレーンキープ性能(の進化)にも大いに満足することができたのである。

言い忘れたが、ティグアンはパッケージも優秀で、後席頭上、膝周り空間のゆとり、ラゲッジルームの広さもこのクラスの平均値以上で、納得できるものと言っていい(ステアリング右下の蓋付収納の開けにくさ=オープナーに手が引っ掛かりにくいのは困ったものだが)。

同クラスの輸入(ドイツ車)SUVとして割安な価格設定も、フォルクスワーゲンラインナップの大きな魅力だろう。SUVでもFF、前輪駆動で問題なし、というなら、この524・9万円(インフォテイメントシステム=ナビ、モバイルオンラインサービス、ETC2.0車載器など標準装備)という価格の新型ティグアンTSIファーストエディションは、極めてお買い得と言って良く、かつ、イチオシにお薦めしたいグレードということになる。

フォルクスワーゲン・ティグアン

文・写真/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。