人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パパに朗報!?子どもの4人に1人が「父親の顔をカッコいい」と思っていた

2021.06.10

父は息子をどう評価しているのだろうか。また、息子は父をどう評価しているのだろうか。

シック・ジャパンはこのほど、6月20日に控える「父の日」にちなみ、父親世代と息子世代の双方を対象に「父と息子の意識調査」を実施した。

本調査では、「内面」「見た目」「行動」に関して、父親世代には“息子からどう思われているか?”、息子世代には“父親をどう思っているか?”をそれぞれ質問し、数値をレーダーチャートで表示したものだ。

「内面」「見た目」「行動」に関する父と息子の意識調査

はじめに、父と息子の「内面」について調べるため、「社交的」、「誠実」、「気前がいい」、「頭がいい」、「優しい」の5項目にたいして、父親には「息子からどう思われているか」、息子には「父親をどう思っているか」を尋ね、回答データを合計し、その割合(%)を表示した。

すると、すべての調査項目で、父親の自己認識よりも息子の認識が上回る結果に。特に、「気前がいい」で20ポイント以上、「社交的」「誠実」「頭がいい」ではそれぞれ10ポイント以上の差がついた。

次に、父と息子の「見た目」について調べるため、「顔がかっこいい」、「清潔感がある」、「雰囲気・オーラがある」、「おしゃれ」、「スタイルがいい」の5項目にたいして、父親には「息子からどう思われているか」、息子には「父親をどう思っているか」を尋ね、回答データを合計し、その割合(%)を表示した。

すると、「内面」と同様、すべての調査項目で父親の自己認識よりも息子の認識が上回る結果に。特に、「顔がかっこいい」「雰囲気・オーラがある」で10ポイント以上の差がついた。

さらに、父と息子の「行動」について調べるために、「仕事への尊敬」、「家族への後押し」、「教育にお金をかけている」、「家族を大切にしている」、「家事に積極的」の5項目にたいして、父親には「息子からどう思われているか」、息子には「父親をどう思っているか」を尋ね、回答データを合計し、その割合(%)を表示した。

すると、すべての調査項目で、父親の自己認識よりも息子の認識が上回る結果に。特に、「仕事への尊敬」「家族への後押し」「教育にお金をかけている」「家族を大切にしている」は10ポイント以上の差がついた。一方、「家事に積極的」での差は2.1ポイントとなり、認識の相違はあまり見られなかった。

父親が自身の予想以上に息子に評価されている事実はわかったが、それぞれ年代別での答えを分析してみると、父親も楽観視できない状況だ。

父親の場合、「内面」、「見た目」、「行動」の全15項目のうち、40代が高い割合なものが10項目、50代が高い割合が5項目という結果となった。特に「見た目」項目である「スタイルがいい」「顔がかっこいい」は10ポイント以上差が開いている。

息子の場合、「内面」、「見た目」、「行動」の全15項目のうち、10代が高い割合なものが10項目、20代が高い割合のものが4項目(1項目は同率)となり、父親同様差があることがわかった。こちらも「見た目」項目の「雰囲気・オーラがある」で10ポイント以上の差が開いている。ここから、年齢を追うほど父親は自信がなくなっていき、息子は父親を評価しなくなっていくことが推測される。

<調査概要>
調 査 名: 『父と息子の意識調査』
調査期間: 2021年4月28日(水)~2021年5月5日(水)
調査対象: 父親世代524名(40~49歳167名、50~59歳357名)
息子世代522名(13~19歳335名、20~22歳187名)
調査方法: インターネットアンケート
調査会社: 株式会社ジャストシステム(ネットリサーチサービス「Fastask」にて実施)

出典元:シック・ジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。