小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スピーディーな決済を体験できるVisaのタッチ決済に対応したスマートリング「EVERING」

2021.07.03

2021年622日にVisaのタッチ決済対応のスマートリング『EVERING』のメディア向け先行体験会が開催された。『EVERING』は20215月の先行予約で3000個を即日完売した人気アイテム。そんなリングでの決済をいち早く体験してきた。

日本初!Visaのタッチ決済対応のスマートリング

今やスマホ1つで様々な支払いができるようになってきた。スマホ決済は非常に便利。だが慣れるに従って、アプリを立ち上げること自体が煩わしくなってくるのも事実。そんなストレスを解消してくれるアイテムがスマートリング『EVERING』だ。

EVERING』の名前の由来は“Everythingにつながるリング”。コンセプトは“Less is smart.”で、体験会に登壇した同社の代表取締役 CEO 川田健氏は、「日常生活の中のいろいろなムダやわずらわしさをこのリングで削ぎ落とし、それによって生まれた時間をより自分の幸せにつながる時間にあててもらいたい」と開発意図を語った。

『EVERING』の紹介を行なう共同経営者 代表取締役 CEO 川田健氏。

例えば普段はあまり意識していないが、1日にスマホを持ち上げる回数は平均56回もある。決済にかかる時間は現金が28秒、QRコード決済が17秒、クレカが12秒なのに対して、かざして支払う非接触決済は8秒。身に付ける『EVERING』はスマホを取り出す必要がなく、リングを決済端末にかざすだけで8秒で決済できる。この決済体験をすることで、これまでいかに決済に時間がかかっていたのかが実感できることだろう。

『EVERING』19800円(有効期限4年間)、リングサイズは17種類。

決済の仕組みは、リング内にNFC(近距離無線通信技術)機能を搭載。Visaのタッチ決済を使って支払う。Visaのタッチ決済は大手コンビニのほか、スーパー、ドラッグストア、ファストフード、カフェなど様々な店舗で利用可能。

セットで利用するアプリ内に、国際標準のセキュリティ認証技術があるVisaプリペイドカードを発行。チャージはVisaMastercardJCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの主要クレジットカードが対応し、チャージ限度額は13万円、1か月12万円となる。アプリではチャージや残高の確認のほか、紛失した時などには利用停止もできる。

『EVERING』の様々な特徴。

リングの素材は人工骨や義歯にも使うジルコニアセラミックを採用。アレルギーを及ぼしにくく高硬度、耐久性がある。5気圧防水なので普段の生活において取り外すことなく、外出から帰ってきた時にもリングをしたまま手が洗える。川田氏はプロトタイプを含めて2年以上リングを付けており、「シャワーやお風呂、プールなどでも問題ありません」と言う。

この『EVERING』の最大の特徴は充電が不要なところ。決済端末から電波を受けてそれに反応して決済が行われる仕組みなので、充電を気にせずずっと身に付けていられる。まさにストレスフリーなリングというわけだ。

都内4箇所のポップアップストアで『EVERING』を体験できる

スマートウォッチからさらに進化したスマートリング『EVERING』。体験会で実際に決済を体験してみたのだが、リングをはめた手を決済端末に持っていく途中で決済が完了になるなど、あまりの速さに驚いた。この反応の良さは決済端末によって異なり、自販機などは多少、時間がかかることもあるのだそう。

リングのNFC機能が反応しやすいよう決済端末に対して水平にリングをかざす。

リングのデザインは至ってシンプル。やや丸みを帯びているところがもう少しスッキリするといいなと思ったが、リングの中にNFC機能が内蔵されているので、厚みは現時点ではこれが限界なのだそう。カラーはブラックに加え、年内にホワイトの発売も予定。また、現在は決済機能のみだが、年内を目途にスマートロックとしても利用できるよう開発を進めていると言う。

『EVERING』の一般発売は9月を予定。その前に先行予約した人に送付される。現在、都内4箇所でポップアップストアを展開中。リングのフィット感や決済を体験でき、蔦屋書店では先行予約も受け付けているので、興味のある人は訪れてみて欲しい。

●EVERING先行予約 特設ポップアップストア
<六本木 蔦屋書店> ~715日(木)9:0020:00
東京都港区六本木6-11-1
https://store.tsite.jp/roppongi/

<代官山 蔦屋書店> ~731日(土)9:0020:00
東京都渋谷区猿楽町16-15
https://store.tsite.jp/daikanyama/

b8ta Tokyo Yurakucho> ~820日(金)11:0019:30
東京都千代田区有楽町1-7-1
https://b8ta.jp/

b8ta Tokyo Shinjuku Marui> ~820日(金)11:0020:00
東京都新宿区新宿3-30-13
https://b8ta.jp/

 

EVERING
https://evering.jp/

 

取材・文/綿谷禎子

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。