人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転職活動で重視するもの、コロナ前の1位は給料、コロナ以降は?

2021.06.06

外資系・グローバル企業では、コロナ以前から日系企業に比べると在宅勤務やフレックスタイム制の導入が進んでいたが、グローバル人材が転職先に求めることは、コロナ前後でどう変化したのか? 

そこでヒューマングローバルタレントは「新型コロナウイルス感染症拡大以降の、転職に対する意識」について独自調査を行った。

コロナ禍でグローバル人材も変化

1.コロナ以降、転職に対して意識が変化したグローバル人材は75%

転職活動において、意識が変化したグローバル人材は75%となりました。コロナの感染拡大は、ライフスタイルだけでなく転職先選びにも大きな影響を与えている。

2.転職で重視されていること1位は、コロナ以前が「給料」、コロナ以降は「リモートワーク」

転職活動で重視することランキング

≫コロナ以前

1位:給料、2位:勤務地、3位:キャリアアップ、4位:ワークライフバランス、5位:オフィス環境

≫コロナ以降

1位:リモートワークの有無、2位:勤務地、3位:働く時間の柔軟性、4位:ワークライフバランス、5位:給料 

コロナ以前の転職活動で重視されていたことの第1位が、「給料」だったのに対して、コロナ以降の第1位は「リモートワークの有無」となった。また、コロナ以前は第3位だった「キャリアアップ」が、コロナ以降は7位にランクダウンした。

ただし、順位は下がったものの重視する人数自体は微増。このことから、転職活動において重視される要素は、「リモートワーク」や「働く時間の柔軟性」なども加わり、全体的に増えていることが明らかになった。

3.コロナ以降、転職市場で「自分の価値が上がった・変化なし」と感じるグローバル人材は42%

転職市場で自分の価値の変化を感じた理由は?(※コメント一部抜粋)

≫価値が上がったと感じた人

・企業にオンライントレーニングを提供しているため、仕事の依頼が増えた(フィリピン)

・パンデミック中にスキルアップしたため、自分の人材市場価値は上がったと感じる(イギリス)

・時間が作りやすくなったので、仕事関連の勉強と語学の勉強をしてスキルアップしました(フィリピン)

≫価値が下がったと感じた人

・企業のビザサポートが減ったと思います(アメリカ)

・海外渡航の制限があるため、自分の夢の実現やキャリア形成が難しくなってしまった(日本)

・自分の職種は仕事の機会が増えたが、応募する人が増えたため、競争率が上がった(シンガポール)

コロナ以降は、世界的に景気の冷え込みが続いたが、オンラインでも仕事が進められるIT系の人材は、コロナ以降でも仕事や転職に不安を感じる人が少なく、さらにスキル・キャリアップのチャンスと捉えている人も、多いようだ。

今なお新型コロナウイルス感染症拡大は、世界経済に大きく影響しており、コロナ以降はグローバル人材の転職意識も大きく変化した。

コロナ以前から日本でも推進されていた‟ワークライフバランス“や‟働き方改革”などが、コロナ以降は一気に広まることになったが、働く場所や時間についての柔軟性が、ますます求職者から企業に求められていることが、今回の調査で明らかになった。

調査の概要

期間:2021年5月7日~11日

対象:Daijob.com登録者

方法:メールによる任意回答

人数:586人(日本国籍・281人 外国籍・305人)

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。