人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の1年で初めて「一人外食」をした人はどれくらいいる?

2021.06.10

ホットペッパーグルメ外食総研「2020年4月~ 2021年3月における一人 での外食 の実態」

数年前より「孤独のグルメ」をはじめとしたいわゆる“ぼっち飯”を題材とした作品の流行によって、一人で外食を楽しむことは一定の市民権を得た感がある。

それに加え、この度のコロナ禍により集団での飲食が忌避されている現状を踏まえると、一人黙々と箸をすすめる「一人外食」は、より世間から好意的な目で見られるのではないだろうか。

リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」 https://www.hotpepper.jp/ggs/)はこのほど、 2020年4月~ 2021年3月における 一人 での外食 の実態についてアンケートを実施。その結果を以下で紹介していく。

1.過去1年の「一人外食」実施者は45.9%。最多は30代男性、最少は60代女性

「一人外食」の実態について、アンケートを行った。2020年4月~2021年3月の1年間で、「一人外食」をしたことのある人は45.9%。3.7%の人は初めて「一人外食」をした人だった。

3.7%の内訳では、1.4%は「コロナ禍を契機に初めて一人で外食をした」人、また、2.3%は「コロナ禍とは関係なく初めて一人で外食をした」人であった。

性年代別では、女性よりも男性で「一人外食」が多い傾向で、最多は30代男性で60.1%、最少は60代女性で24.7%であった。この1年で初めて「一人外食」をした性年代の最多は20代男性で7.6%だった。

※「一人で外食をした・計」:「この1年間で、コロナ禍を契機に初めて一人で外食をした」「この1年間で、コロナ禍とは関係なく初めて一人で外食をした」「この1年間で、一人で外食をしたが、それより前にも一人で外食をしたことがある」のいずれかを回答した人を集計

※「初めて一人で外食をした・計」:「この1年間で、コロナ禍を契機に初めて一人で外食をした」「この1年間で、コロナ禍とは関係なく初めて一人で外食をした」のいずれかを回答した人を集計

2.「一人外食」で利用が多い業態は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」

「一人外食」で利用した業態を聞いた。最多は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」で54.9%、次いで2番目は「ファストフード」で50.8%、3番目は「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」で46.2%。

1位の「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」と3位の「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」や「中華料理店」「立食のラーメン、うどん、そば業態」は男性の利用が多く、2位の「ファストフード」や「喫茶店・カフェ」は女性の利用が多かった。業態による利用顧客の男女差が目立つ結果だった。

3.過去1年で「一人外食」として初めて利用した業態の最多も「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」

この1年で「一人外食」として初めて利用した業態を聞いた。全体的にスコアは小さいが、1位は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」で7.3%、2位は「ファミリーレストラン、回転すし等」で5.7%、3位は「ファストフード」で4.9%だった。

「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」は、20・50代男性の初利用が多く、「ファミリーレストラン、回転すし等」は20代男女と60代女性の初利用が多く、「ファストフード」は20・50代男性の初利用が多かった。

4.「一人外食」の割合が増えた理由に「コロナ禍」が大きく関係

今回、過去1年で「一人外食」が「増えた」「やや増えた」と回答した人が、調査対象の約1万人中で1,025人(補正後人数、10.2%相当)だった。

増加した理由を聞いたところ、トップ3は「コロナ禍」に関係する理由だった。最多は「外食に人を誘いにくいから」で43.6%、次いで2番目は「外食に誘われる機会が減ったから」で31.6%、3番目は「自分が感染することが不安だから」で30.0%であった。

「外食に人を誘いにくいから」の回答は40代男女や50代女性で多く、「外食に誘われる機会が減ったから」の回答は60代女性で多く、「自分が感染することが不安だから」の回答は30・40代男性や50代女性で多かった。

出典元:株式会社リクルート

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。