小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

ホンダが北米エリアに投入するEVラインアップ第1弾となるSUVの名称を「プロローグ」と発表

2021.07.04

ホンダ「プロローグ」

ホンダは、北米地域における将来の電気自動車投入計画を公表し、その中で2024年初めにホンダブランドから発売予定の電気自動車(EV)の名称が「PROLOGUE(プロローグ)」となることを発表した。これは、2040年までに北米で100%ゼロエミッション車を販売するという同社のビジョンにつながる新しい電動化を示しており、まったく新しいSUVが登場する。

同社は「プロローグ」に加えて、2024年中にアキュラブランドからもEVのSUVを導入する予定。いずれのモデルも、ゼネラルモーターズ社(GM)の「アルティウム」バッテリーを採用した両社共同開発のモデルとなるという。

さらに、今回発表する2つのモデルに加え、今後ホンダが開発を主導する新EVプラットフォーム「e:Architecture」を採用したモデルを2020年代後半に投入予定であることも明らかにした。

アメリカン・ホンダモーター上級副社長、デイブ・ガードナー氏は以下のように述べている。

「ホンダが電動化に向けた舵を切るための最初の量販EVとなる新型SUV、プロローグは、その名のとおり、カーボンニュートラルの実現に向けた先駆けとなる重要なモデルです。このプロローグを、ホンダならではの優れた機能性と実用性を備えた、魅力的な製品としてお客様にお届けします」

2021年4月の三部敏宏社長就任会見のとおり、2050年にホンダが関わる全ての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルを実現するため、北米地域においても、2040年までにEV・FCVの四輪販売比率100%を目指すとしている。

関連情報:https://www.honda.co.jp/

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。