人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

走りはどう変わる?走ってわかった厚底ランニングシューズの効果

2021.06.08

@DIME記事の中からランニングシューズに関する記事4本を厳選して紹介。

1億円を獲ったシューズの技術を継承する「ナイキ ズーム ペガサス ターボ」の厚底力

今年、2018年の東京マラソンで16年ぶりの日本記録がたたき出されたのは記憶に新しい。その時、設楽悠太選手が履いていたのが、『ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%』だ。〝1億円を獲ったシューズ〟として話題になったが、実はフルマラソン用としては、なかり異質な「厚底」デザインを採用していた。

【参考】https://dime.jp/genre/576684/

つぶれたホースがクッションになる!?革新的テクノロジーを搭載したOnのランニングシューズ『クラウドサーファー』

クッション性と反発性を両立させるのが、ここ数年、ランニングシューズにとってのトレンド。各ブランドがそこに技術を投入し、独自性を出そうとしているのが現状。多くのブランドがミッドソールの素材を変えることでこれを両立させようとしている中、まったく新しいアイデアで生み出されたアウトソール形状にすることで、クッション性と反発性を両立させてしまったブランドがある。

【参考】https://dime.jp/genre/553152/

超軽量231g!ソールの厚さは24mm!飛ぶように走れるHOKA ONE ONEのランニングシューズ『マッハ』

近頃ランニングシューズのキーワードとして急浮上しているのが「厚底」。これまで上級者は薄くて軽い反発性の高いソールでスピードを求めて、初心者はソールが厚く重いクッション性の高いシューズで足を守る、という使い方をするのが一般的だった。

【参考】https://dime.jp/genre/553142/

好評発売中!DIME最新号は「超進化系スポーツギア100」の大特集、特別付録は超便利な「LEDライティングボード」

現在、発売中のDIME7月号では、進化系スポーツギアを大特集。最新のテクノロジーが注ぎ込まれたシューズ、ウエア、スマートウォッチ、エクササイズギアを徹底紹介。あなたの健康管理や運動を効果的にするヒントが満載です。また、特別付録には、イラストのトレース、撮影用ライト、簡易照明、アウトドア、いろいろ使える「LEDライティングボード」がもれなく付いてきます。※主要なオンライン書店では完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

【参考】https://dime.jp/genre/1139209/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。