小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界で初めてFDAが承認!エーザイとバイオジェンが開発した「アルツハイマー型認知症治療薬」の気になる中身

2021.07.04

アルツハイマー型は、国内の認知症患者のおよそ7割程度を占めるとされ、海外でも多数の患者を抱えている。その医薬品の開発は抗がん剤以上に困難な領域とされてきた。

こうした中、6月7日、米食品医薬品局(FDA)はエーザイと米バイオジェンが共同で開発する『アルツハイマー型認知症治療薬』候補の「アデュカヌマブ」について、条件付きで承認を認めると発表した。治療薬としては世界初となり注目されている。

そこで今回は三井住友DSアセットマネジメントのマーケットレポート「世界初の『アルツハイマー型認知症治療薬』を承認」を紹介したい。

世界初の『アルツハイマー型認知症治療薬』を承認

6月7日、FDAはエーザイと米バイオジェンが共同で開発する『アルツハイマー型認知症治療薬』候補の「アデュカヌマブ」について、条件付きで承認申請を認めると発表した。

従来の認知症薬とは異なり、疾患そのものを治療する初めての『アルツハイマー型認知症治療薬』として世界で初めての承認となる。

同薬はアルツハイマー型認知症の原因物質とされるたんぱく質「アミロイドベータ」を除去する効果があるとされます。またバイオジェンは、年間治療費が5万6,000㌦(約610万円)となると公表した。

エーザイは認知症に経営資源を集中

エーザイは認知症領域に経営資源を集中してきた。1997年に認知症薬「アリセプト」を開発し欧米大手に先行した。ただ、同薬は認知機能を一時的に改善する対症療法にとどまり投与可能期間も短いことから、症状の悪化を長期的に抑制する治療薬開発を加速してきた。

エーザイとバイオジェンは「アデュカヌマブ」以外にも共同開発に取り組んでおり、『アルツハイマー型認知症治療薬』では、「レカネマブ」も臨床が進み期待が高まっている。

『アルツハイマー型認知症治療薬』の今後の検証に注目

『アルツハイマー型認知症治療薬』の潜在的な市場規模は大きく、「アデュカヌマブ」への期待が高まっている。

承認に意外感があり、発表を受けてエーザイ株は3営業日後の6月10日に6月7日終値に比べ約40%上昇して寄り付きたが、その後不安定な値動きになった。

この背景にはFDAが販売後にも検証試験を実施しデータを提出することを企業側に求め、場合によっては承認を取り消す可能性も示唆したことや、高い薬価の影響など専門家の間で同薬への評価が定まらないことなどがある。今後の検証結果などが注目される。

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。