小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【5分でできるおつまみレシピ】にんじんのラペ

2021.07.03

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

 今回紹介するのは、にんじんのラペです。“ラペ”なんて聞くと、なにやらどこかのお洒落なレストランで見かけるメニューのようで、『いやいやそんな、家飲みのつまみに作るようなもんじゃ…』と思われるかも知れませんね。でも、全然そんなことはないんですよ。名前負けしてはいけません。いわゆるフランスの家庭的なお惣菜ですから。ラペとはフランス語で、「(おろし器で)~をおろす」という意味で、つまりは“にんじんを擦りおろした料理”ということ。料理としては、にんじんを擦りおろしてドレッシングで和えることでできるのですが、それに使う調味料が洋風の調味料を使ってるだけなので結局はとてもシンプル。火を使う必要もないのですぐにできちゃいますよ。軽いおつまみが欲しくなったときにはお勧めの一品です。ぜひお試し頂ければと思います。

それでは、用意する主な材料はコチラ!

にんじんのラペ

-使用材料- 材料費
・人参 1本(60円)
・くるみ 少々(30円)
・塩 大さじ1
・マスタード 大さじ1
・白ワインヴィネガー 大さじ2
・はちみつ 小さじ1
・ホワイトペッパー
・オリーブオイル 大さじ2
・パセリ粉 少々
(材料費 約90円。調味料等は材料費に含めず)

お料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、人参の皮を剥き、ヘタを落としておろし器で擦る。

★POINT
今回使ったおろし器は人参しりしりを作る時用のおろし器です。チーズのおろし器などでも構いませんので、切断面が荒くなるような千切り器でおろして頂ければと思います。

擦った人参に塩をして軽く揉み、しばらく馴染ませて水分を出す。

★POINT
野菜に塩をすることで塩が細胞に浸透し、浸透圧の変化で脱水作用が起きます。これによって野菜のアクをあぶり出す効果、さらには細胞が壊れるので野菜を柔らかくする効果が生まれます。

【2:30経過】

2、くるみは粗みじん切りにする。

★POINT
麺棒などで叩いて砕いても構いません。

【3:00経過】

3、ボールにマスタード、白ワインヴィネガー、ハチミツ、ホワイトペッパー、オリーブオイルを入れてよく混ぜる。

★POINT
ドレッシングを作るにはつなぎとなる乳化剤が必要ですが、今回はそれをマスタードが担ってくれているので分離する心配はありません。物によっては混ぜる順番などを慎重に考えないといけないドレッシングもありますが、これに関しては気楽にテキトーに混ぜていただければけっこうです。

【3:30経過】

4、塩をしていた人参をキッチンペーパーで包んで搾り、余分な水分をできるだけ取ってからドレッシングのボールに入れて和える。

★POINT
人参を握りつぶしてしまうほどではありませんが、できる限りギュゥ~! っと絞って水分を落としましょう。水分が残っていると味がボヤけてしまう原因となります。

ドレッシングと和えたら味見をし、塩分加減が足りなければ塩を追加する。味が決まればクルミも加えて軽く和えればできあがり! お皿に盛って、さらにクルミ、パセリ粉を飾り付けて完成です!

【5:00経過】

 いかがでしょうか。ヴィネガーのさっぱりさの奥にはマスタードの風味、人参の甘味と旨味が感じられます! 塩分控えめにしておけばバクバク食べられる食事的な一品になるし、少し強めにすればチビチビ食べられるおつまみになりますよ。アンチョビなんかを追加すればさらにコクがUPしそうですね! 白ワインを飲みながらのアテに良さそう~。ぜひチャレンジしてみて下さい! それでは今宵も、よいお酒を♪

『お料理うんちくツイート』~塩でアク抜きするにも加減を考えなきゃいけない~

 今回の記事では、野菜に塩をすることで浸透圧が生まれると紹介したが、全ての野菜において同じ塩分量で同様の浸透圧がかかる訳ではない。そもそもの野菜の細胞の強さや、野菜自体に含まれる水分量によって差が生まれるからだ。水圧の単位としてMpa(メガパスカル)が使われるのだが、たとえば、白菜(0.49Mpa)、きゅうり(0.63Mpa)、茄子(0.73Mpa)、人参(1.46Mpa)といったように、それぞれの野菜毎には浸透圧の差がある。塩分濃度2%の塩水の場合だと1.72Mpaの浸透圧を持つことになるので、もし前出の野菜全てをこの塩分濃度2%の塩水に浸けたとしても、各野菜における脱水作用には大きく差が生まれるのだ。つまりは、塩によるアク抜きをする際は、野菜の硬さに応じて塩分を加減する必要があるということだ。

ムッシュ・フジタ

この連載をまとめた電子書籍が登場! 「週末5分メシ」

@DIMEの人気連載ムッシュ・フジタ氏の「5分でできるおつまみレシピ」から週末家族にふるまうのにオススメの簡単お手軽レシピをピックアップし、全50品という大ボリュームでまとめました。手軽に作れるレシピばかりなので、コロナ禍により在宅時間も増えた昨今、在宅勤務時のランチにもオススメ! それぞれのメニューが5分のタイムトライアル形式で解説されていますので、楽しみながら作ることもできます。是非試してみてください。

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから
詳細はコチラ

文/ムッシュ・フジタ

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。