小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

関西在住者と関東在住者でどう違う?観光のイメージが強い都道府県ランキング

2021.06.30

「産業」「暮らし」「観光」の3カテゴリから“47都道府県“のイメージを大調査

「観光スポットが多い」、「景観がきれい」など各都道府県に抱くイメージは人それぞれだ。そこでジェイアール東海エージェンシーは首都圏・関西圏 在住者約7,000人を対象に、「産業」「暮らし」「観光」の3カテゴリを軸に各都道府県の“イメージ”を明らかにする、『47都道府県ブランドパフォーマンス調査』を実施した。

産業イメージについて

47都道府県全体で最も産業のイメージが高かったのは「観光」。

首都圏在住者・関西圏在住者ともに1位「京都府」、2位「沖縄県」となった。3位、4位は順位は異なるものの「奈良県」と「北海道」、5位はどちらも「大阪府」となり、TOP5は、首都圏・関西圏で全て同じ道府県。TOP5のうち3府県が「京都府」「奈良県」「大阪府」と関西エリアに。

暮らしイメージについて

47都道府県全体で最も暮らしのイメージが高かったのは「この地域での暮らしは健康によさそう」。首都圏在住者・関西圏在住者ともに1位は「山形県」、2位は「秋田県」となった。3位以下は首都圏と関西圏で異なる都道府県が並び、首都圏では3位が「長野県」、4位が「栃木県」、5位が「山梨県」。関西圏では3位が「高知県」、4位が「島根県」、5位が「北海道」だった。

観光イメージについて

 

47都道府県全体で最も観光のイメージが高かったのは「景色・景観」。1位は首都圏在住者・関西圏在住者ともに「北海道」で、2位・3位は「沖縄県」と「京都府」が首都圏・関西圏ともランクイン。首都圏は4位「静岡県」、5位「長野県」に対し、関西圏では4位「鳥取県」5位「和歌山県」となり、4位以下はそれぞれ比較的近隣のエリアが選ばれている。

調査概要

調査方法:インターネット調査

調査対象者:首都圏および関西圏在住の男女20~69歳(性年代均等割付)

一人当たりこれまで住んだことのない5都道府県(ランダム)について回答

サンプル数:7,330(1県あたり730-1,000s)

調査期間:2021年3月26日(金)~3月29日(月)

調査内容:

・「産業」「暮らし・生活環境」「観光」それぞれの認知度

・業種別の産業イメージ

・暮らしや生活環境のイメージ

・観光イメージ

・旅行やワーケーション、移住先等としての興味・検討度

構成/ino.

DIME最新号では「ワーケーション」を大特集!特別付録は超便利な「スマホシアタースタンド」

雑誌「DIME」8月号では「理想のワーケーション」と題し、コワーキングスペースからサブスクホテル、2拠点生活、移住など、最新の〝働く場所改革〟を大特集。実践するビジネスパーソンに密着し、それぞれの魅力やメリット、デメリットを徹底紹介。また、特別付録に、スマホの動画を3倍に拡大表示して視聴できる「スマホシアタースタンド」がもれなく付いてきます。お早めにお買い求めください!

【参考】https://dime.jp/genre/1158160/

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。