人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保護者の7割が「慣らし保育を7日間以上行なった」、2割が「14日間以上」

2021.06.04

クレヨン「慣らし保育に関する意識調査」

「慣らし保育」とは、子どもが保育園での生活に慣れるために短時間から園に預けることを言う。この慣らし保育はどれくらいの期間で行うことが一般的で、また、産前産後休暇・育児休暇を経て復職したワーママたちは、期間中に何をしているのだろうか?

そんな慣らし保育に関する意識調査がこのほど、株式会社クレヨンにより、2021年4月に慣らし保育を行った保護者85名を対象にして実施された。

慣らし保育期間は7日以上が主流か

保育園から提示された慣らし保育期間について聞いたところ、最も多い回答は11~14日の25.6%、次いで14日以上の23.2%となった。約68%が7日間以上慣らし保育があったと回答していることから、多くの保育園では約1週間を慣らし保育期間として保護者に提示していることがわかった。

慣らし保育中にしたことは「家の掃除・断捨離」「会社とのコンタクト」「美容院に行く」

慣らし保育中にしたことを聞いたところ最も多い回答は「家の掃除・断捨離」で72.0%、次いで「会社とのコンタクト」「美容院に行く」という結果になった。「復帰後」を意識した行動をとる回答者が多いことがわかった。

また「慣らし保育中にやったほうがいいこと」を自由回答で聞いたところ、下記のようなキーワードが上がった。「復職後のスケジュールで過ごしてみる」「家の環境を整える」「夫とデートする」といった回答が目立った。

充実した育休を過ごしたママが8割超

育休について楽しかったかどうかを聞いたところ、約85%が楽しかったと回答した。コロナ禍で外出や人と会うことが制限され、辛かった人がいた一方、オンラインの活用が主流となりインターンやコミュニティなどこれまでにない出会いをし、充実した育休を過ごす人も多かったようだ。また、「子どものゆっくり向き合えた」というのも、理由として挙げている人が多く見られた。

<育休は楽しかったですか>

<その理由をお聞かせください>

<アンケート概要>
調査概要:慣らし保育に関するアンケート
調査機関:2021年4月15日~2021年4月30日
調査対象:2021年4月に慣らし保育を行った保護者85名
調査方法:インターネット調査

出典元:株式会社クレヨン
https://fiika.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。