小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナが収束したら在宅勤務は週何日ぐらいがベストか?

2021.06.30

ロバート・ウォルターズ・ジャパン「コロナ収束後を見据えた勤務制度&職場準備」についてのアンケート調査

日本でもワクチンの接種が進み、わずかばかりではあるものの、コロナ収束の光明が見えてきた。そんな中、ビジネスパーソンは、コロナ収束後の出社(働き方)に、どんな期待と不安を抱いているのだろうか?

グローバル人材の転職を支援する人材紹介会社のロバート・ウォルターズ・ジャパンではこのほど、国内173社を対象に「コロナ収束後を見据えた勤務制度&職場準備」についてのアンケート調査を実施した。詳細は以下の通り。

【コロナ収束後の在宅勤務】週3~4日許可が最多、多くの企業「5割以上の社員が利用」と予想

今回のアンケート調査に回答を寄せた国内173社(外資系・日系グローバル企業)のうち、86%は「コロナ後も在宅勤務制度を継続する」と回答した。利用の上限設定は、週3~4日(42%で最多)、毎日(28%)などで調整を進めていることがわかった。実際に在宅勤務がどの程度利用されるかの見通しについては、「5~7割程度の社員が利用する」(33%)が最も多かったほか、「ほぼ全社員が利用する」と予
想する企業も29%あった。

【ハイブリット型への準備急ぐ】ITインフラ・人材育成に投資増やす

今後は出社・在宅を組み合わせた「ハイブリット型」勤務が主流となることが見込まれる中、コロナ収束後に投資を強化するものでは、Wi-FiやクラウドツールなどのITインフラ(42%)、一般社員トレーニング/スキルアップなどが挙がった。3割の企業では、ハイブリット型のチームで生産性を維持するための管理職向けトレーニングへの投資を予定している。

【オフィスの役割】コラボレーションを促す職場づくり広がる

今回の調査に回答を寄せた173社のうち、34%がオフィスの縮小・改装を予定していることもわかった。具体的な内容では、社員一人ひとりに自席を与えない「フリーアドレスにする」(61%)、「個人用デスクを減らし、共用スペース・ミーティングスペースを増設する」(59%)、「オフィスの総面積を減らす」(55%)の計画・着工が進んでいることがわかった。

今回の調査結果を受けて、ロバート・ウォルターズ・ジャパン代表取締役社長のジェレミー・サンプソン氏は次のようにコメントしている。

「コロナ下では電子署名・オンラインミーティングが普及するなど、デジタル化・効率化が加速したおかげで殆どの仕事がリモートでも行えるようになりました。しかし、在宅勤務には、同僚とのコミュニケーションの難しさ、孤立しやすさ、インスピレーション共有の乏しさといった課題が残ります。また、通勤に充てていた時間が有効活用できるなど、ワークライフバランス向上も多くの企業で実感されています。コロナ収束後に向けて、こうしたメリット・デメリットをもとに出社の目的が改めて見直され、コラボレーションの推進と帰属感の向上に重点を置く職場づくりが急速に進むでしょう。」

<調査概要>
調査期間:2021年5月12日~26日
対象:国内に事業拠点を持つ外資系企業・日系グローバル企業(人事担当者または経営陣回答)n=173社

出典元:ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
https://www.robertwalters.co.jp/

構成/こじへい

DIME最新号では「ワーケーション」を大特集!特別付録は超便利な「スマホシアタースタンド」

雑誌「DIME」8月号では「理想のワーケーション」と題し、コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を大特集。実践するビジネスパーソンに密着し、それぞれの魅力やメリット、デメリットを徹底紹介。また、特別付録に、スマホの動画を3倍に拡大表示して視聴できる「スマホシアタースタンド」がもれなく付いてきます。お早めにお買い求めください!

【参考】https://dime.jp/genre/1158160/

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。