小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新進気鋭のクリエイターが団地で起こる「ふしぎ」を描いた話題のイラスト

2021.07.02

団地で起こる「ふしぎ」を描く新進気鋭のクリエイター

団地とは、共同住宅の集合体のこと。マンションとはまた違ったその雰囲気に、なんとなくノスタルジックを感じる人も少なくないでしょう。

今回ご紹介するクリエイターは、そんな団地の中で巻き起こる「すこしふしぎなできごと」をテーマに描く丸紅茜(@malbeniakane)さんです。

SNSやメディアを通じて世界中の人を虜にした、普通とは違う団地のイラストをご覧ください。

団地で起こる「ふしぎ」の数々

—私ほんとは飛べるんだ I can fly actually

—おちてた fallen

—そう本性は獣 Slay together

—大怪獣の夜に Night of the big monster

特徴的な色づかいとアニメーション映画を思わせるタッチ、何より日常のすぐ隣で起きているファンタジックなストーリーに、思わず引き込まれてしまうのでした。

団地とファンタジー

丸紅さんのツイッター・インスタグラムの総フォロワー数は18万人に上り、国内のみならず海外からも日々たくさんのメッセージが届く人気クリエイターです。

しかし彼女、実は数年前までは普通の会社員で、編集者として働く傍ら趣味で同人誌やイラストを公開されていたそう。ご本人曰く「趣味が高じすぎた」おかげで(笑)、ぐんぐん活動の幅が広がっていったのだとか!

近頃は書籍の表紙やアーティストへのイラスト提供などでもご活躍されている他、2019年にはイラストメイキング&ヴィジュアルブックが発売されました。

人を惹きつけて止まないその発想のルーツについて尋ねてみたところ、「もともと “日常の中の非日常” や “すこしふしぎ” 的な要素の題材が好きだった」という彼女。上京してから長く住んでいる東東京には団地が多く、東京らしい風景だと興味を惹かれていたのだそう。

ある時ふとしたきっかけで絵に描いてみたら発想と風景が上手くハマり、どんどんアイデアが湧いてきて今に至るのだと、教えてくれました。

「団地は公共と私的な空間、古いものと新しいものなど様々な境界になる場所で、ファンタジーとは相性がいいと思っています」

そんな丸紅さんの目を通して描かれた団地には、確かにファンタジーとロマンが詰まっているのでした。

■イラスト提供 丸紅茜さん

那覇市出身、東京在住。趣味が高じすぎた会社員。団地の中で起きる不思議なできごとを描いている。

■インスタグラム https://www.instagram.com/malbeniakane/

■ツイッター https://twitter.com/malbeni

■ウェブサイト https://malbeni.com/

文/黒岩ヨシコ

編集/inox.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。