小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスコーチがアドバイス!コロナ禍で会社を辞めたい人の処方箋

2021.06.26

コロナ禍がきっかけで転職を考える人が多いことがアンケート調査により分かっている。会社を辞めたいと悩んでいるものの、なかなか決断できないという人も多いのではないだろうか。そこで今回は、一つのヒントとなるよう、ビジネスコーチのアドバイスを紹介する。

退職検討者の約6割が「新型コロナが影響」

日本労働調査組合が、2021年1月上旬~3月上旬の2回目の緊急事態宣言の影響による退職動機を調査するため、全国の20~49歳で会社員の男女523名を対象に「緊急事態宣言解除後の退職動機に関するアンケート」を実施したところ、退職を検討している人は全体の44.0%となった。

また退職検討者の中で緊急事態宣言、新型コロナウイルスが影響したと回答した人は59.1%にも上った。

今の会社で働き続ける場合の懸念は第1位が「給与・待遇不満」で36.5%、第2位が「収入不安」で28.1%、第3位が「職場の人間関係」で19.3%となった。

コロナ禍が原因で、給与や今後の収入面で不安になることが多いようだ。

【出典】日本労働調査組合「2回目の緊急事態宣言解除後の退職動機アンケート調査」

会社を辞めたい…2つの悩みの解決策は?

会社を辞めたいと思っても、特にコロナ禍では直接相談する先も限られているため、なかなか一歩を踏み出せないこともあるだろう。

そこで「会社を辞めたいけれど、なかなか決断できない」という人へのアドバイスを行っているコーチの河西香菜子氏に、2つの悩み別にアドバイスをもらった。

【取材協力】

河西 香菜子氏
前職で海外市場向け新規事業を任されるが、上司とのコミュニケーションがうまくいかずコーチングを学ぶ。それが「人生でやりたいこと」を考えるきっかけとなり、2016年会社を退職し独立。その後、「起業家育成プログラム」運営メンバーになるなど、起業家やこれから起業したい方の『自分らしい幸せな自立』のサポートに従事。
https://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1310ST0800

●ケース1『副業を本業化して一本化したい。会社を辞めるか迷っている』

(画像はイメージ)

―コロナ以前はオフィス出社勤務でしたが、コロナでテレワークに変わり、テレワークのほうが仕事がはかどることが分かりました。副業もやりやすいので、いっそのこと副業を本業にして一本で生活したいと思うようになりました。会社を辞めるか迷っていますが、どうすればいいでしょうか?

「迷っているなら、まず会社の規定範囲内でどんどん行動し、チャレンジしてみるのが良いと思います。しっかりと準備をし、どちらでも必ずやれると思えるまでになったら自ずと方向は決まります。

ただ、考えていきたいのは『人生にとって何が一番やりがいを感じることなのか?』『大切なことは何なのか?』を明確にすることかと思います。

会社を辞めたいと思う理由は何ですか? 今の会社では得られず、副業なら得られることは何でしょうか?

もちろん、時間やお金が今よりも自由になるからという理由もあると思います。ただ、人によってはお金を稼ぐことが原動力になる人もいますが、自分の本当の原動力は『お金や時間ではなかった』と後から気づく方も多くいます。

新しいことに触れることだったり、真心を込めた仕事をすることだったり、人と協力して何かをなしとげることだったり、人によって心が動く瞬間は千差万別です。

会社を辞めようかと迷うときは、『何をするか?』を考える前に、『何に心が震えるか?』『誰とするか?(どんなクライアントも含め)』と今一度自分と向き合う良いチャンスだと思います。

孔子は『詩に興(おこ)り、礼に立ちて、楽(がく)に成る』というほど、人生の最後は『調和』が大事だと言っています。調和とは一体感。目の前の人と気持ちの交流をし、気持ちに寄り添い、苦しみ・悲しみ・喜びを共有できたとき、君子になるということです。

あなたの人生にとって『そんな瞬間はどうやって誰と起こせるか?』『そんな瞬間は何をしているときか?』。そんなことが見つかってくると、自分らしい人生が揺るぎないものになっていくと思います。迷っている間は、どんどんと行動に移しながら、しっかりと自分と向き合う中で、どんな環境でも変わらない確固たる道を見つけていっていただけたらと思います」

●ケース2『会社のコロナ対応に納得がいかない。転職しようかと迷っているが……』

(画像はイメージ)

―コロナを受けて、自社の対応策を一通り見てきて、喜ばしい面も、悪い面も見えました。特に最近では、経営層や上司が下す判断にことごとく納得できないことが多いです。会社を辞めて転職するかどうか迷っているのですが、どうすればいいでしょうか?

「どうしてもその会社の方針と自分の方針が合わないときは、辞める決断もありでしょう。ただ、ご相談の中で一番重要なポイントは『ことごとく納得できない』という部分です。

これからも大きく情勢が変わる可能性の高いこの世の中で、その都度都度で自分の考え方とぴったりと合う会社がどれだけあるか?ということです。新しい会社に転職したとしても『納得できない』状況がまったくないとは言い切れません。そんな中、『何が自分の核となる部分で譲れないか?』『何なら話し合いで譲歩可能か?』など自分の優先順位を明確にすることは大切だと思います。

また、『ことごとく納得いかない』要素の分解も必要です。環境面、時間面、心理面、判断を下した人との関係性や伝え方など、一つのできごとでも色々な要素があり、その中の何に一番納得がいかないのか?をしっかりと説明できる人はあまり多くありません。

会社を辞めるかどうかの大切な時期だからこそ、しっかりと自分と向き合い、自分の意見や想いを明確にしていくことで、現状の打開へも転職へもより良い道へとつながっていくと思います」

会社を辞めたいと思っている人へのアドバイス

会社を辞めたいと思っている人は、さまざまな動機や環境下にいることだろう。そうした人々に対して、全般的なアドバイスを河西氏にもらった。

「資本主義社会の形が徐々に崩れを見せ始めている今、これまで重要視されていた『お金』や『肩書き』や『名声』などだけでは、人の幸せが測りにくくなっています。新しい価値観に移行している現代だからこそ、これまでの枠やルールに囚われず、自分の心に正直に、『自分の幸せを自分で決める』ことをより求められます。

多くの方が0か100かで考えがちですが、これからの時代はもっと選択肢も増えるでしょう。『今の会社はダメ、起業が良い』というのも一種の洗脳です。新旧を融合しながら、世間ではなく、自分にとっての幸せを選ぶ力を備えていきたいです。

そのために、やれる範囲内でどんどんと行動をしたり、本当に自分がやりたいことは何か? 一生をかけて追求できることは何か? などしっかりと自分とも向き合うことは今の時期、大切です。そういった準備ができるのも今しかないので、しっかりと時間をかけて向き合っていただきたいです。

そして、最終的に目指したいのは、変化の激しい時代だからこそ、『どんな環境であっても自分らしく居られる自分を創る』こと。チャレンジをし続け、自分の志と軸がしっかりと決まれば、最終的には今の会社であれ、副業であれ、自分らしい充実した人生になっていくのだと思います」

「会社を辞めたい」と思って一人で思い悩んでいる人は、ぜひヒントにしてみよう。

取材・文/石原亜香利

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。