小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【tofubeatsのユルッとガジェット探訪記・第2回】RAVEXじゃなくてREVEX X860

2021.07.12

■連載/tofubeatsのユルッとガジェット探訪記

【第2回】RAVEXじゃなくてREVEX X860

作業時の急な来客にも対応できるすぐれもの

 どうも!全国防音ブースで仕事をやっちゃうとインターホン出られなくなっちゃうよね協会会長のトーフビーツです。今回は防音ブースを導入してなくてもヘッドホンなんかで作業をする全ての皆様に便利かもしれないガジェットをご紹介。テレワークの皆様にも役立つかもね!?

 2年前、東京に事務所を移転して夢の防音室を作ったは良いものの、賃貸の中に防音のブース(こちらはガジェットではないので割愛しますがKAWAIのナサールというやつをブチこんでます)を作ると、作業中にインターホンが鳴っても全く気が付かないんです。いや~やっぱ防音室ってスゴいすね。このくらいの音なんて全然聞こえなくなっちゃうんだぁ~とか呑気に言っていたいところなのですが一応事務所は事務所なので郵送物や宅急便、重要な書類がいきなり届くこともあり、この「突然の来客に対応できない」ということは結構な悩みとなっていました。時間指定をしておくこともできますが2時間枠の間はガッツリ作業ができなくなってしまい、この悩みのソリューションとして最初に事務所に導入されたのがPanasonicのワイヤレスインターホンセット(VL-SGD10L)です。

VL-SGD10L

 こちらの親機は充電式、子機は電池駆動で両面テープで玄関に貼り付け可能ということで、穴あけ等の工事は一切ナシでスタジオに導入できました。しかも当時事務所のインターホンはカメラが付いていないものだったのでカメラ付きインターホンであることも非常に助かりました。

 しかしそんな平和な日々にも突然終わりが訪れます。なんと事務所の大家さんが変更となり、大規模修繕工事が始まったのです。実はこの事務所、もともとはオートロックの導入がされていた物件なのですが、自分が入居したときからずっとそれが壊れたままになっていて、それを良いことにワイヤレスインターホンは設置できていました。お客さんは直接事務所の玄関まで入り、後付けのインターホンにアクセスができたのです。

 もし集合玄関のオートロックが復活してしまえば事務所の玄関に来る前にもう一段階インターホンを押す必要があり、さすがに集合玄関に野良インターホンを付けるわけにいかない(配線もできない)弊社は頭を抱えました。セキュリティは強化され、最新のカメラ付きインターホンも設置されたのにむしろ不便になってしまうだなんて!認めたくない事実から目を背け、急な来客にも目を背ける日々がまた始まってしまうのか…

救世主登場!REVEXのワイヤレスチャイム

 そんな窮地の中、すがるような気持ちで購入したのがREVEX(リーベックス)のX800、そしてX60のセット、X860です。このメーカーの読み今初めて知りました。

 REVEXのワイヤレスチャイム商品は先程のPanasonicのワイヤレスチャイムよりはむしろシンプルな機構のものが多いのですが、インターホンのようなボタンタイプの送信機だけでなくこのX60のようにセンサーを搭載したものも販売されているのが特徴で、X60は音と衝撃を検知して一定値以上を超えるとX800が反応する、という仕組みになっています。これをどのように弊社で運用しているかというとこんな感じ。

 我ながらイカツい画像ですわ…(ちゃんと剥がせる専用テープなどで運用しています。念のため)要するに既存のインターホンのスピーカー部に音感センサーを輪ゴムで固定し、この音を検知したX60から防音ブース内のX800に信号を飛ばしてもらうのです。これで集合玄関からのインターホンも防音ブース内でキャッチ可能に。

作業デスクとX800(受信機)。スピーカーは今修理中なので代替機です(という強がり)。

 このX800もなかなか優秀で、音と光・音のみ・光のみのどれで反応するか選ぶことができ、音出し作業中も光のみの反応にしておけば作業の邪魔にならない優れものです。光量も結構あって気付きやすいのも助かります。あとなんかこの絶妙な見た目も良いですよね。その上楽曲は16種類(!)から選べます。マジでこの16種類も絶妙なラインナップでこのX800で再生すると味わい深いものがあります。


REVEX公式 Xシリーズ(X800)受信音

 本当はこういうところにこそArduino的なやつを使ってDIYみたいな根性を発揮する大人になりたかったのですが、なんやかんやでX860がちょうど良く(防音ブース外での物音とかにも絶妙に反応せずインターホンだけ拾ってくれるので設定もちょうど良い模様)、あんな画像の状態で1年が経過しております。

 いろんな取材や映像でもこのX800が映ったりすることは多く、「あの機械何なんですか?」などと聞かれることもあるのですが、@DIMEの読者の皆様におきましてはドヤ顔で「コレREVEXのX800やな…」と言っていただいて結構ですよ。コレを置いてからスピーカーの出音も心なしか温かみが増してきたような…


X800も映っているtofubeats最新シングル「SMILE」

今回のお買い物

「REVEX X860」

・価格:4,400円
「X60(音・衝撃センサー送信機)」
・電源:単4形アルカリ電池×2本(別売)
・本体外形寸法:本体=W55×H87×D24.5/センサー部=50×16D(マウントを含まない)
・質量:69g(電池を含まない)
「X800(受信チャイム)」
・電源:単3アルカリ乾電池×3本(別売)別売のACアダプター使用可能!
・本体寸法:約W63×H96×D33mm
・本体質量:83g(電池を含まない)
・詳細ページ:http://www.revex.jp/catalogues/view/258

文/tofubeats

tofubeats
1990年生まれ神戸出身。中学時代から音楽活動を開始し、高校3年生の時に国内最大のテクノイベントWIREに史上最年少で出演する。その後、「水星feat.オノマトペ大臣」がiTunes Storeシングル総合チャートで1位を獲得。メジャーデビュー以降は、森高千里、の子(神聖かまってちゃん)、藤井隆ら人気アーティストと数々のコラボを行い注目を集め、4枚のアルバムをリリース。最近では、テレビ東京系ドラマ「電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-」や映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴を担当するなど活躍の場を広げ多方面で注目されている。2020年は春にデジタルミニアルバム「TBEP」を。8月にはシカゴハウスの名門レーベル〈DJ INTERNATIONAL〉のTC Crewに所属するTyree Cooperのカバー楽曲「I CAN’T DO IT ALONE」をデジタルシングルとして発表、9月4日に「RUN REMIXES」をリリース。

編集/福アニー


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年7月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「USBパワフル扇風機」! 特集は「空旅VS鉄旅」「2022上半期トレンドキーワード」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。