小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

放置された竹林問題について考えるきっかけに!一度食べたらヤミツキになる絶品「延岡メンマ」

2021.07.02

森林所有者の高齢化や担い手不足により、管理が行き届かず、放置されている竹林が各地で社会問題になっているそうだ。

竹は成長スピードが早いため、森に入る日光を遮り、生態系を覆ってしまったり、根が浅く生えてしまったことによる地すべりなど、さまざまな問題を引き起こしているという。

そんな放置竹林という課題を“おいしく”解決しようと開発された国産100%のメンマがある。

それが、宮崎県・延岡産の孟宗竹(モウソウチク)を使ってつくられた“延岡メンマ”だ。

地元の農産物「七萬石とうがらし」と全国の鑑評会でも高い技術を評される渡辺味噌醤油醸造の「赤麦みそ」で味付けされた延岡メンマは、ごはんのお供にもお酒のつまみにもなり、一度食べたらヤミツキになる。

温暖な気候に恵まれた宮崎県の北部に位置する延岡市。

総面積の8割が森林という、自然豊かなこの土地で延岡メンマは誕生した。

延岡メンマを手掛けるLOCAL BAMBOO株式会社の代表・江原太郎さんは、この地に産まれ、育った。

東京農業大学を卒業後、都会のビルの屋上に農園を造る活動など様々なプロジェクトを手掛けていたが、3年前、地元の延岡に戻った際、実家の山に入ると、小さい頃見ていた風景と全然違うことに気が付いたという。

管理できずに、荒れ果ててしまった畑と山。

その中でも特に目についたのが、放置され、生い茂ったままの竹だった。

様々な問題を引き起こすこともあるが、大切な地域の資源でもある竹林。この竹を使って何か出来ないかと考え始めたことが、延岡メンマ誕生のきっかけとなった。

ラーメンに入っているような普段私たちが食べているメンマは、ほとんどが台湾産や中国産の麻竹(マチク)を原料にしていて、国産100%のメンマというのはとても珍しいという。

実際に取り寄せて食べてみると、ピリッとした味があとを引く。

やさしい歯ごたえもクセになり、箸が止まらない。

いわゆる、良く知っているメンマとは、一味も二味も違う味わいだ。

江原さんは、国産メンマの魅力を存分に味わってもらうためにと“延岡メンマの最高の食べ方”という購入した人達がより延岡メンマを楽しめるレシピも提案している。

禁断のメンマアイスを実食!

ごはんにそのまま乗せて温泉卵などと合わせて頂くメンマ丼やカルボナーラの材料にメンマを加えて作るメンマカルボナーラ

更には、アボガドとともにトーストに乗っけて食べるメンマトーストや禁断の組み合わせと呼ばれるバニラアイスにメンマを乗せて頂くメンマアイス

どれも気になるレシピばかりだが、その中でも一番気になる“メンマアイス”を試してみた。

恐る恐るバニラアイスと一緒にメンマを食べてみると…新感覚の味わいながら、驚きのおいしさ。バニラアイスの甘さと味噌のしょっぱさ、後から少しピリリとする辛みが絶妙なハーモニーをかなでる。これは、はまりそう。

販売方法も個性的だ。

オンラインでの販売に加え、昔からよく行われている、野菜の無人販売を現代風にアレンジしたという「ポスター店」もオープン。

ポスター店とは、その名の通り、ECサイトへのQRコードを載せ、「延岡メンマ1500円無人販売中」と書かれたポスターを壁に掲載したものだ。

ふとポスターを見かけた人が、すぐにその場で自分のスマートフォンを使って、商品の詳しい情報を見たり、購入することも出来る。

古くて新しいこの販売方法は、今の時代にフィットしていながら、どこかあたたかさも感じて心地が良い。

「社会問題にもなっている放置竹林の問題を“延岡メンマ”というものを通して、若い人にも知ってもらいたい。社会貢献に繋がる活動でも自分達が本気でおいしいと思えるものでないと意味がないと思ったので、味にもとてもこだわった。」と語る江原さん。

“あなたの食欲が森を育てます”がキャッチコピーの延岡メンマ。

今日も、延岡の森に想いを馳せながら、おいしくメンマを食べている。

延岡メンマ→https://nobeokamenma.com/

取材・文 モキマサヨ
煎茶道師範・ラジオDJ・@DIMEのサステナブル部部長(仮)
ポジティブになれるものやサステナブルなものをゆるっと生活の中に取り入れています。
https://www.instagram.com/moki98per/

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。