小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真夏のランニングにおすすめ!シャープとデサントが開発した体の深部体温の上昇を抑える冷感グッズ「コアクーラー」

2021.07.10

シャープとデサントの共同開発「コアクーラー」第二弾が登場

デサントは、手のひらを適温の12℃で冷やすことで、体の中心部の温度である深部体温の上昇を抑制するアイテムを2019年に発表。2020年に、グローブ型の「コアクーラー」発売を開始し、大きな反響を呼んだ。

今回、「コアクーラー」シリーズの既存ラインナップに加え、UVカット機能を兼ね備えたアームカバー、運動後のクーリングと休息時、睡眠時に使用するフットカバー、および3Dカッティングを採用しフィット感をより高めたフェイスガードが新たに登場した。

コアクーラーアーム(カバー)

デサント コアクーラー3Dアームカバー(DAT-9101)

[カラー]ブラック、ネイビー、ホワイト[価格]¥4,950(税込)

※アームカバー2個(両腕用)、蓄冷材2個入り

 

手のひらを冷やすことができ、腕の部分はUV(UPF50+)仕様。3D設計でフィット感があり、ずり落ちにくい。汗をかきやすい肘裏はメッシュ構造。

コアクーラーフット(カバー)

デサント コアクーラーフットカバー(DAT-9102)

[カラー]ブラック、ブルー[価格]¥4,400(税込)

※フットカバー2個(両足用)、蓄冷材2個入り

足裏のAVA血管を冷やすことで体の深部体温の上昇を抑制休息時、睡眠時や運動後のアフタークーリングに使用。(適温蓄冷材の破損の恐れがあるため、装着したまま立ったり歩いたりはできない)

TEKION3Dクーリングフェイスガード

適温3Dクーリングフェイスガード(DAT-9103)

[カラー]ブラック、ネイビー、ホワイト[価格]¥4,950(税込)※蓄冷材2個入り(両頬用)

顔(頬)にもAVA血管がある為、効果的に冷却できる。耳にかけることができ、ずり落ちにくい。吸汗速乾素材で、UPF30の機能素材を使用。3Dカッティングで 呼吸がしやすく、フィット感と軽量化を実現。飛沫エチケットにも便利。両頬部分に「適温蓄冷材ポケット」を搭載。屋外でのオンオフ全般のシーンで着用できる。

競技のブレークタイムや練習後のクーリングといったスポーツ用途だけでなく、出勤や買い物といった日常の外出、土木や建築などの現場作業のシーンなどでも広く使用できる。

体温を調整する「AVA血管」に着目!効果的に体を冷やす

手のひら・足の裏・頬等にある体温を調整する血管のことをAVA血管と言う。これを適温で冷やすことで、血液を冷やし、効率的に体を冷やすことが出来る。

冷やしすぎると血管が収縮してしまい、効率的に体温が下がらない為、12℃程度が適しているとされている。

*1 氷や保冷材だと温度が低すぎることで血管が収縮し、冷却効果が充分に発揮されないため、12℃が適温だとされています。(検証機関:独立行政法人 労働安全衛生総合研究所とシャープ)

シャープの「適温蓄冷材」で、適温の12℃を保ちながら血管を冷やせる!

「コアクーラー」シリーズのアイテムは、あらかじめ冷却したシャープ独自の「適温蓄冷材」*2を手のひらや足裏に装着し、適温の12℃で冷やすことで、体の深部体温の上昇を抑制。「適温蓄冷材」は、屋外シーンでのクーラーボックス使用時、氷水では1時間で凍結する。(冷蔵庫の場合9時間以上、冷凍庫の場合2時間以上)

*2 シャープ独自の「適温蓄冷材」とは、液晶材料研究で培った技術を応用したものであり、「-24℃~+28℃」の間の特定の温度を一定時間保てることが特長だ。シャープの社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオン ラボ)」が研究開発を行っている。

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。