人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8K映像の入出力に対応しHDMI 2.1の新機能をサポートするマランツのAVプリアンプ「AV8805A」

2021.06.10

マランツ「AV8805A」

マランツは、AVプリアンプ「AV8805A」を6月上旬に発売する。価格は572,000円。

「AV8805A」は、マランツの13.2chプロセッシング対応ハイエンドプリアンプ「AV8805」をベースとしながら、新たに1入力/2出力のHDMI端子で8K/60Hzや4K/120Hz映像信号のパススルーなどのHDMI 2.1の新機能をサポートするAVプリアンプ。

15.2chのXLR / RCAプリアウトを装備。最大13.2chのプロセッシングおよび同時出力に対応しており、「7.1.6」や「9.1.4」構成での再生が可能となる。

15chのスピーカーを全て接続した場合には、再生するサウンドモードに合わせて出力する端子を自動で切り替えることができる。

また、最新かつ最高水準の民生用イマーシブオーディオフォーマット「Dolby Atmos」、「DTS:X Pro」、「IMAX Enhanced」、「Auro-3D」をサポートする。新4K/8K衛星放送の音声フォーマット「MPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)」もサポートしており、パッケージメディアから放送、配信に至るまで、サウンドトラックの豊かな情報量を余すところなく引き出すために、かつてないレベルのチャンネルセパレーション、空間表現力をターゲットに開発されたという。

マランツオリジナルの高速アンプモジュール「HDAM-SA」を用いた13.2chの電流帰還型回路を搭載。チャンネルごとに独立させた合計15枚におよぶ基板にマウントし、チャンネル間の干渉を排除している。

アナログオーディオ回路には、入力セレクター、ボリューム、出力セレクターをそれぞれの機能に特化したカスタムデバイスを採用。これにより不要な回路の引き回しを排除し、音質最優先のレイアウトおよび信号ラインの最短化を実現する。

さらに、専用のローノイズSMPSの採用、専用基板によるDAC回路、導電性ポリマーコンデンサーや薄膜高分子積層コンデンサーなどの高音質パーツ、銅メッキシャーシなどによる徹底した高周波ノイズ対策によって、プレミアムHi-Fiコンポーネントにも通じる、精密かつ透明感の高い空間表現を実現しているとのことだ。

HDMI入力1系統(HDMI 7)、出力2系統(モニター1/2)が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応し、8入力/ 3出力すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」をサポートする。

映像のダイナミックレンジを拡張するHDR (High Dynamic Range)については 「HDR10」、「Dolby Vision」、「Hybrid Log-Gamma」に加え、「HDR10+」と「Dynamic HDR」にも対応しているため、最新のパッケージメディア、ストリーミング、放送など、ソースを問わず表現力豊かなHDR映像を楽しむことができる。

加えて、「ARC(Audio Return Channel)」、「eARC(Enhanced ARC)」、「CEC」やゲーム&VR体験の質を向上させる「ALLM(Auto Low Latency Mode)」、「VRR(Variable Refresh Rate)」、「QFT(Quick Frame Transport)」、「QMS(Quick Media Switching)」にも対応する。

ネットワークオーディオ機能はHEOSテクノロジーにより、Amazon Music HDをはじめAWA、Spotify、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスに対応(※サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合がある)。セットアップと操作はHEOSアプリで行える。

このほか、Amazon Alexa搭載デバイスからの音声コントロールにも対応。ネットワークCDレシーバー「M-CR612」などのHEOS Built-in機器を同じ家庭内のネットワークに接続すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築でき、どの部屋にいても好きな音楽を楽しむことができる。

パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM (WAV / FLAC / Apple Lossless)に対応している。インターネットラジオ、AirPlay 2、Bluetoothなど様々な音楽コンテンツを楽しむための機能も搭載する。

本体の操作や設定は付属のリモコンに加えてiOS / Android対応の「Marantz 2016 AVR Remote」アプリで直感的に行える。Wi-Fi接続にも対応しているため、設置場所に有線LAN 環境がなくてもネットワーク機能を使うことができる。カラーはブラック。

関連情報
https://www.marantz.jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。