人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

飼い主2000人に聞いた犬、猫を飼い初めて変わったこと

2021.06.11

ベネッセコーポレーション、犬、猫の「飼育実態」と飼い主の「生活&意識変容」について

コロナ禍で新たに犬、猫を飼い始める人が増えているという。犬、猫を飼い始めた人々の心境にはどのような変化が生じているのだろうか?また、お金の使い方、休日の過ごし方など、ライフスタイルにはどのような影響があるのだろうか?

ベネッセコーポレーションが運営する愛犬・愛猫と飼い主のためのWEBメディア「いぬ・ねこのきもち WEB MAGAZINE」では、このたび、犬、猫の「飼育実態」と飼い主の「生活&意識変容」について、犬猫飼い主2,193名にインターネットによるアンケート調査を実施した。

飼い主にとっての犬、猫の存在と生活スタイルの変容

■犬、猫の存在は「精神的な癒し」「心の安らぎ・支え」

2020年はステイホームなどの生活スタイルの変化により「おうち時間」が増え、新たに1年以内に犬、猫を飼い始める人(新規飼育者)の割合も増え、その犬猫頭数(新規飼育者の飼育頭数)も19年と比べて犬の頭数は114%、猫の頭数は116%増えている。

このような状況下で、犬、猫を飼うことで『生活に癒しや安らぎが生まれる』と答えた人が、全体の93%と高い結果になった。その他、生活のメリハリや、喜び・楽しみといった、犬、猫を通じた精神的な豊かさへの影響が多いことも特徴で、犬、猫は家族としてなくてはならない存在になっている。

犬、猫を飼い始めて、お金の使い方、休日の過ごし方など、飼い主の生活スタイルも変化

犬、猫を飼うということは、居住空間の工夫、食事・衛生管理や、お散歩などお世話が必要となる。飼い始めてから、お金や時間の使い方が変わった飼い主が多いことが今回の調査結果でもわかった。

犬の飼い主は「愛犬と一緒に出かける機会が増えた」と約半数以上が回答(55%)。散歩の影響で「起床・就寝時間が変わった」「他の飼い主との間で新しいコミュニティができた」なども猫の飼い主よりも多い傾向に。

犬、猫を飼うことでの他者への責任・配慮

■ほとんどの飼い主が、室内飼い、予防接種、避妊・去勢などを徹底

犬、猫と暮らす中で、癒しや喜びを享受すると同時に、予防接種や避妊・去勢手術などを徹底することで、飼い主としての責務を果たすことが定着していることがわかった。

【犬、猫共通】
動物病院への受診や、犬とのおでかけなど、犬、猫と一緒に移動する手段として、「車(自家用車)」が87%と圧倒的で、人混みを避ける手段を選んでいる飼い主が多いことがうかがえる。

猫の飼い主のその他の回答では、「キャリーバッグに入れて徒歩」「自転車で移動する」といった回答も多くみられた。

動物病院でのマナーで最も気になるのは「飼い主同士の新型コロナウイルス感染予防」

動物病院への受診について、2020年7月実施の調査時では新型コロナウイルス感染予防のために、動物病院の受診を控えなかった人は83%。待ち時間を病院外で待てるようにしたり、診療人数を制限したり、全国の動物病院でも「3密」を避ける工夫が浸透していることがわかる。

※「いぬ・ねこのきもち WEB MAGAZINE」調べ

<調査概要>
名称:「いぬ・ねこのきもちWEBMAGAZINE」第1回犬猫との暮らし調査2021
調査対象:計2,193サンプル犬飼い主:1,088サンプル、猫飼い主:1,105サンプル
調査期間:2021年4月12日~4月21日
調査方法・地域:全国、インターネット調査

出典元:株式会社ベネッセコーポレーション

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。