小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ヘアドネーション」活動を応援するジュースの自販機を発見!

2021.07.02

ジュースを買ってヘアドネを応援できる自販機を発見!

髪を伸ばし、切って寄付する「ヘアドネーション(ヘアドネ)」という言葉が知られるようになりました。

集まった髪は、病気などで髪を失った人のための医療用ウィッグ(かつら)としてプレゼントされるという話。ヘアドネのために髪を伸ばす男性も増えているらしく、先日、「岩手県の小学生の兄弟がヘアドネのために髪を伸ばしている」というニュースが話題になりました。

ただ、「事情により髪を伸ばせない」という人も少なくないはず。髪を送る以外の形で参加したいなら、売り上げの一部が寄付される自販機があります。

たとえば、ここ錦糸町。錦糸町スクエアビル8階の「アデランス錦糸町」(東京都墨田区江東橋3-10-​8)に、「ヘアドネーション支援自動販売機」があります。

この取り組みは、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社の1人の社員がヘアドネに共感したことからスタートし、現在、全国に数十のヘアドネーション支援自動販売機が稼働中とのことです。

ヘアードネーションを知っている?基本をおさらい

ヘアドネという言葉を知っていても、詳しいことをほとんど知らない人もいるのでは。おさらいすると、ヘアドネとは、「美容室で髪(hair)を切り寄付(donation)し、それを原料にして作られる医療用ウィッグを贈る活動のこと。1990年代、アメリカではじまったといわれています。

医療用ウィッグとは、病気や事故などで髪を失った人が使うウィッグ(かつら)のこと。日本では、大阪のNPO法人「Japan Hair Donation & CharityJHD&C=ジャーダック)」がヘアドネの先駆的な存在。人毛100%のオーダーメイドフルウィッグを、必要とする18歳未満の子どもに無償提供しています。過去には水野美紀さん、柴咲コウさん、ベッキーさんなどもヘアドネに参加しました。

ヘアドネの基本的な流れは、髪を31cm以上伸ばし、美容室でカットしてもらうだけ。美容室は、ジャーダックの活動に協力している「賛同サロン」でも、行きつけや近所の美容室でもOK。賛同サロン以外なら、予約時に「ヘアドネーションがしたい」旨を伝え、ジャーダックがサイト内で公開している「ヘアドネーションの方法」というPDF資料を読んでもらいましょう。

ヘアドネ団体「ジャーダック」に聞いてみた

パーマや縮毛矯正をしていてもヘアドネはできる? 1人のウィッグを作るのに何人分の髪の毛が必要なんだろう? 調べているうちに、さらに詳しいことが知りたくなり、ジャーダックに聞いてみました。

Q: パーマやカラーをしている、複雑なカットをしていて長さがバラバラなど、髪の状態は人それぞれですが、ヘアドネはできますか?

A: 極端なダメージがなければ、カラー、パーマ、ブリーチヘアの髪もご寄付いただけます。カット後は毛束にされますが、その中に含まれる31cm未満の髪の毛は、シャンプーやトリートメント剤、カラー剤の開発用の材料、美容師さんの練習用カットマネキンの素材として販売し、ウィッグ提供費用になります。

Q: 1人のウィッグには、何人分の髪の毛が必要なのでしょう?

A: ウィッグの髪の長さやヘアスタイルによりますが、1体を製作するのに約50名分のヘアドネーションが必要です。ロングヘアのウィッグの場合はさらに多く、約100名分を使うこともあります。

Q: ヘアドネに賛同する美容室は、現在何軒ぐらいありますか?

A: 活動に賛同し、協力してくださる理美容室のことを「JHD&C賛同サロン」と呼びます。2021616日現在、国内外に4760店の賛同サロンがあります。

Q: 男性も増えているそうですね。

A: はい、ヘアドネーションは年齢、性別、国籍、髪質や髪色を問わずご参加いただけます。当団体に寄せられるヘアドネーション全体の11.5%が男性からのご寄付で、少しずつ増えてきています。 

シャンプーや本を買って活動を応援!

ジャーダックでは、知られざるロングセラーアイテムがあります。それは、売り上げの一部が寄付される「ヘアドネーションシャンプー」。


ヘアドネーションシャンプー2800(税別 300ml)

売り上げが好調に推移していることを受け、現在は「ヘアドネーションコンディショナー」を開発中。シリコンフリー、合成添加物・防腐剤・保存料・香料不使用で、ウィッグのケアにも最適とのこと。シャンプー、コンディショナーともに、収益の全額が寄付されます。

それから、2021618日には、ジャーダックが監修を担当した書籍『31cm』が発売に。こちらも、印税は全額寄付されるとのこと。髪を切らずに人を助けるボランティアも、いいものですよね。


書籍『31cm』 2,000円+税

さて、ジャーダックの依頼を受け、実際にウィッグを製作するのは、総合毛髪関連企業のアデランス。同社では、先ほど紹介した錦糸町だけでなく、新宿の本社前などにもヘアドネーション支援自動販売機を設置しています。

聞くと、「日本で集められた髪は、中国にあるジャーダックの提携工場に送られ、キューティクルをはがし、きれいにトリートメント加工をしたのちに、アデランスのタイ工場に送られます。タイの工場でウィッグになります」とのこと。誰かのために伸ばした髪が中国、タイを旅して日本に返ってくるとは、なかなか壮大なプロジェクト。これからさらに、ヘアドネの輪が広まりますように。

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック) https://www.jhdac.org/

取材・文/木村悦子
小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。