小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Wi-Fiに接続しなくてもネットにつながるノートパソコンLTE対応モデルおすすめ3選

2021.07.17

屋外でノートパソコンを使用する際、Wi-Fiに接続していないとデータ通信ができないため、ファイルをクラウドにアップしたり、メールの送受信をするといった作業ができないことがほとんどでしょう。

そこで今回は、LTE通信に対応したノートパソコンをいくつか紹介していきます。特に外出先でも作業をする機会が多いビジネスパーソンは、ぜひ参考にしてみてください。

ノートパソコン・スマートフォンのLTE通信とは?

そもそもノートパソコン/スマートフォンにおけるLTE通信とは、「Long Term Evolution」の略称で、4G通信とも呼ばれています。ドコモでは2010年12月に「Xi(クロッシィ)」というサービス名で提供を開始しました。

近年はさらに新しい通信規格である5G通信のサービスも開始していますが、執筆時点(2021年7月上旬)ではエリアが限定的なのも事実。ノートパソコンでデータ通信を行うのであれば、現時点では安定して広いエリアで利用できるLTE通信が適しているでしょう。

【参照】docomo LTE(Long Term Evolution)

LTE通信対応ノートパソコン【VAIO SX14】

始めに紹介するのは「VAIO SX14」。14型ワイドディスプレイを搭載しながら、本体サイズは(約)幅320.4mm×高さ15.0~17.9mm×奥行222.7mm、質量約1㎏前後と比較的軽量なため、持ち運びも快適な製品です。

ディスプレイ解像度は3840×2160の4K画質をオプションで選択可能になっています。映り込みが少ない「アンチグレア液晶」を採用しており、太陽の光が気になる屋外での作業も比較的見やすい画面で行えるでしょう。

ビジネスシーンでの利用に便利な専用アプリ「VAIOの設定」がプリインストールされており、「Fnキー」や「Caps Lockキー」に機能を割り当てたり、ファンクションキーによく使うアプリの一発起動を登録することができます。

メインメモリは8GB/16GB/32GBから選択可能、ストレージは128GB/256GB/512GB/1TB/2TBと豊富な選択肢が用意されています。搭載CPUは第10世代のインテル Core i3/i5/i7から選べるようになっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】VAIO SX14

LTE通信対応ノートパソコン【レッツノート SVシリーズ】

パナソニックの「レッツノート SVシリーズ」は、まさにノートパソコンを持ち運んで使用する機会が多い人におすすめしたい製品です。ディスプレイは12.1インチで、質量は約1.069㎏~1.169㎏と軽量設計になっています。

レッツノートシリーズの大きな特徴の1つに、高い堅牢性があります。本製品は76cm落下試験や100㎏f加圧振動試験といった厳しい品質試験をクリアしているので、満員電車での移動などで圧力がかかってしまっても故障の心配は少ないでしょう。

バッテリーは「Sバッテリー」と「Lバッテリー」のどちらかが選択できるようになっており、Sバッテリーでは駆動時間は約12.5時間、Lバッテリーの駆動時間は約19.5時間。Sバッテリーでも1日の作業は十分にこなせる性能ですが、出張時などにも比較的安心できる大型バッテリーのオプションがあるのは嬉しいですね。

また、特徴的なのが豊富なインターフェースで、本体にはUSB Type-A×3、USB Type-Cに加えHDMI出力、アナログRGB、有線LANポートが用意されています。軽量モデルながら様々な機器と接続できるのも大きなアドバンテージです。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】レッツノート SVシリーズ

LTE通信対応ノートパソコン【Lenovo ThinkPad X1 Nano】

Lenovoの「ThinkPad X1 Nano」は第11世代インテル Core i5/i7を搭載したハイエンドノートパソコン。ディスプレイは13インチの2K IPS液晶を採用。質量は約907g~と軽量な設計になっています。メインメモリは16GBです。

オプションでLTE通信に対応できるのはもちろん、5G通信にも対応可能。バッテリー性能も優秀で、モデルによって変わりますが約22時間の連続駆動が可能。約2.3時間(パワーオフ時)でフル充電となる急速充電にも対応しているので、いつでもある程度安心して作業が行えるでしょう。

キーボード面にはDolby Atmosに対応したステレオスピーカーを内蔵。集音マイクが4つ搭載されており、360度から音を収集できるように設計されているので、オンライン会議もクリアな音声で行えるでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】Lenovo ThinkPad X1 Nano

※データは2021年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。