小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

6月の国内景気は2か月ぶりに改善、個人消費関連も上向く

2021.07.11

ワクチン接種の普及などで個人消費関連も上向く

TDBによると、2021年6月の景気DIは前月比1.6ポイント増の39.1となり、2カ月ぶりに改善。

6月の国内景気は、海外経済が回復傾向を示すなか、9都道府県での緊急事態宣言の解除やワクチン接種の普及などで人流が増加傾向で推移するなど、経済活動は徐々に正常化に向け動き出した。輸出の急増とともに製造業の景況感が上向いたほか、人出が徐々に戻りつつあるなかで小売業や個人向けサービス業など個人消費関連の改善も表れた。企業のデジタル化やSDGsに関連した需要増加など、新しい社会に対するニーズの創出もみられた。他方、燃料価格の上昇にともなうコスト負担の高まりや、木材や鉄鋼などの材料不足などはマイナス要因となった。また、企業の景況感における「K字型」経済の傾向は続いた。

国内景気は、海外経済の回復に加え個人消費関連も上向き、2カ月ぶりに改善した。

全国の景気DI

今後の見通し : 緩やかな上向き傾向

今後の国内景気は、ワクチン接種の普及とともに感染拡大による経済活動への制約も徐々に和らいでいくとみられる。また、中国や米国など海外経済の回復や5Gの本格的普及、自宅内消費の拡大傾向などはプラス材料になる。さらに、テレワークなど業務のリモート化による通信インフラの整備やAIなどの普及にともなう働き方改革に対する需要の本格化が期待される。他方、原材料価格の上昇のほか、半導体不足やコンテナ不足による供給リスクの長期化は懸念材料である。さらに、業種や地域に対する二極化の動向や東京五輪の行方などは注視する必要があろう。

今後は、感染者数の動向が懸念材料であるものの、緩やかに上向いていくとみられる。

景気DIの予測

業界別:全10業界が改善、緊急事態宣言の解除で個人消費関連が上向く

全10業界が改善。9都道府県で緊急事態宣言が解除されたなか、ワクチン接種の普及も進み、『サービス』『小売』などの個人消費関連の景況感が上向いた。また、米中向けに自動車や半導体関連などの輸出が増加傾向にあるなか、『製造』『卸売』も改善した。

 『サービス』(39.7):前月比2.2ポイント増。3カ月ぶりに改善。9都道府県で緊急事態宣言が解除され、依然として厳しい水準ではあるが「飲食店」(同7.5ポイント増)や、「旅館・ホテル」(同6.0ポイント増)がそれぞれ大きくプラスとなった。企業のデジタル化などを背景にソフト受託開発が堅調な「情報サービス」(同1.9ポイント増)や、建設機械器具賃貸などが上向いた「リース・賃貸」(同3.1ポイント増)など、『サービス』は15業種中12業種が改善した。他方、「電気通信」(同12.7ポイント減)は大幅に悪化。「娯楽サービス」(同0.3ポイント減)も、フィットネスクラブなどが低調な推移となった。

『小売』(34.5):同1.4ポイント増。3カ月ぶりに改善。人出が徐々に戻りつつあるなか、夏季賞与の支給月でもあったことで「家電・情報機器小売」(同5.0ポイント増)が大幅にプラス。「専門商品小売」(同0.3ポイント増)も、時計・眼鏡やスポーツ用品を扱う企業の景況感が上向いた。そうしたなか、「自動車・同部品小売」(同2.1ポイント増)では3カ月連続での改善となったものの、半導体不足の影響により一部商品の供給を不安視する声がみられるなど、先行きへの懸念材料も浮上している。

『製造』(40.6):同1.6ポイント増。2カ月ぶりに改善。景気DIは2019年10月(40.3)以来1年8カ月ぶりに40を上回り、『製造』は全12業種で改善となった。半導体や自動車関連を中心に輸出が回復傾向にあるなか、半導体製造装置などが含まれる「機械製造」(同1.5ポイント増)は12カ月連続の改善。自動車部品などの「輸送用機械・器具製造」(同1.8ポイント増)も2カ月連続で改善し、生産・出荷量DIは63.8と『製造』12業種中で唯一60を上回った。他方、『製造』の仕入単価DIは63.1と『建設』(63.4)に次ぐ水準となり、材料など仕入価格の上昇傾向は継続。企業からも半導体、木材、鉄鋼などの材料の不足、その価格上昇の影響を懸念する声がみられた。

『運輸・倉庫』(34.5):同0.8ポイント増。2 カ月ぶりに改善。依然として厳しい水準で推移しているものの、バス・タクシーなどの旅客自動車運送や旅行業の景況感が上向いた。また、自宅内消費の拡大によりeコマース関連も堅調に推移した。一方、燃料価格の上昇傾向が続くなか、製造業や建設業の材料不足にともない国内での荷動きが停滞。そうしたなか、一般貨物自動車運送業の景況感は2カ月連続で悪化した。さらに、コンテナ不足や海上運賃の高騰による影響も続いており、港湾運送の景況感も落ち込んだ。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。