小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

JCB、VISA、Mastercard、AMEX、楽天カードの国際ブランド別サービスの違い

2021.06.20

現在、国内で発行されている代表的な国際ブランドはJCB、VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5つと言われています。

クレジットカードが欲しいなと思ったときに、申込むクレジットカードによって国際ブランドを選ぶこともあるため「どれにしよう」「どれがいいんだろう?」と悩んだことはありませんか。

国際ブランドは「この国際ブランドを持っていないから」と選んでも間違いではありませんが、実はそれぞれに特徴があり使えるサービスも異なります。

特に楽天ポイントが貯まりやすいと大人気の楽天カードでは、デザインのほかに4つの国際ブランドを選ぶことができるので組み合わせも考えてしまうところ。

そこで今回は楽天カードの国際ブランドごとに受けられるサービスの違いについてまとめてみました。国際ブランドをただ選ぶのではなく、国際ブランドごとに受けられるサービスを知ってから申込んでみませんか。

楽天カードの国際ブランド4種類から見るサービスの違い

では楽天カードで選べる4つの国際ブランドで受けられるサービスについてチェックしてきましょう。

<JCB>

楽天カードのJCBブランドはディズニーや楽天イーグルスデザインなど5つのデザインを選ぶことができます。特にディズニー・デザインは楽天カード限定となっており、他の国際ブランドでは選ぶことができないのでミニーマウス、ミッキーマウスが好きな方はJCBを選んでおきましょう。

またJCBブランドではポイント付与対象外であるものの電子マネーnanacoへのクレジットチャージが可能です。nanacoでコンビニをよく利用している方や税金の支払いをしている方には使いやすい1枚となります。

その他にもトヨタレンタカーやニッポンレンタカーの基本料金5%オフ、各種グルメ・テーマパークレストラン・ショッピング・宿泊施設・レジャー施設・趣味・公共サービス・自動車関連・ペット関連など最大20%割引を受けられるJCB優待ガイドを利用することができ、国内のJCB加盟店でJCBカード利用とクーポン提示で優待を受けられます。

JCBは国内だけではなく海外で利用できる先を広げており、海外旅行に行く前は「たびらば」で現地の情報収集とWEB予約・JCB優待も利用できます。さらに海外旅行先にはJCB会員限定のJCBプラザ ラウンジ(日本語対応OK)を設置している国もあるので便利に使えるでしょう。

国や地域によってJCBプラザの設置がない場合は「JTBグローバルアシスタンス海外緊急サポートネットワーク」で日本語対応してくれるため、海外旅行初心者や初めて行く国の場合でも安心して利用することができます。

■JCBを選ぶと使えるサービス

・国内でお得になるJCB優待ガイド

・海外旅行時に現地情報を収集できる。「たびらば

・海外旅行先で日本語対応可能なJCB PLAZA

・JCBプラザ ラウンジが利用できる。
ドリンクサービスや荷物の一時預かりサービスなどが利用可能。

・東京ディズニー・リゾートやユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの貸し切りイベント招待キャンペーンなどもあり。

<VISA>

VISAブランドは世界200以上の国や地域、4,600万ヵ所以上の加盟店で利用できるため、日本国内はもちろん海外旅行でも1枚持っていると安心できる国際ブランドです。

世界3万都市のホテルと100社以上の航空会社と提携していることで、1億通り以上のオリジナルツアーの宿泊料金が8%オフになる「エクスペディア」の利用、ヨーロッパ・アジア・ハワイ・グアムなど地域ごとに、有名ショッピングセンターでの買い物やグルメ、アクティビティなどがお得に利用できる海外優待も受けられます。

そのほかにもショッピングや飲食、エンターテインメント、スポーツ観戦などVISA会員専用の優待・特典もあるので旅行前には必ずチェックしておきましょう。

さらに楽天カードVISAであれば、会員ページから異なる国際ブランドの楽天カードをもう1枚所有することが可能になっています。

■VISAを選ぶと使えるサービス

・オリジナルツアーを楽しめる「エクスペディア」が利用できる。

VISA会員のみ利用できる優待と特典がある。

・異なる国際ブランドでの楽天カード2枚持ちが可能。

<Mastercard>

Mastercardブランドは世界210カ国以上の国や地域4,400カ所以上で利用することができます。

日本国内はもちろん、海外でもヨーロッパで広く展開しているためヨーロッパに行くなら必携の国際ブランドです。

日本国内に特化したサービスの「PRICELESS JAPAN」では、Jリーグやラグビーなどの観戦チケットや宿泊予約サイトの割引クーポンなどに応募できる優待特典もあり、旅行予約サイトのエクスペディアでは、ホテル予約代金が4国際ブランド中最大の10%オフで利用できます。

海外で利用するときは、ショッピング利用金額の換算レートがVISAより安いことが多いので、国内でも海外でもかなりお得に使えるのも良いところ。ApplePayにもチャージできるのも魅力でしょう。

また楽天カードMastercardは、楽天カードの中で一番多くの券面デザインが選べるようになっています。コストコはMastercardのみが使えるので、年に数回はコストコへ行くという方はMastercardが1枚あると便利でしょう。

■Mastercardを選ぶと使えるサービス

・世界中の主要都市で使える優待・特典プログラムPriceless Citiesの提供。

・ApplePayにチャージ可能。

・旅行予約サイトのエクスペディアでは、4国際ブランド中ホテル予約代金の割引率が高い。

・海外ショッピング時の換算レートがVISAより安いことが多い。

・楽天カードの券面デザインが多い

<アメリカン・エキスプレス>

アメックスブランドは世界中で年々利用先を増やしており、JCBとパートナーシップを組んだことで、より多くの場所で使えるようになっています。

楽天カードアメックスを選ぶことで「アメリカン・エキスプレス・コネクト」の会員特典が利用できるので、ショッピングからエンターテインメントでお得になるシーンも増えます。

また海外ではアジア中心の優待特典「LIVE THE WORLD」の利用で、ホテル・ダイニング・ショッピングなどの優待特典があります。

アメックスを国際ブランドに選ぶ場合、他社では年会費有料になるケースもあるので無料で持ってみたいという方にもおすすめです。

■アメックスを選ぶと使えるサービス

・アメックス会員専用のアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用できる。

・海外ではアジア中心の優待特典LIVE THE WORLDが利用できる。

初めてのクレジットカードに楽天カードを選んだ方や今のところ国内利用がメインだけれど海外旅行もあるかもと思う方はVISAやMastercardを選んでおくと良いでしょう。

日本発の国際ブランドを応援したい方やディズニー・デザインを持ちたいという方、旅行も国内をはじめとするアジア圏が多い方はJCBが使いやすく、アメリカン・エキスプレスはハイステータスなイメージがあることから憧れを持っていたり、アメリカン・エキスプレス・コネクトに興味があったりする方に向いています。

楽天カードの基本的なスペックはどれも変わらず、国際ブランドによるサービスの違いなのでデザインを含めて自分がいいなと思えるものを決めておきましょう。

カードデザインによって申込める国際ブランドは限られる

楽天カードのなかにはデザインを決めても選べる国際ブランドが少ないものもあるのでチェックしてみてください。

欲しいデザインと持ちたい国際ブランドがあるかどうかが分かるように一覧で見ていきましょう。

楽天カードはMastercardかJCBならデザインが豊富です。

楽天ポイントが貯まりやすく、楽天市場や街の楽天加盟店の利用でポイント3倍、楽天トラベル・楽天Rakooの加盟店利用でポイントが2倍で貯まり、貯めたポイントは楽天サービス各種・街の楽天加盟店・他社ポイントやマイルなどに交換して使うことができるなど楽天ポイントは今やメインポイントとも言えるポイントプログラムです。

多くの店舗で1ポイント→1円として使えるというシンプルさもまた魅力なので、申込をするときは納得できるデザインと国際ブランドを選びましょう。

また楽天カードは万が一の不正利用対策もしっかりと行っているので安心して使っている1枚です。

文/クレジットカード研究Lab 編集責任者 志田愛仁
運営会社 株式会社バリューファースト
紙媒体の編集者を経て、フリーライターとして独立後WEBと紙媒体のライターに携わり、クレジットカード研究Labの編集責任者となる。情報の大切さを知るからこそ、信ぴょう性ある情報発信中。

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。