小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録

いよいよ生産開始!路面や自然との究極の一体感が味わえるマクラーレンのロードスター「Elva ウィンドスクリーンバージョン」

2021.06.02

ラグジュアリー・スーパーカーメーカーのマクラーレン・オートモーティブは、間もなく、Elvaロードスターのウィンドスクリーンバージョンの生産を開始する。

最もエクスクルーシブなマクラーレンのひとつとなる このウィンドスクリーンバージョンは、アクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)が作りだす空気の壁より、物理的なスクリーンをオーナーの好みの要望に応えると共に、米国の一部の州の法令を満たすために設計された。その全貌が、プロトタイプカーの写真と共に初めて明らかになった。

「超軽量で極めてパワフルなElvaは、ドライバーに路面や自然との究極の一体感をもたらします。ドライビングの純粋な喜びを謳歌するために生まれ、私たちがこれまでに手がけた中で最も特徴的でエクスクルーシブなモデルのひとつです。

ルーフとウィンドウが存在しないこのロードスターは、マクラーレンモデルにしか成し得ない、最高に爽快なオープンエアのドライビングエクスペリエンスをオーナーの皆様にご提供します。

それは、洗練されたAAMS技術が目に見えない空気の壁を作りだすスクリーンレス モデルをお選びでも、遮断性が加わったウィンドスクリーンバージョンをお選びでも、そのドライビングエクスペリエンスは変わりません」
マクラーレン・オートモーティブ CEO、マイク・フルーウィット氏

エアロダイナミクス性能とダイナミクス性能を最適化する、独自のエンジニアリング プログラムにより、ウィンドスクリーン バージョンのElvaには、オリジナルバージョンのエッセンスとパフォーマンスが完備されている。ルーフもサイドウィンドウもリアスクリーンもなく、そこに 1,300kg未満*の乾燥重量と、最高出力815PS、ミッドシップのツインターボ4.0リッターV8エンジンを組み合わせることで、究極の爽快感を実現している。

スクリーンレスのElvaはマクラーレン・オートモーティブ史上、最軽量のロードカーだが、ウィンドスクリーンバージョンの目標は、重量増加を20kg*に抑えること。これには、電子制御の雨滴感知式ワイパーや、ウィンドウウォッシャー、サンバイザー、そしてもちろんヒーテッドガラスとそれを囲むカーボン・ファイバー製サラウンドを含む。アクティブ・エア・マネージメント・システム(AAMS)は、搭載しない。

いずれのバージョンも、加速力はMcLaren Sennaに匹敵する。スクリーンレスモデルでは、静止状態からわずか2.8 秒*で100km/hに達し、0-200km/h加速は6.8 秒*。ウィンドスクリーンは完全な固定式で、風雨からドライバーおよびパッセンジャーを守り、動的性能や車体剛性、そして刺激的なドライビング エクスペリエンスもスクリーンレスモデルと変わらない。

Elvaはマクラーレンのヘリテージを現在そして未来と結びつける究極のモデル。その車名とスタイルは、1960年代のレーシングカー、McLaren-Elvaを彷彿とさせ、それは、ブルース・マクラーレンと彼が創設した会社にて初期に設計され、レースを戦ったマシンだった。現代のElvaは、そうしたマシンが象徴する、ドライビングの喜びやスピリットをかき立てるために生まれたのだ。

Elvaは、ブルース・マクラーレンの伝説的レーシングカーへのオマージュとして誕生しただけに、オーナーの心を捉えているのが「ヘリテージ・リバリー」で、写真のサテン・カーサ・ブルーをまとったウィンドスクリーンモデルのプロトタイプもそのひとつ。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)による、こうしたビスポーク・カスタマイゼーションのリクエストは多く、特にエクスクルーシブなElvaにおいては、ひときわドラマチックでユニークなマシンが次々生み出されている。Elva は、限定149台のみのカスタマーオーダーとなる。

ウィンドスクリーンElvaの最初のデリバリーは、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズによるパーソナライゼーションのあと、今年末からスタートする。

*ウィンドスクリーンElvaの完全な技術諸元や性能値は最終評価待ち

関連情報:https://cars.mclaren.com/jp-ja

構成/土屋嘉久(ADVOX株式会社 代表)

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。