小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モバイルルーターサービスの顧客満足度ランキング、3位ソフトバンク、2位楽天モバイル、1位は?

2021.07.08

モバイルルーターはNTT docomo、ホームルーターはUQ WiMAXがそれぞれ3年連続第1位

J.D. パワー)は、J.D. パワー 2021年モバイルルーターサービス顧客満足度調査℠ 及びJ.D. パワー 2021年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査℠の結果を発表した。

調査はインターネット接続にモバイル回線を使用する「Wi-Fiルーター」によるデータ通信サービスを対象とし、バッテリー駆動の持ち運び型の「モバイルルーター」と自宅での据え置き利用を前提とした「ワイヤレスホームルーター」の利用者に実施している。

コロナ禍で回線負荷の高いサービスでの利用が継続、通信品質の改善・向上がより重要に

本年の調査は新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が経過した今年4月下旬から5月中旬にかけて実施した。昨年調査(2020年5月発表)で前年からの「通信品質・エリア」に対する満足度の低下が確認されていたが、モバイルルーター、ホームルーターともに今回も大きな改善は見られず、全体では昨年並みの満足度水準に留まった。

 モバイルルーター、ホームルーターの利用内容をみると、昨年同様、9割を超えるユーザーが「動画や映像サービスの視聴/投稿」、約8割が「オンラインストレージ」の利用といったデータ通信量の大きいサービスを利用しており、ほとんどのユーザーが回線負荷の高いサービスを引き続き利用していることが確認できた。

また、約3割のユーザーが「ビデオ通話/WEB会議ツールを使っての知人などとの通話」で利用しており、2割のユーザーが「テレワーク」で利用しているという結果となり、コロナ禍において一定数のユーザーが、リアルタイム性がより求められるオンラインによる通話・会議ツールも使用していると推察される。加えて、モバイルルーターについては、外出先では使わずに「自宅のみ」で利用しているというユーザーが昨年から増加しており、コロナ禍での自宅時間で利用される傾向がさらに加速していることがうかがえる。

モバイルルーター、ホームルーターともに、スマートフォンのみならず、パソコンやタブレット、テレビ、ゲーム機等、自宅内での様々な機器から接続して使用されており(下図参照)、新型コロナウイルスの感染拡大以降、従来以上に生活に欠かせないものとなっていると考えられる。

光ファイバー等の固定インターネット回線サービスや昨年開始された携帯電話の5Gサービス等、ユーザーのインターネット接続環境の選択肢が多様化していく中、今後の通信品質の満足度向上は不可欠とも言える。本調査では、モバイルルーター、ホームルーターともに通信品質の満足度が低いユーザーは、この先も引き続きモバイルルーター、ホームルーターでインターネットを行いたいという意向が減少する傾向が見られている。

今後のモバイルルーター、ホームルーターの市場維持・拡大に向けては、工事不要といった手軽さという特徴を活かしながら、あらゆる機器・サービスでインターネットが使われるという時代に合わせたサービス設計がより必要となろう。

安定したインターネット接続環境がこの先も益々求められていく中、モバイルルーター、ホームルーターにおいても次世代通信規格(5G)の活用等、通信品質の更なる向上が期待される。

J.D. パワー 2021 年モバイルルーター/ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度 No.1 を発表

総合満足度ランキングは下記の通り。

【モバイルルーターサービス顧客満足度調査】(対象6ブランド)

第1位:NTT docomo(616ポイント)

3年連続の総合満足度第一位。「通信品質・エリア」「端末・オプションサービス」「手続き・サポート対応」の3ファクターで最高評価。

第2位:楽天モバイル(586ポイント)

第3位:SoftBank(576ポイント) 

 【ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査】(対象3ブランド)

第1位:UQ WiMAX(553ポイント)

3年連続の総合満足度第一位。「各種費用」ファクターで最高評価。 

第2位:au(547ポイント)           

第3位:SoftBank(520ポイント)

《 J.D. パワー 2021年モバイルルーターサービス顧客満足度調査℠ J.D. パワー 2021年ワイヤレスホームルーターサービス顧客満足度調査℠概要 》

年に1回、モバイル通信回線網を利用してインターネットへ接続するWi-Fiルーター端末※の利用状況や各種 経験、満足度を聴取し明らかにする調査。今年で9回目の実施となる。

※2019年より、持ち運び可(バッテリー稼働)タイプの Wi-Fi ルーター契約者を対象にした「モバイルルーター」と据え置き型タイ プの Wi-Fi ルーター契約者を対象にした「ワイヤレスホームルーター」の2つに分けて調査を行っている。

実施期間:2021年4月下旬~5月中旬 ■調査方法:インターネット調査

調査対象:モバイルルーターまたはワイヤレスホームルーターを利用している人(18歳~64歳、世帯内選定関与者)

調査回答者数:モバイルルーターサービス:1,900人 ワイヤレスホームルーターサービス:1,100人

総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に 1,000 ポイント満点で総合満足度スコアを算出。顧客満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に、「通信品質・エリア」(37%)、「各種費用」(25%)、「端末・オプションサービス」(25%)、「手続き・サポート対応」(13%)となっている(カッコ内は影響度)。

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。