小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

手軽にフードロスの削減に貢献できる注目のサービス3選

2021.06.26

まだ食べられるにも関わらず廃棄される「食品ロス」。国連サミットで採択された国際目標「SDGs(持続可能な開発目標)」の一つである「目標 12 つくる責任つかう責任」内では、「食品ロス」削減に向けたターゲットが設定されていることもあり、関心が高まっている。

国内では、手軽に購入して食品ロス削減の取り組みに貢献できる機会がぞくぞく生まれている。その中でも、新しいものを3つを紹介する。

ネスレコーヒーやキットカットを無人BOXで購入して貢献!

ビジネスパーソンにとって親しみやすいコーヒー。メーカーには納品期限というものがあり、まだ賞味期限内で飲めるのにも関わらず、スーパーなどの小売に納品できず場合によっては廃棄せざるを得ない現状がある。そんなコーヒーのロス削減に貢献できる企画が、このほど始まった。

それは、ネスレ日本が2021年6月17日にスタートさせた「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」だ。

みなとく株式会社が開発した冷蔵機能付きの無人販売機「fuubo(フーボ)」を活用し、通常の流通ルートで販売が困難になり、場合によっては廃棄される可能性があるネスレ製品を販売する。現在、「ネスカフェ 原宿」「新宿郵便局」「キラリス函館」「JRゲートタワー(JR名古屋駅)」「中国電力本社」の全国5か所に設置されている。

ネスカフェ 原宿に設置の「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」

●仕組み

ネスレは納品期限を超過したコーヒーやチョコレートなどの製品で、賞味期限の1~2か月前までのものを、みなとく株式会社へ出荷する。そしてみなとくが各食品ロス削減ボックスへ配送。消費者は、みなとく公式専用サイトから商品を購入し、現地に赴き、BOXから直接商品を取り出して受け取ることができる。

扱われる製品は、時期やタイミングによって種類が異なる。販売価格は、ネスレの通販サイトとほぼ同等の価格を実現しているという。

ネスレ製品例

また無人で製品を受け取れることから、コロナ禍の昨今においても非対面の安心感もある。

●消費者の利用方法

1.専用のWEBサイトにアクセス
2.BOXが設置されている場所を選択して好きな商品を選ぶ。
3.商品の賞味期限などを確認してから購入手続きに進む。
4.決済方法は、クレジットカード各種、Amazon Pay、Apple Pay、Google Payなどが利用可能。
5.購入が完了すると、登録しているメールアドレスにワンタイムキーが送られてくる。
6.BOXのある場所に行く。
7.BOXに貼られているQRコードをスマホで読み取る。
8.スマホの画面に表示されたフォームにワンタイムキーを入力して、BOXのドアのロックを解除する。
9.ドアを開けて商品を取り出す。

●設置場所(2021年6月現在)

・キラリス函館 北海道函館市若松町20番1号
・新宿郵便局 東京都新宿区西新宿1-8-8
・ネスカフェ原宿 東京都渋谷区神宮前1-22-8
・JRゲートタワー(JR名古屋駅) 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号JRゲートタワー
・中国電力本社 広島県広島市中区小町4-33

今後、BOXの設置場所を増やしていく想定だという。遠方でなかなか行けないという人も、身近なところで足を運べる範囲に設置されるのを心待ちにしていよう。

まだまだある!食品ロス削減に貢献できるサービス

食品ロスに貢献できる機会は、他にもぞくぞく増えている。新しく始まった2つのサービスを見ていこう。

1.「TABETE レスキュー掲示板」

フードシェアリングサービス「TABETE」を運営する株式会社コークッキングにおいて、2020年10月より全国直送サービスが始まった。TABETEは、まだ食べられるのにも関わらず廃棄せざるを得ない食品を、消費者がリーズナブルな価格で購入できるアプリだが、直接店舗に赴く仕組みである。それを、誰でも商品をネット購入できるよう新たに立ち上げたのが「TABETE レスキュー掲示板」だ。

2020年10月のサービス開始以来、食品ロスから「レスキュー」された商品数を順調に増やし、2021年5月末時点で10,000品を超えた。2021年5月の一か月間でレスキューされた量はおにぎり53,871個分相当の「5387.08kg」。CO2排出削減量は「9140.16kg」だった。

レスキュー掲示板には、ステーキ肉からうなぎのかば焼き、カツオタタキ。野菜や卵、米、レトルトカレー、お菓子の詰め合わせまで、多ジャンルに渡る。

人気の商品は、野菜のおまかせ詰合わせセットやかまぼこのセットで、レストランの廃業によって出品された生ハムの原木なども好評だという。

コロナ禍で店舗に赴くのをためらう昨今、ネット通販で割安に購入でき、さらに食品ロス削減に貢献できるのはありがたいものだ。

2.ブーケサラダ専門のデリバリー「スムサラ」

スムージーで食べるブーケサラダ専門のデリバリーサービス「スムサラ」が、2021年6月11日にスタートした。これは外食向けに青果の卸業を営むフードサプライが、コロナ禍で生じた飲食店の休業や時短営業の影響で行き場のなくなった果物や野菜の大量廃棄を救うべく、スパイスワークスとタッグを組んで始めた共同プロジェクトによるものだ。

生産者を救うのみならず、市場に卸すことのできない熟れ過ぎ果実や変形野菜等をスムージーに変化させることで、食材ロスを削減する意味もある。

将来的にフランチャイズ展開する想定だが、現在は、UberEatsの浜松町店・田町店・神楽坂店の3店舗でデリバリー利用ができる。

2種の選べるトッピングが付くスタンダードサラダ「スムサラ」のほか、食用花と2種の選べるトッピングが付く「ブーケサラダ」もある。

「ガーデンサラダ」1,580円(税込)

初心者におすすめなのは「ガーデンサラダ」というメニュー。基本のスムサラ(1,280円)にさらにアースミート(+220円)・キヌア(無料)・赤キャベツマリネ(無料)・ミニトマト(+110円)をトッピングされている(すべて税込)。

パイナップルやオレンジ、小松菜、人参などの果物や野菜で作られたスムージードレッシングは全部で6種類。

ブーケサラダ

届くサラダはビニール袋に入っており、そこにスムージードレッシングを入れて口を閉じ、シャカシャカと混ぜ合わせて付属の折り皿にサラダを盛り付け、アースミートやキヌアといったトッピングを盛り付けて食べることができる。

想定利用シーンは普段の食事の彩りの一つとして、または手土産やギフトとして。ターゲットは、コロナ禍で外出を控えている家族への気の利いたギフトを検討している30~60代の男性や、ホームパーティ、ママ会などに行く予定のある20~50代の女性。幅広い世代に提案している。

実際の利用客からは、「どんなものが届くのか気になっていたけれど、ビックリのボリューム。スムージードレッシングは甘酸っぱくてとっても美味しい」などの声が挙がっているそうだ。

【店舗情報(モデル店舗)】
日本初 スムージーで食べるサラダ スムサラ 浜松町店 (UberEats)
営業時間:11:30~20:00/定休日:日曜日
日本初 スムージーで食べるサラダ スムサラ 田町店 (UberEats)
営業時間:11:30~20:00/定休日無し
日本初 スムージーで食べるサラダ スムサラ 神楽坂店 (UberEats)
営業時間:月~金:14:00~23:00、土・日:12:00~23:00/定休日なし

食品ロス軽減のための社会貢献をしたいビジネスパーソンにとって、興味深いサービスを3つ紹介した。どれも美味しく飲み、食べながら貢献できる点もありがたい。興味のある食品からぜひ始めてみよう。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。