人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カタール本戦に参戦すれば川口能活、楢崎正剛に並ぶ偉業!川島永嗣と長友佑都が4度目のW杯へ

2021.06.11

”生き字引”の川島永嗣&長友佑都が4度目W杯へ

 


ランニングでつねに先頭を走る30代の川島と長友

 森保ジャパンで圧倒的存在感を示すベテランコンビ

5月28日の2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選・ミャンマー戦(千葉)から始まった5~6月の日本代表ウイーク。

吉田麻也(サンプドリア)、酒井宏樹(マルセイユ)、遠藤航(シュツットガルト)のオーバーエージ(OA)3人が加わり、メンバー選考最終段階に突入しているU-24日本代表の方が注目されがちだが、9月からの最終予選を控えるA代表も貴重な底上げのチャンスだ。欧州組が増え、なかなか選手を集められなくなっている中、3週間以上もチームが活動できるのは異例のこと。6月7日のタジキスタン戦(吹田)を経て、残された11日のセルビア戦(神戸)と15日のキルギス戦(吹田)に挑むことになる。

その活動で圧倒的な存在感を示しているのが、38歳の川島永嗣(ストラスブール)と34歳の長友佑都(マルセイユ)のベテランコンビ。

ご存じの通り、2人は2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアの3大会を主力として戦った。同世代の長谷部誠(フランクフルト)、本田圭佑(ネフチ・バクー)、岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(PAOK)らが代表から離れる中、彼らは森保一監督体制になった2018年以降もチームにとどまり、今も中心的な立場を維持している。


厳しい形相でゴール前に立ちはだかる川島

W杯4大会連続出場も射程距離に

仮に1年半後のカタール本大会に参戦すれば、日本人選手では川口能活(U-24日本代表GKコーチ)、楢崎正剛(名古屋CSF)に並ぶ4大会連続の偉業達成となる。

「過去3回W杯でいろんな経験をさせてもらった中で、18年の後は次のW杯を目指そうとは思ってなかった。でも漠然と自分の中でやり残したことがあると感じていました。カタールに向かう代表の一員としていられるのは光栄。だけど、探し続けないといけないのは、どうしたらベスト8以上に行けるのか。その答えは簡単に出るもんじゃない」と川島は高みを目指す難しさを吐露する。

一方で長友も「僕は2022年を見据えてこれまでもやってきましたし、そこにフォーカスする力がより強くなっている。自分を信じて2022年に突き進みます」と力強く宣言。この合宿期間には「長友塾」を連日開いて、守田英正(サンタクララ)や中谷進之介(名古屋)、古橋享梧(神戸)ら国内組・海外組に関わらずW杯経験のない後輩たちに世界基準やフィジカル強化の方法、脳を鍛えるトレーニングなど多角的なアドバイスを行っている。

この一挙手一投足が日本サッカー協会の配信している「Team Cam」(https://www.youtube.com/channel/UCgIeUSV91-FfmCayG4lSBcw)で見ることができるが、長友のプロ意識の高さと頂点を目指す努力が色濃く伺える。こういう人間でなければ、体力消耗が著しいサイドバックがW杯4大会という高みに上り詰めることはできないと痛感させられる。


長友塾に参加する守田英正、オナイウ阿道、谷口彰悟

5大会連続は世界手もブッフォンら4人だけ。長友はそこまで行けるか?

世界を見渡すと、メキシコのアントニオ・カルバハル(50年ブラジル~66年イングランド)、ドイツのローター・マテウス(82年スペイン~98年フランス)、イタリアのジャンルイジ・ブッフォン(98年フランス~2014年ブラジル)、メキシコのラファエル・マルケス(2002年日韓~2018年ロシア)と4人の5大会連続出場者がいる。

長友がカタールを経て、2026年大会を目指すことになれば、偉大な面々に並ぶことも考えられる。その時、彼は39歳。37歳の長谷部がドイツ・ブンデスリーガ1部でフル稼働していることを考えると、ケガさえなければ十分にチャンスはありそうだ。

 そこまで行けば、遠藤保仁(磐田)が持つ国際Aマッチ出場152試合という日本最高記録も超えるだろう。2020年からのコロナがなければ、カタールの頃にはその数字に到達していた可能性があった長友だが、このまま行くとカタールW杯に出ても遠藤を超えられない。「目の前にいる人間には絶対に負けたくない」という超負けず嫌いにとって、2位のまま終わることは許されないだろう。

さらに言うと、2017年に結婚した女優の妻・平愛梨さんとの間に3人の息子を持つ長友は「自分が日本代表選手だと子供たちが分かるまでは絶対にやめたくない」とも語っている。であれば、そこまで目指す覚悟はあるはず。果てしなき挑戦に期待するしかない。


長友ならばマテウスやブッフォンに並ぶことができるかもしれない

2人に共通する「世界を追い求める意思の強さ」

川島と長友はなぜここまで長い代表キャリアを築けたのか……。大きな理由の1つが、「世界を追い求める意思の強さ」だ。

川島は2010年夏にベルギーのリールセに移籍したが、年俸は前所属の川崎フロンターレよりはるかに低く、日本代表クラスに見合った金額とはかけ離れていたという。それでも「『海外に行きたい行きたい』と言い続けて、ここで行かなかったら後悔すると思った」と決断。さまざまな物を捨てて海を渡った。その2年後にはベルギーの強豪であるスタンダール・リエージュにステップアップ。UEFAヨーロッパリーグ(EL)にも参戦した。その後、ベルギー以外の国で戦いたいと考えた彼は新天地探しに妥協せず、2015年の夏から冬にかけて浪人生活も経験した。

「夏の移籍市場が閉まった途端、水が引くように引き合いがなくなり驚いた」と本人も困惑。ツテを辿って欧州で練習できる場所を探し、2016年1月のスコットランド1部・ダンディー・ユナイテッド移籍にこぎつけた。同クラブが降格し、契約満了になると、2016年夏にはフランス1部・メスへ。当初は「第3GKを努める」と公式HPに出るような扱いだったが、2年目には正GKを奪回。2018年夏に赴いたストラスブールでも同様な立ち位置からスタートしたが、3年目の今季は23試合出場と事実上の第一人者の地位を勝ち得た。38歳にして欧州5大リーグにとどまり続ける日本人GKなど彼以外には当分出てこないだろう。このキャリアはやはり日本代表に欠かせない。 


フィールドの練習にも意欲的に取り組む川島

サッカーの鬼、長友の驚異のタイムマネージメント

一方の長友にしても、2010年夏からチェゼーナ、インテル、ガラタサライ、マルセイユを10年超の間、渡り歩いてきた。インテル時代にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4を経験。主力としてその領域まで上り詰めたのは、彼と内田篤人(JFAロールモデルコーチ)だけ。一方で、ガラタサライ時代には外国人枠登録外という地獄も味わった。2020年夏に赴いたマルセイユでもサブからのスタートだったが、「あえて困難な挑戦だからこそ、マルセイユを選んだ」と本人も言うように、年齢を重ねれば重ねるほど世界トップに近づきたいという貪欲さを強めているようだ。

それを象徴するのが、サッカーに対する鬼のような向き合い方。

「今の代表期間で言うと、午前中はサッカーを見たりして勉強したり、ストレッチとかしてほぐしたり、柔軟性を高めるトレーニングをして、練習前に筋トレ系のトレーニング。、練習では技術的なところですよね。それで練習終わった後に技術的なトレーニングがプラスアルファでやったりという流れ。フィジカルから脳の部分も含めて総合的に全部やってる。1日24時間の中で自分が有効活用できる時間っていうのは全部、そうやって費やしてますね」と長友は説明していたが、それは通常シーズンとそう変わらないのだろう。もちろん自宅にいれば、家事や育児に携わる時間もあるだろうが、妻の平愛梨さんも向上心の塊である長友に惚れ込んで、サポートする覚悟で一緒にいるはず。そういう意味でも彼はいい環境で取り組めている。


久保建英も長友らを羨望の眼差しで見つめている

この2人が牽引する日本代表は果たしてセルビア戦、キルギス戦でどんな戦いを見せるのか。カタールに向けてどのような進化を遂げるのか。「代表生き字引」の2人のパフォーマンスにも注目しつつ、動向をチェックしてほしい。

https://www.youtube.com/playlist?list=PLddnt05D-xvSG-jNDUS4p6AD9Fn2VC-Fu

取材・文/元川悦子

長野県松本深志高等学校、千葉大学法経学部卒業後、日本海事新聞を経て1994年からフリー・ライターとなる。日本代表に関しては特に精力的な取材を行っており、アウェー戦も全て現地取材している。ワールドカップは1994年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6大会連続で現地へ赴いている。著作は『U−22フィリップトルシエとプラチナエイジの419日』(小学館)、『蹴音』(主婦の友)『僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」(カンゼン)『勝利の街に響け凱歌 松本山雅という奇跡のクラブ』(汐文社)ほか多数。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。