小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

GMと鉄道車両製造大手ワブテックが「アルティウム」バッテリーとHYDROTEC水素燃料電池を共同開発

2021.07.03

ゼネラルモーターズ(GM)と米国・鉄道車両製造大手のワブテック(WAB)は、ワブテックの機関車向けにGMの「アルティウム(Ultium)」バッテリーテクノロジーおよびHYDROTEC水素燃料電池システムを共同で開発し、商業化すると発表した。

ワブテックのCEO兼社長のラファエル・サンタナ氏は、次のように述べている。

「鉄道業界は、機関車の動力源にバッテリーや水素を導入することにより、持続可能な変革を遂げようとしています。当社が開発した世界初の100%バッテリー駆動機関車のFLXドライブ機関車は、容量が6MWhでの運転時に二酸化炭素排出量を最大30%削減できる可能性を証明していますが、それだけで終わりではありません。GMと協力して、『アルティウム』バッテリーおよびHYDROTEC水素燃料電池の技術を開発することで、この2つの重要な駆動技術を活用し、鉄道業界の脱炭素化とゼロエミッション機関車への移行を加速することができます」

GMとワブテックは、輸送におけるゼロエミッションの未来という両社共通のビジョンを推進するための基本合意書を締結した。ワブテックは、エネルギー管理とシステム最適化における専門知識を生かして、GMの先進技術を最大限に活用した重量物運搬機関車向けのソリューションを開発する。

GMの社長、マーク・ロイス氏は、次のように語った。

「鉄道ネットワークは、交通手段として、またGMが北米全土のお客様へサービスを提供する上で極めて重要です。重量物運搬機関車およびその他の機関車を脱炭素化するというワブテックの大胆な計画は、我々のビジョンである『無事故、ゼロエミッション、混雑ゼロ』の世界の実現を後押しします。GM の『アルティウム』バッテリーおよびHYDROTEC水素燃料電池システムを導入するというワブテックの決定は、GMの先進技術の有効性を検証し、その汎用性を示すものです」

GMの「アルティウム」バッテリーテクノロジーは、鉄道に必要な柔軟性、効率性、パワーおよび信頼性の提供が期待されている。GMとLG Energy Solutionとの合弁会社であるUltium Cells LLCは、現在、オハイオ州とテネシー州にバッテリーセル工場を建設している。

GMのHYDROTEC水素燃料電池パワーキューブは、コンパクトでパッケージしやすく、機関車を含む広範な用途に使用することができる。HYDROTEC燃料電池システムは、世界中から調達される部品を用いて、ミシガン州ブラウンズタウンにあるGMとホンダの合弁製造会社のFuel Cell Systems Manufacturing, LLC で組み立てられる。

関連情報:https://www.gmjapan.co.jp/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。