人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

持続可能性への貢献を意識した表彰台や衣装など東京オリンピック2020大会の表彰式アイテムを公開

2021.06.11

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020大会の表彰式を彩る各アイテム(表彰台・楽曲・衣装&メダルトレイ)について発表した。表彰式のアイテムは、東京2020大会が掲げるコンセプトのひとつ、「持続可能性」への貢献を意識してつくられているという。

表彰台は、「みんなの表彰台プロジェクト」によって集められた使用済プラスチックを用いて製作。完成した表彰台のプラスチックパーツには、全てリサイクルプラスチックを使用しており、これはオリンピック・パラリンピック史上初の試みであるという。デザインは東京 2020エンブレムを制作した野老朝雄氏が担当。東京2020エンブレムコンセプトである「組市松紋」を立体化した側面デザインは、日本の伝統的デザインを幾何学的に発展させた現代日本を象徴するもので、伝統的な藍染めを想起させる色と合わせて、世界へ日本らしさを発信するデザインとなっている。

楽曲は、アスリートに最大の敬意を表する、アスリートのための賛歌である、と考え、達成、勝利、困難、歓喜、感動、逆境、希望など様々な思いを受け止め、全てを包み込むことの出来る寛大な楽曲を目指したとのこと。日本を代表する作曲家の一人である佐藤直紀氏が作曲を担当。録音には国内のトップクラスのスタジオミュージシャンと有数の交響楽団から、垣根を越えて144人が集結。弦楽器とコーラスは多重録音も行い、最終的に総勢256人分の音に編曲されている。

リサイクル繊維を採用した衣装は、現代の祭典にふさわしい「新しい礼服」をコンセプトに、「かさね」「おり」「結び」「染め」といった和装の伝統技術を取り入れつつも、暑さ対策など、洋装の機能性を兼ね揃えたデザインを目指したとのこと。表彰式でメダルやギフトを運ぶトレイベアラーやエスコートを務めるボランティアの多様性を表現したデザインは、パンツスタイルかワンピーススタイルのいずれかをボランティア自身が選ぶことができる。また、メダルトレイは、伝統的な扇子をモチーフに、リサイクル可能な再生ABSを使用。ベースカラーは、コアグラフィックス「藍」の最も深い色目を採用している。なお、衣装・トレイともに、デザインは新進気鋭のファッションディレクター・山口壮大氏が担当した。

(C)Tokyo 2020

関連情報
https://olympics.com/ja/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。