人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

廃棄される果物に特殊冷凍技術を添えて…フードロス解消を目指す冷凍機販売会社デイブレイクの挑戦

2021.07.14

本来であれば、百貨店などに並ぶような一級品の果物にも関わらず、大きさの不揃いや少しの傷、また完熟しすぎているなどの理由で、廃棄されるものが多くあるという。

年間約600万トン以上もの食品が廃棄されているとも言われるこのフードロスの問題を、独自の特殊冷凍の技術でおいしく解決しようと立ち上がったブランドがある。

それが、特殊急速冷凍事業に特化した国内唯一の専門会社であるデイブレイク株式会社が2019年に販売を開始した自社ブランドHenoHeno

出荷先を失ってしまった果物を、独自の特殊冷凍技術でフローズンフルーツにし、新しい価値を添えて販売することで、フードロスの削減はもちろん、生産者の支援を行っているブランドだ。

実際にECサイトを覗くと、無農薬のいちごやネーブル、デコポンから石垣島で採れた完熟マンゴーやパイナップル、北海道のかぼちゃやビーツ、ケール、有機栽培で作られたほうれん草やサラダ玉ねぎ…北は北海道から南は沖縄までの各地で採れたこだわりの野菜や果物がずらりと並んでいる。

一般的に果物などは冷凍すると、味が薄くなってしまったり、香りが変わってしまったりとおいしさが損なわれることも多いが、HenoHenoの特殊冷凍は、それらとは全く違う。

うま味、香りなどを瞬間的にロックするため、フレッシュな状態そのままに手元に届くというのだ。

日頃からフローズンフルーツが好きで、よく食べている私は、その味わいの違いを実際に確かめてみたくなり、石垣島産の完熟マンゴーと熊本県産の無農薬のしらぬひ(デコポン)を取り寄せた。



陽射しをたっぷり浴び、真っ赤になるまで樹の上で熟したという石垣島の島本さんのマンゴーは

30年かけて追及したという品質にも関わらず、規格外のサイズや完熟していることが理由で、通常の流通にのせることができないのだという。

おすすめの食べ方は「解凍せずにそのまま食べる」ということで、冷凍庫から出して一口食べてみると、想像以上の甘さとなめらかさ。何よりも味が濃いことに驚いた。

熊本県産のしらぬひは、熊本県水俣市で柑橘類を生産している団体“からたち”の手により、大切につくられたもの。

過去に起きた水俣病をきっかけに、みかんを通してみなまたの悲劇を次世代に伝えるため、身体にも地球にも優しい無農薬栽培を貫いているという。

こちらも、表面にキズが出来てしまったり、サイズが理由で規格外となってしまったというが、もちろん味わいは変わらない。

食べてみると、爽やかな香りと味わいが口いっぱいに広がる。

一瞬、冷凍された果物ということを忘れる程の“フレッシュさ”を感じる。

HenoHenoを手掛けるデイブレイク株式会社は、長年、冷凍機の販売を行ってきた会社だ。

CEOである木下昌之氏が会社創業前に訪れたタイでのこと。

露店に並ぶフルーツを食べたところ、それがとてもおいしく、「ここで食べた味を、また日本でも食べられないだろうか」と考えた。

しかし、ふと周りを見渡すと、他にそのフルーツを買う人はおらず、最終的に売れ残ったものは廃棄されるということを知ったそうだ。

自身の強みでもある冷凍の技術を活かせば、多くの果物や野菜を廃棄させることなく、おいしいまま、世界中に届けられるのではないか。

そう考えたことがHenoHeno誕生のきっかけとなった。

2019年のブランドスタート時から今日に至るまで、極上の果物や野菜に特殊冷凍という技術を掛け合わせ、全国へと届けているHenoHenoは、今後より多くの人に手に取ってもらえるようにECサイトでの販売から新しい展開へとステージを移行している。消費者向けのHenoHenoブランドから、「アートロック」という新名称に改め、飲食店やベーカリー、ホテル等で、デイブレイクが手掛けるフローズンフルーツが使用されていくという。今後、巷でアートロックフルーツを見かける日も近いかもしれない。(アートロックという名称には、「生産者の想いが詰まった“芸術品(アート)”のような食材の美味しさを“閉じ込める(ロック)”」というメッセージが込められているという)

ここ数年、注目されるようになったフードロスの問題。

しかし、まだどこか自分ごとではないと感じている人も多いように思う。

老若男女がおいしく食べられるものを通して、作っている人の想いやその背景にあるストーリー、更にはフードロスなどの問題を知るきっかけにもなるHenoHenoのようなブランドが私達の暮らしの中にますます増えていくことを望まずにはいられない。

HenoHeno →https://henoheno.jp/

取材・文 モキマサヨ
煎茶道師範・ラジオDJ・@DIMEのサステナブル部部長(仮)
ポジティブになれるものやサステナブルなものをゆるっと生活の中に取り入れています。
https://www.instagram.com/moki98per/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。