小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で購入した人が増えた「婚約指輪」と購入した人が減った「結婚指輪」

2021.06.23

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックが発生した2020年以降に結婚したカップルは、結婚にまつわる消費行動について、以前と同じスタイルを行うことが難しくなっている。

そこでネクストレベルは、その実態を知るため「結婚にまつわるお金の使い方」について、パンデミック発生前の2019年以前と発生後の2020年以降で比較するアンケートを実施した。

「結婚式」など“コト”消費は減少、「指輪」など“モノ”消費が増加傾向

「結婚に関するもので、一番多くお金を費やしたものを選んでください」という質問をしたところ、2019年以前と、2020年以降では傾向に大きな変化が見られた。

「結婚式・披露宴」「新婚旅行」「フォトウェディング(前撮り・後撮りを含む)」は、いずれも2020年以降に減少していることが分かります。特に「結婚式・披露宴」は、2020年以前では半数弱のカップルが一番多くお金を費やしていたが、2020年以降はその割合が14.7ポイントも減少している。

また「新婚旅行」と「フォトウェディング」は、最も多くお金を費やした人が2020年を境に半減している。

人との接触や外出・移動が伴うことはいずれも減少していることから、移動の制限や外出の自粛要請が結婚にまつわる消費行動に大きく影響していると考えられる。

反対に、「家具・家電・インテリア」「婚約指輪」「結婚指輪」に最もお金を費やした人は、2020年以降に増加した。「家具・家電・インテリア」は6.6ポイント、「婚約指輪」は3.7ポイント、「結婚指輪」にいたっては14.7ポイントも増加。これらの項目は、一過性のイベントや行動ではなく、結婚生活で今後長く使用するアイテムであることが共通している。

今回の調査から、2019年以前と2020年以降の結婚にまつわる消費傾向は、イベントや行動などの“コト”消費から、長く使用する“モノ”消費へ変化しているといえそうだ。

結婚式は「家族だけ」「写真だけ」への移行は少なく、「しなかった」が増加

上のグラフは「結婚式をしましたか?(する予定ですか?)」という質問に対しての回答だ。

2019年以前と2020年以降を比較すると、「した」が減少し、「しなかった」が増加していることが分かる。2019年以前は「結婚式をした」人が64.3%だったが、その数値は2020年以降には53.3%と、11ポイントも減少した。

逆に「しなかった」人は2019年以前が15.3%で、2020年以降は28.9%と13.6ポイントも増加している。この数値から、「結婚式をした」人の減少幅の多くは「しなかった」に移行していると推測できる。

2019年以前と2020年以降を比較すると、「家族で食事」と「フォトウェディング」を行った人も減少していた。

このことから、パンデミック発生後は結婚式を縮小して行うという選択よりも、結婚式自体を「しない」という選択肢を選んでいる人が増えているといえそうだ。

婚約指輪は「購入した」が増加。結婚式に使わなかった予算分が指輪に

「婚約指輪」の消費行動についても聞いてみた。「婚約指輪」を購入した人を見ると、2019年以前は55.1%だったが、2020年以降は60%と4.9ポイント上昇している。

「婚約指輪」の平均金額は35万7000円(ゼクシィ結婚トレンド調査2020年より抜粋)と高価であることから、「結婚式」や「フォトウェディング」に費やさなかった予算を、結婚の記念となる「婚約指輪」に費やしたカップルが一定数いると考えられそうだ。

結婚指輪は「購入しなかった」が微増。セレモニーがないことが一因

結婚指輪は多くの人が男女ペアで購入し、結婚式などで交換の儀式を行う。

2019年以前は、結婚するカップルの94.9%が購入していたが、2020年以降、結婚指輪を購入した人は4.9%減少していた。ちなみに結婚指輪の平均価格は、ペアで25万1000円(ゼクシィ結婚トレンド調査2020より抜粋)と、婚約指輪同様に高価なものになっている。

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年以降「結婚にまつわるお金の使い方」は、大きく変化したことが分かった。

この状況がパンデミックの終息後にまた元に戻るのか、このまま結婚するカップルの金銭的な価値観の変化に繋がっていくのかは、まだわからない。

どのような社会情勢であっても、幸せになるために結婚するふたりの思いと、祝福する温かな気持ちだけは大切にしていきたいものだ。

調査概要
調査方法:インターネットアンケート
アンケート母数:計188名
実施時期:2021年5月13日~5月27日
調査実施主体:縁結び大学(https://jsbs2012.jp/date/
調査会社:ネクストレベル

構成/ino.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。