小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1万円以下で購入できるTaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty Pro S10」のコスパを検証

2021.06.17

数万円することが当たり前だったワイヤレスイヤホンですが、近年は技術の進歩からか1万円を切る商品も登場し始め、多くの人が手を出しやすい製品となりました。しかし、安価なモデルの場合は音質や装着感などに不安が残るのもまた事実でしょう。

そこで今回は、比較的安価なオーディオ製品を多く販売している「TaoTronics」から発売中の1万円切り完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty Pro S10」を紹介していきます。低価格ながらポップなデザインに高音質を詰め込んだ、コスパの高いおすすめイヤホンとなっています。

TaoTronics SoundLiberty Pro S10は万人におすすめできる超コスパイヤホン!

早速、SoundLiberty Pro S10を実際に試してわかる装着感や音質について紹介していきます。

本製品はAmazonから購入可能で、執筆時点(2021年6月上旬)での販売価格は8999円とかなり安価。加えて現時点では2000円オフのクーポンも適用可能となっており、イヤホンにあまりお金をかけたくないという人にもおすすめできる製品です。

独特なカラーのボディは圧迫感のないインナーイヤー型を採用

イヤホン本体は白を基調としながら、側面に鮮やかなオーロラのようなグラデーションカラーを採用。イヤホンとしてはあまり見かけない配色ですが、唯一無二といった印象もあります。

本体は片耳約4.3gと比較的軽量なのも好印象。また、完全ワイヤレスイヤホンは耳の穴にしっかりと差し込むカナル型が主流ですが、本製品は耳に添えるようにして使うインナーイヤー型となっており圧迫感がないので、長時間使用していても耳が疲れにくいのが嬉しいポイントです。

ケースも白色で、総質量42gと軽量でコンパクトなサイズ感。白い製品は汚れが目立ちやすいのが気になるところですが、マットな素材を採用することで汚れが付着しにくい印象です。

また、本体はIPX7の防水規格に対応しているので、外出時に突然雨が降ってしまったといったシーンでも故障の心配はあまりないでしょう。1万円以内で購入できるワイヤレスイヤホンながら、細かい使用感にまで注力されているのはありがたいですね。

ケース併用で約20時間持続するバッテリー性能

完全ワイヤレスイヤホンを使うにあたり大切な要素の1つとして考えられるのが、バッテリーの持続時間でしょう。有線イヤホンでは考える必要のない部分ですから、あまりにも頻繁に充電しなければいけない製品は使いたくないという人も当然いるはずです。

本製品はイヤホン単体、音量80%の状態で再生し続けて4時間の連続駆動が可能。実際に使用している感覚としては、音量80%で使うことはあまり考えられず、50%でも大きい印象なので、4時間以上持続するとも考えられます。

充電はUSB-Type-Cにて行う

充電ケースを併用した場合は20時間の連続使用が可能。こちらも音量80%での再生時の数値なので、これ以上持続する可能性も大いにあるでしょう。また、約2時間でフル充電が可能な急速充電にも対応しているので、隙間時間にサッと充電しておけば電池切れの心配はほぼないでしょう。

インナーイヤーがもたらす広がりのある音質が魅力!

音質としては、インナーイヤー型イヤホンの特徴でもある解放感、音が広がって包み込むようなボリューム感が印象的。オーケストラのような多方向から音が出る楽曲の再生に長けているほか、映画鑑賞などでも臨場感が楽しめる仕上がりです。

広がりのある音を再生するのが得意なインナーイヤー型のイヤホンですが、逆にいうと音の輪郭をくっきり正確に再生するのは少し苦手。刺さるような高音のギターやドンドンと響くドラムの音が聴きたいという人には向かないモデルかもしれません。

ただ、本製品は「apt-X」「AAC」という高音質・低遅延のBluetoothコーデックに対応していることもあり、インナーイヤー型イヤホンとしては比較的精細な音の再生も可能。ドライバーも12mmと大型なので、厚みのある音声が楽しめました。

また、1万円以内の完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しく、「自動耳検出」という機能にも対応しています。これはイヤホンを耳から外した際には自動的に音楽の再生が止まり、再び装着すると続きから音楽が再生されるというもの。いちいちスマートフォンを操作する必要がなくなるので便利な機能です。

通常の音楽再生時ではなく通話時のみですが、AIノイズキャンセリングテクノロジーを搭載し、屋外でも通話相手に明瞭な音声を届けることも可能。特にオンライン会議といったシーンでも活躍できる機能でしょう。

1万円以内で購入できる使い勝手の良い完全ワイヤレスイヤホン

SoundLiberty Pro S10は、インナーイヤー型の特徴でもある開放的で広がりのある音声の再生に長け、軽量なボディも相まって長時間使用でも疲れが出にくい完全ワイヤレスイヤホン。

1万円以内の製品となると、防水機能や質量、バッテリー性能といった細かい部分に弱点がある製品も見られますが、これらの細かい性能にまでしっかりと注力し、使い勝手の良い仕上がりにまとめられているのもポイントでしょう。

取材・文/佐藤文彦

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。