小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナの流行は20~40代の生命保険加入意向にどんな影響を与えたか?

2021.07.02

エイチームフィナジー「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査2021」

新型コロナが流行している今、「自分にもしものことがあったら……」と頭によぎった経験、あなたにもあるのではないだろうか?

もしもの時の備えといえば、生命保険だが、実際のところ、コロナ禍を契機に生命保険への加入を検討し始めた人はどれくらいいるのだろうか?

株式会社エイチームフィナジーではこのほど、2020年1月以降に生命保険に加入した20代から40代の男女388人を対象に「新型コロナウイルス感染症の流行による生命保険加入への影響調査2021」を実施した。詳細は以下の通り。

新型コロナウイルス感染症の流行前には、生命保険への加入を検討していなかった人は14.2%

はじめに、新型コロナウイルス感染症の流行前から生命保険への加入を検討していたか質問したところ、約8割の方は「はい(元々生命保険への加入を検討していた)」と回答した。今回の調査対象の大多数は、新型コロナウイルス感染症の流行以前から生命保険の加入を検討していたことがわかった。

また、その一方で、14.2%は新型コロナウイルス流行前には生命保険への加入を検討していなかったところから、生命保険の加入に至ったことが見て取れる。

新型コロナウイルス感染症の流行が7割以上に影響

続いて、今回の新型コロナウイルス感染症の流行が、どの程度生命保険加入に影響したのかを調査した。

「新型コロナウイルス感染症の流行は、あなたが生命保険に加入及び検討することに影響を与えましたか」と質問すると、「かなり影響を与えた」23.6%、「やや影響を与えた」38.1%、「影響を与えた」10.2%という結果となり、7割以上の人が「新型コロナウイルス感染症の流行」は生命保険加入に影響を与えたと感じていることがわかった。

新型コロナウイルス感染症の流行が始まった2020年に、同様に調査実施した結果と比較したところ、「かなり影響を与えた」が35.0%から23.6%と低くなっているのに対し、「やや影響を与えた」が31.3%から38.1%と増加、「影響を与えた」が6.5%から10.2%へ増加している。

これらの回答から、影響の度合いは弱まっているものの、引き続き同等程度の割合の人が「影響を受けた」と感じていることがわかった。

【2020年の調査データ】 https://www.navinavi-hoken.com/articles/life-entry-covid19

新型コロナウイルス感染症の流行が影響を与えたと回答した人の生命保険選びのポイントは、自分や家族の「生活維持」

前問にて、「新型コロナウイルス感染症の流行が生命保険の加入に影響を与えた」と回答した人に対して、どのように影響を与えたかを質問した。

最多の回答は「罹患時の収入減に備えること」(48.9%)、次いで「万が一の際に遺された家族の生活費、教育費」(47.4%)、「罹患時の医療費(治療費入院費)に備えること」(46.7%)という結果に。
この時期に生命保険に加入した人の生命保険選びのポイントは、新型コロナウイルス感染症に自分が罹患した際にも、自分や家族の生活に備えられるということのようだ。

約6割(58.9%)の人がコロナ禍に生命保険を「追加で加入」

今回の保険加入以前の生命保険の加入状況と、その生命保険の現在の加入状況について質問したところ、以前にも生命保険に加入しており、今回新たに追加加入した人が約6割(58.9%)という結果に。その他、「以前の生命保険を解約し、新たに加入した」と回答した人が28.3%、「今回初めて加入した」という人が12.3%という結果となった。

また、新型コロナウイルス感染症流行以降(2020年1月以降)に加入した生命保険の種類を質問したところ、最多は「医療保険」(55.6%)、次いで「がん保険、三大疾病保険」(46.7%)、「収入保障保険」(27.0%)、「終身保険」(24.4%)となった。加入した生命保険の種類に関しても、昨年の調査結果と比較してあまり変化がないことが見て取れる。

非接触型の検討・加入手段を選択している人も多数

最後に、今回の生命保険の検討・加入の手段について調査した。その結果、「来店型の保険相談を利用」「訪問型の保険相談を利用」「元々の担当者、または付き合いのある保険会社の担当者から加入」といった直接や対面の方法を利用したという回答が各36%程度となった。

一方、「オンライン面談」「インターネット専用、通販型」「オンライン+対面」といったオンラインやインターネットも利用したという回答が各20%前後となった。

その中でも、直接会わずにオンラインのみで相談できる「オンライン面談を利用」と「インターネット専用、通販型の生命保険商品を利用」と回答した人は人数にして、計162人と、少なくない人数が生命保険の検討・加入に非接触型の方法を選択している。コロナ禍において直接会わずに検討・加入ができる手段は、今後も注目を集めることが予想される。

<調査概要>
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:2020年1月以降に生命保険に加入した20代から40代の男女
調査期間:2021年5月7日~2021年5月10日
調査エリア:全国
サンプル数:388名

出典元:株式会社エイチームフィナジー
https://finergy.a-tm.co.jp/

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。