小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

求職者が注目している求人票の項目TOP3、3位雇用形態、2位仕事内容、1位は?

2021.06.28

求職者から応募をもらうためには、魅力的な求人票を作成する・スカウトメールを打つなど見てもらう工夫が必要だ。同じような募集条件でも応募数が変わってくる。

求職者にとって企業の第一印象が決まる求人票やスカウトメールはどのような部分で差がついてしまうのか。

そこでMS-Japanは、求職者にアンケートを行い、求人応募する際のポイントをスカウトメールと求人票の観点から調査した。

応募したくなるスカウトメールと求人票とは?

スカウトメールとは?

スカウトメールとは、求人サイトなどに登録している求職者に直接メッセージを送り、応募を促す採用手法だ。そのため応募が集まらない求人に対して、求職者にアプローチできる有効な手法となる。

求職者はスカウトメールのどこを見る?

では、実際にスカウトメールを受け取った求職者がメールのどの部分を見て、応募すると判断しているのでしょうか。アンケート結果を見てみよう。

第一位「求人概要の詳細」

「求人概要の詳細」と答えた方は半数以上。求人概要が分かりづらい求人では、仕事内容などのイメージが付きづらいため、応募対象から弾かれてしまう。

また希望年収よりも大幅に低い場合や希望職種ではない場合のスカウトメールにも応募対象から外れる。そのため、募集ポジションのペルソナを設定して、条件を満たしている方にスカウトメールを送るのが大切だ。

第二位「個人に合わせた内容」

「個人に合わせた内容」と答えた方は約8割でした。求人広告とは違い、アプローチしたい求職者へ直接メッセージを送れるのがスカウトメールの醍醐味。そのため、いかに"特別感"を出して、求職者に興味を持ってもらうかが大切になる。

第四位に位置する「件名」もそうですが、件名や本文でいかに求職者の興味を惹いて、最後までスカウトメールに目を通してもらうかが重要になってくる。

どうしてオファーしたのか、どのような部分で候補者のスキルや経験が自社とマッチすると思ったのか、など求職者へ寄り添った内容で個別にカスタマイズしていくことが求人応募の後押しに。

第三位「企業概要」

企業概要も注目している方が半数以上いる。ネット検索でも得られる情報のみを伝えるのではなく、今後のビジョンや社風なども伝えたほうがいい。

自分のスキルや経験を活かして活躍できるイメージを件名や本文で伝えた後は、「これからどのような会社にしていきたいのか」が伝われば、興味を惹くことができる。

応募に繋がる求人票を作るには

求人票とは?

求人票とは、募集職種の仕事内容や給与、待遇等の条件面を記載し、求職者が応募を決める際の判断材料にするものだ。そのため、表記が必須な項目や書いてはいけない項目など決まりが多いものの、他社と差別化した自社の魅力を伝えるために工夫する必要がある。

求職者は求人票のどこを見る?

では、実際に求職者は求人票のどこを見て、応募すると判断しているのか。

第一位「給与」

第一位は「給与」で、7割以上の方が注目していると回答した。やはり前職よりも収入をアップさせたいと考える求職者は多いようだ。求人応募してもらうために、まずは給与面で検討土台に上がる必要があるだろう。

第二位「仕事内容」

第二位「仕事内容」は、第一位とほとんど変わらず7割近くの方が注目していると回答した。自分自身のスキルや経験を活かせそうか、興味が湧く業務内容なのかなど、求人票を見た求職者が、入社後に働いている姿をイメージ出来るかがポイントとなってくる。

配属部署の業務内容だけでなく、実際に候補者が入社した場合に担当してもらう業務まで記載すると、より多くの応募に繋げることが出来るだろう。

第三位「雇用形態」

第三位「雇用形態」も重要な情報。求職者によって求める労働条件や雇用形態は変わるため、後々のトラブルを避けるためにもしっかりと記載したほうがいいだろう。

調査概要

調査期間:2021年2月19日~2月26日

調査方法:Manegy[マネジー]にてWebアンケートを実施

調査対象:Manegy会員577名

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。