小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

制服、スーツ、マスク、スプレー、職場の感染対策に役立つ抗ウイルスアイテムの導入事例

2021.06.25

コロナ禍で感染予防のために、抗ウイルス仕様の生地を用いたユニフォームやまるごと毎日洗えるスーツなどに注目が集まっている。果たして見た目やデザインは? 業務にはどのように役立つ? 最新のものや、コロナ禍を受けて改めて活用されているものなど、実際の店舗や業務の現場でのユニフォームの導入事例を紹介する。

感染対策になるユニフォームの導入事例3選

1.ヤギの「VIBTEX UNIFORM」

ヤギの抗ウイルス・テキスタイルブランド「VIBTEX™(ビブテックス)」が、新たに2021年6月9日より、ユニフォームライン「VIBTEX™ UNIFORM(ビブテックス ユニフォーム)」の提供を始めた。

コンセプトは、「ウイルスと戦う、すべての世界市民を守る服」。“抗ウイルスユニフォーム”として、抗ウイルス機能を備えたさまざまなアイテムを展開していく。購入は1着から可能で、オーダーメイドは30着以上から可能だ。オーダー数によって、ロゴのプリントや刺繍などのカスタマイズができ、オリジナルユニフォームを制作してくれる。

使用される生地素材「VIBTEX」は、制菌防臭効果を兼ね備えた抗ウイルスの素材で、繊維上の特定のウイルスの数を減少させると共に細菌を減少させることで臭いの発生を防ぐ。また、かびの発生も抑制する。

第三者機関による機能試験において、ウイルスを生地表面上に接種後、2時間で特定のウイルス数を大幅に減少させることが証明されているという。

ラインアップはTシャツや長袖シャツ、スウェット、パンツ、ジャケット、コート、エプロン、マスクまで揃い、落ち着いた素朴な色合いと素材感が特徴だ。

●導入事例

今回のVIBTEX UNIFORMの発売を記念し、スマートクリニック「CLINIC FOR」、ホテル「HOTEL SHE, KYOTO」、フレンチレストラン「sio」、植物のプロ集団「SOLSO」の4社に、オリジナルユニフォームが寄贈された。それぞれコメントが寄せられている。

◆スマートクリニック「CLINIC FOR」

「新型コロナをきっかけに、これまで以上に感染症対策が重要となる医療現場で、抗ウイルス素材のユニフォームは、患者さまの安心にも繋がる素晴らしい取り組みだと思います。また、型崩れせず、柔らかな生地は、日々忙しく働く医療スタッフの快適な働きをサポートしてくれると思っています。」

◆ホテル「HOTEL SHE, KYOTO」

龍崎翔子L&G代表 コメント「抗ウイルス素材を使った制服を着用することで、お客様とスタッフ双方にとっての安心に繋がると思います。またデザイン的にもホテルの雰囲気に合ったスタイルで、カフェや清掃業務にも十分対応できる機能性も嬉しいです。」

◆フレンチレストラン「sio」

鳥羽周作シェフ コメント「安心安全もレストランにおける最低限のマナーです。スタッフの体調管理、定期的な検温、アルコール消毒。それだけではなく、触れているもの全てに気を使う。おしぼりにも抗菌加工しています。機能性だけではレストランにマッチしません。身につけるものはスタンスを表明するものでなければならないと思います。僕たちが考えるこの時代のUNIFORMの理想系でした。」

◆植物のプロ集団「SOLSO」

コメント「お客様と向き合う時間が多い私達の仕事において、VIBTEXが抗ウイルスというところがお客様に対してもスタッフにおいてもホスピタリティがあり良いと思いました。ストレスに感じがちなマスクもVIBTEXのものは伸縮性もあり、つけているのを忘れるような印象を受けました。その他のウェア類もさらっとした生地感で、アクティブに動く私達にちょうど良い着心地でした。」

同日、衣類・マスク用の持続型抗ウイルスコーティングスプレー「VIB Virus Guard」も新たに発売。乾燥後も効果が1週間持続し、抗菌、消臭効果が期待できる。あわせて活用することで、より安心感が生まれそうだ。

2.オアシススタイルウェアの「WWS」

“スーツに見える作業着”でおなじみの、オアシススタイルウェアが手がける「WWS(ダブリューダブリューエス)」は、スーツの見た目ながら、着用感の良さや動きやすさが魅力のブランドだ。コロナ禍においては、そのまるごと毎日洗える点が、清潔さを保てる意味で改めて注目を集めている。

●導入事例

そのWWSが、2021年1月11日、新型コロナウイルス対策として動画ソリューション業界の株式会社PLAYにスタッフユニフォームとして導入された。

PLAYは、配信プラットフォームを実現するプロダクト提供やシステム開発を中心に、現場のライブ配信サポートまで行う企業。その配信サポートチームの現場では、配信オペレーションだけでなく、クライアントのフォローから配信設備の設計など幅広い業務があるという。

そのPLAYのスタッフにWWSが導入された背景には、コロナ禍の外出自粛により、動画配信視聴時間が急伸したことや、各種イベントのオンライン化に伴い、配信環境の整備などの依頼が急激に増えたことがある。配信サポートチームの業務の幅が増えるなか、スタッフの自前の市販スーツだと作業時のストレッチ性や機能性が足りず、動きづらさや着疲れによる疲労につながっていたという。

クライアントの意向で、黒スーツ着用必須な現場もあったため、会社で機能性スーツを支給し、従業員の身体的・金銭的な負担を解決したいと考えた。

そこで、軽量で身体的な負担が少なく、ストレッチ性があり、幅広い業務に対応できる上に、毎日洗えることでクライアントの安心感も満たせるWWSを導入し、課題を解決した。

WWSの新たな活用用途が見出された事例といえそうだ。

3.チクマの抗ウイルスウェア

制服を得意とする繊維専門の総合商社であるチクマは、コロナ禍において事務服などのユニフォームに関しても抗ウイルスの要望が増えたのを受け、抗ウイルス加工素材の開発に着手し、このほど商品化した。

明るい印象のチェック柄の夏用オーバーブラウスとベストのシリーズには、衣服に付着する特定のウイルスの数を99%以上減少する抗菌×抗ウイルスの「CLEANSE®(クレンゼ)」というクラボウ社独自の加工技術を採用。機能成分に触れることで、繊維上の特定のウイルスの数を99%以上抑制し、また強い抗菌性も発揮する。

豊富なアイテムをそろえ、事務服からサービス業まで、さまざまな職種に対応できる、オールシーズン着用可能なシリーズには、衣服に付着するウイルス・細菌・カビをまとめて分解、抑制する、高濃度天然ミネラルを主成分とした「DEOFACTOR® Antivirus(デオファクター アンチウイルス)」加工を採用した。空気中の水分と反応して生成される活性酸素の強力な酸化力により、繊維上の特定のウイルスや細菌の数を抑制する、SEKマーク認定加工と呼ばれるものだという。

●導入事例

DEOFACTOR Antivirusについては、大手総合商社の受付やリゾートホテルのフロント、歯科医院の受付などにプルオーバー&スカート、ジャケット、パンツなどを導入した。

また、食品会社の事務服については、CLEANSEのオーバーブラウス、DEOFACTORのスカートを導入した。

DEOFACTOR Antivirus、CLEANSEそれぞれの素材の機能性のほかすべてに、ホームウォッシャブル機能や「フレックスリーブ®Ⅱ」という腕の稼働をサポートする独自カッティング、ポケット内布にCREANSE使用し、マスクなどの収納に最適な機能を搭載している。

導入の背景について、株式会社チクマ アルファピア事業部の馬渕智之氏は次のように述べる。

「弊社は安心・安全な職場環境創りの一助となればという思いから、昨年より抗ウイルス・ユニフォームの商品開発に注力してまいりました。レディースユニフォームゆえ、意匠性にもこだわり、かつ安心・安全・環境をテーマに開発いたしました。コロナ禍でリアル展示会の開催が叶わず、お客様にはWEB展示会やデジタルカタログにおいてご案内をいたしました。結果、お得意様より弊社商品開発へのご理解をいただき、さまざまなユーザー様へご提案いただき、ご成約に至ったことは、企画・生産・販売の思いが届いたと思っております。

今後も新型コロナウイルスの収束が見えない中で、ユーザー様のより良い職場環境となるお手伝いをさせていただきたく抗ウイルス商材の開発は継続してまいります」

抗ウイルス機能やウォッシャブルなど、感染対策になるユニフォームは会社・従業員ともに安心感を生み出すとともに、顧客に対しても安心・安全を提供する重要な役割を担う。今後はさらに機能性、デザインともに向上していき、あらゆる業界へと浸透するのを期待したい。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。